第二集 2016年

2016年

1月

03日

● 幼い子もいずれ大人になる

 無いモノが、無いモノを生み出すことは絶対できません。無いモノは、有るモノが生み出すのです。では、無いモノを生み出すことのできる人間は、有るモノということになるでしょう。何せ人間は、ビル・自動車・飛行機・コンピューター・戦争・病気・悩み・苦しみなど、沢山の無いモノを作っているのですから・・・。では、有るモノとは何でしょうか? それは神であります。ということは、人間は神であるということになります。でも神は、戦争や病気や悩みや苦しみなどを作るでしょうか?・・・

 運転経歴の浅い者が危険な運転をするように、肉体の運転経歴の浅い者も危険な運転をするのです。同じように神の子であっても、幼いうちはどうしても醜いものを創ってしまうのです。しかし、幼い子もいずれ親になれば美しいモノを創るようになるのですか、幼い子だからと言ってバカにしないことです。

 

 

 

2016年

1月

10日

● 宇宙は理解力によって進展してゆく

 この宇宙の仕組みを創られた神の凄さは、筆舌にしがたいものがあります。その一つが、「理解力によって宇宙が進展してゆく」という仕組みです。この意味はあまりにも深いため、理解するのは容易でないかも知れません。

 でも、知ってほしいのです。  

  • 理解力がすべてのモノを生み出しているのである。
  • 理解力がすべてのモノを存在させているのである。
  • すなわち、理解力が宇宙を生み出しているのである。

 したがって・・・

  • 理解力があなたを存在させていることになるのである。
  • 理解力が神を存在させていることになるのである。
  • 理解力が理解力を生み出していることになるのである。

 このように、理解力がすべてを決めているのです。このことが心の底で解ったら、もう現象の話は勿論、現象の質問もしなくなるでしょう。

 

 

 

2016年

1月

17日

● 心の強い人はエネルギーの強い人である。

 サタン(自我・肉我)の常套手段は、人の気持ちを萎えさせること、落ち込ませること、不安にさせること、心配させることです。そうすれば気弱になりエネルギーが低くなるので、彼らは活動しやすくなるからです。これに打ち勝つには、心を強くすることです。つまり、原子核を増やすことです。原子核が増えればエネルギーが強くなるので、サタンに負けなくなるのです。

 原子核を増やすには厭なことをやることが一番ですが、手短な方法としては、寒い朝勇気を持って寝床から出ること、勇気を持って冷たい水で顔を洗うこと、勇気を持って寒風の中散歩すること、勇気を持ってジョギングすることなどが挙げられましょう。勇気を持ってという意味は、強い気持ちでということですが、強い気持ちでやれば不思議に原子核が増えるのです。

 手短に心を強くするもう一つの方法は、何事も面倒がらないですることです。つまり腰軽になることです。たとえば、いちいちしゃがんですること、いちいち踏み台を持ってきてやること、いちいち測りながらすること、いちいち戸を閉めに行くこと、いちいち出向くこと、それも厭わず繰り返すことです。確かに要領は悪いかも知れませんが、要領の悪い方が原子核を増やせるのです。これは小さなことと思うかも知れませんが、ものすごく心を強くすることができるのです。

 病気は心の弱い人がなりやすいのです。気にしすぎる人、クヨクヨ考える人、心配性の人、何でも悪く受け取る人、妄念を作り上げる人などは、心の弱い人です。心が弱いのはエネルギーが弱いからであり、またエネルギーが弱いから心が弱くなるのです。心の強弱とエネルギーの強弱は比例するのです。エネルギーは心であり、心はエネルギーだからです。

 今、病気で苦しんでいる人は、ぜひ心を強くして欲しいと思います。薬を飲んで癒すのは他力ですから根本治癒に結びつきませんが、心を強くして癒すのは自力ですから根本治癒に結びつくのです。これは肉体的な病気で苦しんでいる人は勿論、精神的な病で苦しんでいる人にも言えることです。小さなことと思わず、ぜひ日常生活の中で心を強くして欲しいと思います。

 

 

 

2016年

1月

24日

● 認められるものが無くては、原因者になれない!

