おわりに

 何度も何度も繰り返し学ばねば真理を掴むことができない! と知った人は宇宙の深み、神の深み、本当の自分の深みを知った人です。宇宙の深みは底無しです。どんなに知ろうと思っても、永久に知ることができないのです。なぜなら、宇宙は無限だからです。無限の宇宙を、どうして知ることができましょうか? ということは、本当の自分も永久に知ることができないということです。でも、それで良いのです。もし知ることができたら、宇宙は、神は、本当の自分は、有限になってしまうからです。有限とは終りがある、頭打ちがある、という意味ですから、そんな有限な宇宙を知ったって虚しいだけです。

 このように、知っても知っても知り尽せないのが宇宙です。だから覚者は、謙虚にならざるを得ないのです。かく言う私も、まだ何も知っておりません。ただ、「そう言う宇宙である!」ということを知ったまでです。ではなぜ、知り尽くせない宇宙を知ろうとするのでしょうか? それは、究極の幸せが欲しいためです。永遠に掴めない宇宙こそ、究極の幸の源泉だからです。

 この世のチッポケな幸せで満足しないでください。永遠に尽きない、永遠に色あせない、究極の幸せを求めてください。この本を読んでいるあなたは、そのことを知った人だと思います。

 これからも真理の旅は続きますが、どうか厭わず旅を続けてください。

Google自動翻訳