 「何かを認めてやれる者だけが、原因者になれるのです」、だから、神は表現宇宙を創造し、それを認めることで原因者になろうとしているのです。ということは、今、人間が表現宇宙を認めているということは、人間は原因者である証ではないでしょうか? つまり、人間が神である証ではないでしょうか? 

 私たちが存在できるのは、結果を認めて原因者になれる意識を持っているからです。ということは、自分の意識が宇宙(何かを)を認めたとき、すでに原因者になっているということです。

 原因の原因は、意識される前の状態です。しかし、意識される前の状態は、存在の範疇にないので何の意味もありません。だから自ら幻を創造して幻を認め、原因なき原因者になろうとしているのです。それは、永遠に幻を認め続けなければ、永遠の自分を維持できないからです。

 「認められるものが無くては、原因者になれない!、つまり、認められるものがあるから原因者になれる!(認める者が存在できる!)」というのは、実に滑稽な話ではないでしょうか?

 

 

 

2016年

1月

31日

● 中庸の自分を知る

 もし姿形も無く、五感も無く、意識だけの自分なら、あなたは「自分」のことを何と思うでしょうか? 恐らく自分が解らないでしょう。だから神は、形の中に私たちを入れ、自我を持たせたのです。しかし、そのために私たちは、形に惑わされ本当の自分を見失ってしまいました。今、私たちが苦しんでいるのは、本当の自分を見失ったからです。でもその苦しみの中から、必ず本当の自分を発見する時がくるのです。自我を持った自分が本当の自分を発見すれば、もう迷うことはなくなります。それは本当の自分と自我の自分の両方を体験し、中庸の自分を知ったからです。そうなれば、自分が宇宙を創り、自分が自分を創ったことも解るのです。

 人間も、神も、宇宙も、何もかも、自分の意識が作り出した観念の産物にしか過ぎないのです。その観念の産物を生み出した意識の自分とは、一体何者なのでありましょうか?・・・ どこから来たのでありましょうか?・・・ どこから生まれたのでありましょうか?・・・

 

 

 

2016年

2月

07日

● 絶対宇宙と相対宇宙は同等の価値がある。

 絶対という言葉は、対がない!、相手がない!という意味で、一つを意味する言葉ですから絶対宇宙は、確定された宇宙です。その絶対宇宙は、何もかも揃っている総合された宇宙ですから、無限の創造性と、無限の可能性と、無限の発展性が秘められているのです。ゆえに、真実の宇宙と言えるでしょう。対して相対という言葉は、対がある!、相手がある!という意味で、無数を意味する言葉です。だから相対宇宙は、不確定な宇宙です。不確定なるがゆえに、確実な創造性も、確実な可能性も、確実な発展性もない非真実の宇宙、つまり幻の宇宙なのです。このように言うと、相対宇宙は存在価値が無いように思えますが、存在価値は絶対宇宙と同等なのです。なぜなら、不確定宇宙が無くては確定宇宙の存在意味が無いし、確定宇宙が無くては不確定宇宙が存在できないからです。この二つの宇宙の存在価値が真に高められるのは、不確定宇宙と確定宇宙が相俟って中庸宇宙に姿を変えた時です。私たちの目的は、その中庸宇宙に帰ることなのです。

 

 

 

2016年

2月

14日

● 幻の話をしても意味が無い!

 よく幽界の話を聞きたがる人がいますが、意識の高さ(理解力の高さ)によって進展してゆく階層宇宙のことを、どうしてお話できるでしょうか? 黄色の間には無限の色があるのです。ドとレの間には無限の音があるのです。同様に、表現宇宙にも無限の階層があるのです。その無限の階層の話を、どうしてできるでしようか?・・・。私たちが知るべき話は、そんな幻の世界の話ではなく、真実の世界の話ではないでしょうか?・・・。

 自分の宇宙しか無いと知った者( 唯我独尊(存)の意味を知った者 )は、もう幽界の話や、過去世の話や、物質化現象の話や、UFOの話などはしないでしょう。なぜなら、実在しない幻の話をしても何の意味も無いからです。

 この宇宙で本当に存在するのは、自分の宇宙だけです。なのに幻の話に惑わされるとは、どういう了見なのか? よく自省してほしいものです。

 

 

 

2016年

2月

21日

● 生き人とは?

 今どんな苦しい環境にあろうと、そんな苦しみなど笑い飛ばしなさい。どうせ夢幻のドラマにしか過ぎないのだから・・・。この世のどんな出来ごとも、みな消えて無くなる夢幻です。そんな夢幻のために心を痛めるなど愚かです。さあ、真実のために生きましょう! 真実のために生きるとは、本当の自分に生きるという意味です。生命なる、神なる、自分に生きるという意味です。

 夢幻に生きている者は、死人なのです。本当の自分に生きている者は、生人なのです。ぜひ、生き人になってください。

 

 

 

2016年

2月

28日

● 大山(お山)の大将

 この表現宇宙に「ああだ! こうだ!!」と言える宇宙は無いのです。なぜなら、この表現宇宙は、どこまでも不確定な宇宙だからです。ゆえに普遍性もあり得ないし、再現性もあり得ないし、客観性もあり得ないのです。ただその中にあって、一つだけ確かなことがあります。それは、今、自分と思えているモノ(意識・想い)です。これだけは、確かに存在しているのです。しかしそれ以外は、みな幻です。その自分と思えているモノが、どのような理解力を持ち、どのような確信に基づいて、どのような想念を使うかによって、自分の宇宙の中に自分独自の絵を描くことができるのです。事実、理解力の無いモノ(人間)は、迷った想念を持ち、迷った確信に基づいて(自分を人間として誤解し)幻の自分の宇宙の中に様々な苦しみの絵を描いているし、理解力のあるモノ(覚者)は、真実の自分の宇宙の中に素晴らしい幸せの絵を描いているではありませんか。このように、真実の自分を知ったモノだけが、究極の幸せが与えられるようになっているのが、唯我独存(尊)の宇宙なのです。これは、「自分の思いだけが唯一真実である」と理解できたモノだけに与えられる褒美と思ったら良いでしょう。

 そうなのです。この宇宙で確かなことは、今、自分と思えている自分の意識、つまり思いであり、その思いから創られた宇宙だけです。その宇宙に、幸不幸があるのでは無く、そのモノの理解力に基づいて産まれる幸不幸があるだけです。しかし、その幸不幸も、そのモノの理解力の成長と共に進化して行くのですから、今の理解力に満足していてはいけないのです。私たちは常に、理解力を高めてゆく必要があるのです。だから私は、「幸不幸はどこまでもそのモノの理解力が握っている」と言うのです。

 まだ解っていない人がいるようなので警告しますが、現象の中に真の幸せを見つけることは絶対できません。したがって、過去世の話やUFOの話や幽界の話やこの世の現象の話に興味のある者は、小山の大将になることはあっても大山(お山)の大将になることはないのです。しかし、真実を知ろうとしている者は、大山(お山)の大将になれるのです。なぜなら、現象を追いかけているモノは真の自分を発見することはできませんが、、真実を追いかけているモノは真の自分を発見することができるからです。さあ、意識を高め、理解力を高め、真の自分を発見しようではありませんか。その者は、もう唯我独存(尊)宇宙の大山(お山)の大将なのです。

さあ、大山(お山)の大将になって、高い山から下界を見下ろそうではありませんか。

 

 

 

2016年

3月

06日

● 自分の中に無いモノは現せない!

 自分の家の中に無いモノは、どんなに家の中を探し回っても見付けることはできないのです。同様に、自分の心の中に無いモノは、どんなに自分の心の中を探し回っても見付けることはできないのです。したがって、家の中に無いモノは出せないのです。つまり、心の中に無いものは出せないのです。真の優しさを表そうと思っても、自分の心の中に真の優しさが無かったら表わせないのです。たとえ表したとしても、それは偽善になってしまうのです。同様に、自分の心の中に神が無かったら、神は現せないのです。では、どうすれば現せるようになるか? それは・・自分で自分の心の中に作るしかないのです。自分で自分の心の中に作るしかないという意味は、自分で体験して作るしかないという意味です。すなわち、辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、楽しいこと、嬉しいこと、感動的なことなど、様々な人生体験をし、さらに瞑想して、原子核を増やすしかないということです。体験して築き上げたものだけが、真に自分のものとなり、現せるようになるのです。だから、気の遠くなるような人生体験(輪廻転生)が必要になってくるのです。付け焼き刃では、ホンモノは現せない! ということです。

 

 

 

2016年

3月

13日

● 最後の審判

 キリスト教で言われている「最後の審判」は、世の終わりに魂の選別がなされるという意味らしいですが、この世に最後などあるわけがないですから、信じてはならなりません。たとえ一時それらしきことがあったにしても、選別は誰かがするのではなく自分自身がするのです。といっても皆さんは、すでに自分の理解力でニセモノとホンモノを選別しここに来たのですから、改めてする必要はないのです。

 本屋さんに行ってごらんなさい。精神世界の本や宗教の本がところ狭しと並べられています。またインターネットでも、そのたぐいの情報が飛び交っております。その中からホンモノを選ぶのは、砂浜に落としたコンタクトレンズを探すくらい難しいでしょう。なぜなら、殆どが自我で書かれたニセモノの本ばかりだからです。皆さんは、その中から私の本を選んだわけですから、それはそれは大変な選別をしてきたわけです。これは、自分を大いに褒めてやって頂きたい、と同時に、その苦労に報いるためにも、ぜひ真理を自分のモノにして帰って欲しいと思います。

 これは外側の選別だけではなく、内側のニセモノとホンモノの選別についても言えることなのです。すなわち、自我(サタン)と真我との選別です。ぜひ、外も内も間違いのない選別をやってください。

 

 

 

2016年

3月

20日

● 自己完結型の道場

 あなたの出したモノは、どんなモノであろうと、必ずあなたのところに返ってくるようになっているのが、宇宙の法則(原因と結果の法則とエネルギー均衡の法則)の仕組みです。世の人々は、人から憎しみを受けたといって腹を立てますが、それは自分が出していたからです。「私はそんな覚えはない!」といいますが、原因を出していない人の所に結果が返ってくるわけがないのですから、間違いなく自分が出していたのです。「お~い!」と言った山彦は、必ず「お~い!」と返ってくるのです。つまり、憎しみの「お~い!」と言った山彦は、憎しみの「お~い!」と言う山彦となって返ってくるのです。自分の中にないモノが出せない理由は、自分の倉庫にない在庫品は出しようがないからです。

 人の欠点は気づいても、自分の欠点はなかなか気づかないものです。だから気づかせるために、自分の欠点を人の欠点として見せられるのです。もしあなたが、人の欠点を見せられ嫌な気分になったら、それは自分の欠点を見せられ嫌な気分になったと思ってください。そのように思えれば、欠点を気づかせてくれた相手にも、宇宙の法則にも、感謝できるでしょう。

 人の振りみて我が振り直せる仕組みは、自分を成長させてくれる有り難い仕組みですが、これは誰かが仕組んだのではない、自分が仕組んだのです。

 「自分で鏡を作り、その鏡に自分の姿を写して自分の欠点を見つけ、その欠点を修正し自分が成長してゆく」この表現世界は、正に自己完結型の有り難い学習道場であります。

 

 

 

2016年

3月

27日

● 認識者と被認識者は同一の者である

 認める人間がいなければ、認められる神は存在できないのです。だから、神は認識者である人間を創り、自分を認めてもらっているのです。その意味では、人間と神は相身互いの関係にあると思っていいでしょう。ゆえに、神が上位で人間が下位だと言ってはならないのです。いや、人間と神は同等なのです。つまり、人間イコール神、神イコール人間なのです。だから、私は堂々と、「人間は神である! 神は人間である!」と断言するのです。

 認識されない存在(神)は、どんなに偉大な存在であっても、存在の意味はないのです。認識されてはじめて、偉大さが誇示できるのです。しかもその認識者(人間)は、被認識者(神)自らがなっているのですから、神の立場から見たら人間は被認識者となろうし、人間の立場から見たら神は被認識者となるのです。でも神と人間は同一者ですから、どちらが認識者になっても被認識者になっても良いのです。

 

 

 

2016年

4月

03日

● 自分の想念が作るから有る

 自分の想念が作らないものは無いのです。自分の想念が作るから、自分に返ってきて、有るようになるのです。この真理は、なかなか理解できないかもしれませんし、信じられないかもしれません。でもこれは、間違いのない真理なのです。良く自分の苦しみを人のせいにする人がいますが、他人から与えられる苦しみなどないのです。すべて自己責任です。

 自分は原因者です。他人は結果体です。結果体がどうして原因者に苦しみを与えることができましょうか。もしできるなら先に結果があることになり、この宇宙の秩序は無茶苦茶になってしまいます。そんな無秩序な宇宙を神が創られるわけがないのですから、苦しみが与えられないよう、良い想念を使おうではありませんか。

  繰り返します。「自分の想念が作るから有る」のです。それは、あなたの内宇宙の出来ごとであると同時に、外宇宙の出来ごとでもあるのです。なぜなら、「想念は実現の母」だからです。あなたの内宇宙は、あなたの想念が握っていると同時に、外宇宙にも影響を及ぼしているのです。それほど、あなたの想念力は凄いということです。

 あなたが良い想念を使っている時は、白い息を吐いているのです。悪い想念を使っている時は、黒い息を吐いているのです。内宇宙を愛しいと思うなら、外宇宙を愛しいと思うなら、そして地球を愛しいと思うなら、ぜひ良い想念を使ってください。

 

 

 

2016年

4月

10日

● 神を認めないモノは存在しない!

 「神を認めないモノは存在しない!」という理由を説明しましょう。

 神が一番に望んでいることは、自分の存在を認めてもらうことです。自分だけ自分の存在を認めても、他に自分を認めてくれるモノがいなかったら、自分の存在はあり得ないからです。認めるモノがいて、はじめて認められるものが存在できるのです。

 認められるモノが存在できないのでは、認めるモノが存在できないのも道理です。

 認めるモノ=認められるモノです。

 認められるモノ=認めるモノです。

だから、神を認めないモノは、存在しないのです。

 神の存在を認められないモノが、自分の存在を主張するのは痴がましいというものです。神を存在させられないモノが、自分だけ存在させようと思うのは矛盾だからであります。

 人類が万物の霊長と言われる所以は、神を認められるところまで進化した生き物だからです。しかし、人類の中にも無神論者のような神を認めない人間もいます。ということは、彼らは存在しないことになるのです。なぜなら、前述したように、神を認めないモノは存在しないからです。

 人類の中にも、神を認めない人間がいるわけですが、それはまだそこまでの理解力を持っていないからです。神は自分を認めて欲しくて人類を創ったのですから、その役割が果たせなくては存在意味がないのです。私が理解力の大切さを訴えるのは、理解力が無くては、神を認めてやることが出来ないからです。

 もしこの宇宙に、神を認める生き物がいなかったら、宇宙の存在も神の存在もあり得なかったでしょう。幸いなことに、あなた達のような神を認めてやれる者がいるから、宇宙も神も存在出来ているのです。神を認めている者が神を存在させ、認められている神が認めている者を存在させているという相身互いの関係にあるのが、人間と神の間柄なのです。だから神を認めない無神論者は、存在しないことになるのです。神を認める理解力を持った時、はじめてこの宇宙にその者が存在するのです。

 

 

 

2016年

4月

17日

● 掴みどころのない現象の世界

 この現象の世界は、有るようで無く、無いようで有り、無いようで有り、有るようで無い、「うなぎ」のような掴みどころのない世界です。それは、この現象の世界に確かなものは何一つ無いからです。しっかり掴んでいたつもりが、いつの間にか手からすり抜けてゆくのがこの現象の世界なのです。ということは、自殺しようと悩むほどの世界ではないということです。あなたが今見て感じているモノ、あなたが今真剣に演じているドラマ、これすべて消えゆく夢幻です。そんな夢幻のために心を痛めるなど愚かです。だからといって、この世界を軽んじて良いといっているわけではありません。なぜなら、この世界で演じているドラマのすべてが、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、幸せの味付け材料になっているからです。

 私が言いたいのは、そんな夢幻のために神経をすり減らして欲しくないということです。今あなたがやらねばならないことは、本当にあるモノに生きることです。本当にあるモノとは、あなたの意識です。あなたの意識は永遠になくならないのです。その意識を、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、幸せの中に入れることが、人生の最大の目的なのです。家族のこと、仕事のこと、この社会のことは、すべて幸せを得るための方便です。では、どうすれば幸せの中に入れるか? ということですが、それは「人類の夜明2・3・4」の書の中で述べていますので、じっくりと読んで頂きたいと思います。

 

付記・・・何が一番大切なの?

 一番大切なのは何なのか? 形なのか? 意識なのか? それは、意識ではないでしょうか・・・。なぜなら、形は一時の自分だけれど、意識は永遠の自分だからであります。では、その意識が欲しているいるものは何でしょうか? それは永遠に尽きない、永遠に色褪せない、究極の幸せです。形がなくても、肉体がなくても、究極の幸せがあったらそれでいいのですから・・・。意識が本当の自分なのですから当然でしょう。

 人生の最大の目的は、究極の幸せの中に自分の意識を入れることです。あなたが今真剣にやっているこの世のことは、すべて究極の幸せを得るための方便であることを知ってください。

 

 

 

2016年

4月

24日

● 妄念を抱くとは・・・

 「妄念」という字を見てください。「妄」の字は、上に「亡」と書き下に「女」と書きますが、下の「女」という字は物質のことを意味し、この世の物質のことを表しているのです。上の「亡」は「死ぬ・消える」ことを意味し、これは幻のことを意味しています。「念」という字は、「今」の「心」と書き、自分の今の心の想いを意味していす。通して解釈すれば、妄念という字は、自分の今の心に「幻の物質を想い描く」という意味になります。想念は実現の母といわれるように、物質の妄念を抱けば波動が落ちるわけですから、苦しい人生になるのは当たり前でしょう。だから覚者は、妄念を抱いてはならないと、口うるさくいうのです。日本の漢字は、実に真理を的確に表現していると思います。

 

注)・・・物質とは、単にこの世の物だけのことを言っているのではなく、表現世界の諸々のことを言っているのです。つまり、人間社会の諸々のことを言っているのです。

 

 

 

2016年

5月

01日

● 心の醜さが、鏡に写し出されている

 よく自分の苦しみを人のせいにする人がいますが、人から与えられる苦しみなど絶対ありません。自分は原因者(光)です。人は結果体(影)です。結果体(影)が原因者(光)に、影響を与えることなど出来るわけがないのです。もし与えられるなら、先に結果体が有ることになり、この宇宙の秩序は無茶苦茶になってしまいます。

 出すから、入るのです。エネルギー均衡の法則が働いている宇宙において、これは当然のことなのです。何でもそうですが、出さなければ入って来ないのです。凹が生まれるから、凸が入って来るのです。想念を出さなければ、凹が生まれることがないのですから、凸が入って来るわけがないのです。しかもこのエネルギー均衡の法則は、出した凹と同じ質の凸が入って来るようになっているのです。つまり、悪しき想念(凹)を出せば悪しきモノ(凸)が入り、良き想念(凹)を出せば良きモノ(凸)が入って来るのです。苦しみは、あくまでも自分の想念が生み出した結果なのです。このことは、病気に置き換えてみたら分かりやすいと思います。

 病気になった結果があったということは、その結果を作った原因が自分の中にあったということです。つまり、悪しき想念を出(凹)していたから、悪しき病気が返って来た(凸)のです。この表現世界は、見えない原因を見える結果として写し出す鏡のようなものなのです。見えない原因とは心(想念)であり、見える結果とはこの場合病気です。肉体は鏡なのです。人の心の醜さが、肉体の鏡に病気という姿で写し出されているのです。神は、見えない心(想念)の状態を、見える病気という状態で現わし、心の醜さに気づいてもらおうとしているのです。これは、神の慈悲といっていいでしょう。

 これは、ゴミについても言えることです。今、地球環境は悪化の一途をたどっていますが、これは人類の心が汚れているからです。人類の醜い心が、地球環境の悪化という形で現れているのです。醜い心の社会からは、病気も、ゴミも、沢山生まれるのです。病気の多さとゴミの多さは、その星の進化のバロメーターになっているのです。やがて人類は、そのことに気付き心を正してゆくでしょうが、その時は、病気も、ゴミも、減ってゆくでしょう。これが、自分が自分に苦しみを与え、その苦しみから過ちを発見し、自分が成長してゆく自己完結型宇宙の仕組みなのです。

 

 

 

2016年

5月

08日

● 学びの友に望むこと!

 ある時お釈迦様は、弟子のアルーンにこんなことを言いつけました。

 “アルーンよ! すまないが、あなたの家の近くに落ちている小石を、毎日一個拾って私のところに届けてくれないだろうか!?”と・・・。

 “はい、分かりました!” 愚直なまでに素直なアルーンは、そう快く返事をすると、何の疑いも持たず、お釈迦様の言われるとおり毎日小石を届けたのです。それは、お釈迦様が亡くなられる日まで四十年間続いたのです。ちなみに、アルーンの住まいとお釈迦様の住まいとの距離は、歩いて片道一時間ほどかかったのですから、結構な距離だったわけです。なぜ、お釈迦様がアルーンにこのようなことを命じられたのか? アルーンの立場になって考えてみてください。

 私が学びの友に言いたいことは、

  • 神を想い続けること、(瞑想すること)
  • 疑問に思ったことを自分に問いかけること、
  • 逃げないで社会体験をすること、
  • 何度も何度も、読み、聴き、見ること、
  • 繰り返すことを厭わないこと、
  • できるだけ体を動かすこと、
  • 今の環境の中で精いっぱいやること、

 それも、疑らないで、素直に、根気よく、やり続けることです。これは、何の変化が起きなくても一生やり続けて欲しいと思います。やり続ければ、間違いなく大きな果実を手にして帰れるでしょう。

※この小話の中には、多くの真理が隠されているので、ぜひ発見して欲しいと思います。

 

 

 

2016年

5月

15日

● 実際に有るものだけが、実際に有る

実際に有るものだけが、実際に有るのです。この言葉を、心の底で噛みしめて欲しいと思います。では、実際に有るモノとは何でしょうか? それは、永遠に無くならない本質のことです。その本質のことを、生命とも、神とも、意識とも、エネルギーとも、呼んでいるのです。その本質が、形を生み出しているのです。でもその形は、実際に有るものではないのです。なぜなら、一時の存在だからです。一時の存在ということは、幻であるということです。幻だから、消えて無くなってしまうのです。見えるモノ、触れるモノは、みな幻なのです。見えない、触れない、永遠に無くならない本質が、実際に有るモノなのです。ということは、消えて無くなってしまう人は、幻と言うことになるでしょう。そう・・人は幻なのです。

 実際に有るものは、本質です。その本質が、想い、考え、言葉を話し、行動しているのです。ということは、今考え、言葉を話し、行動している人は、実際に有る本質ということになるでしょう。人の形はしていますが、その実体は本質なのです。だからあなたは、間違いなく生命であり、神であり、意識であり、エネルギーなのです。

 誰もが、形に惑わされて本当の自分を見失っているのです。さあ、目覚めましょう。あなたは、本当に有る本質なのですから・・・。

 

 

 

2016年

5月

22日

● 我々は何を学ぶべきか?

 私たちは、宇宙がどうなっているか? 幽界ってどんなところか? 高級霊って何なのか? 宇宙人って何なのか? そんなことを学ぶ必要はないのです。なぜなら、そんなモノはみな幻だからです。幻を学んで、一体何の益があるのでしようか? 私たちは、本当に有るモノだけ学べば良いのです。では、本当に有るモノとは何でしょうか? それは、永遠に無くならない意識です。その意識は、自分が持っているわけですから、自分から学べば良いのです。では「意識の何を学べば良いか?」ということですが、それは、「意識は何を求めているか? 何を欲しているか?」ということを学ぶことです。

 私たちの意識は、何を欲しているのでしょうか? それは、幸せではないでしょうか それも、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、幸せを欲しているのではないでしょうか? では、その幸せを得るには何が必要でしょうか? 肉体が必要でしょうか? 形が必要でしょうか? 物やお金が必要でしょうか? 地位や名誉や権力が必要でしょうか? 高等数学を知る必要があるでしょうか? 宇宙人やUFOを知る必要があるでしょうか? 幽界を知る必要があるでしょうか? 宇宙の謎を知る必要があるでしようか? いいえ、必要なのは、原子核(魂)を大きくすることだけです。原子核(魂)を大きくすれば、自動的に幸せの中に入れるからです。

 原子核(魂)を大きくするには、

  1. 社会体験をすることです。
  2. 瞑想をすることです。
  3. 思索をすることです。

 この三つの方法については、本でも、勉強会でも、詳しく述べているので見て欲しいと思います。

 この宇宙で最も確かなことは、本当に有るモノだけが本当に有るという真理です。本当に有るモノとは、永遠に無くならない意識であり、その意識が感じる永遠に無くならない幸せです。意識も幸せも、永遠に無くならないのです。永遠に無くならないがゆえに、永遠に無くならない幸せは、永遠に無くならない意識に受け取ってもらいたいのです。永遠に無くならない幸せは、永遠に無くならない意識に感じてもらいたいし、永遠に無くならない意識は、永遠に無くならない幸せだけが欲しいのです。

 私が外側の現象を嫌うのは、外側のモノからは、決して幸せは得られないからです。幸せは意識が感じるのですから、意識が直接幸せを受け取ったら良いのです。だから、肉体も必要ないし、形も必要ないのです。意識と幸せの間に、何も挟む必要はないということです。このことが解った人は、もう肉体に囚われることがなくなるし、外側の何モノも欲しがらなくなるでしょう。

 

 

 

2016年

5月

29日

● 絶対真理を支える絶対真理

  「この宇宙には、たった一つの神しか存在しない!」というのは、絶対真理であります。この絶対真理を念頭に、何かが存在するための絶対条件を考えてみましょう。

 「何かが存在するためには、その何かを認めてくれる認識者が絶対必要です。」すなわち、「神が存在するためには、神を認めてくれる認識者が絶対必要です。」この絶対条件も真理です。なぜなら、認めてくれるモノが存在しなくては、認められるモノは存在できないからです。でも良く考えみてください、「この宇宙にはたった一つの神しか存在しない!」という絶対真理があるならば、神を認めてくれる認識者が他に存在できないはずです。もし他に認識者が存在するなら、「この宇宙にたった一つの神しか存在しない!」という真理は崩れ去ってしまうからです。これは神にとって実に困ったことです。なぜなら、前述したように、「神が存在するためには、神を認めてくれる認識者が絶対必要だからです。

 神は悩んだ末、次のような苦肉の策をあみだしました。それは、自分の分身を創り、その分身から自分を認めてもらうという方法です。そのためには、分身に自分と同じ能力を持たせ、かつ客観的立場に立たせる必要がありました。しかも、神の記憶を持ったままでは意味が無いので、分身から記憶を奪う必要がありました。そういうわけで神は、分身に自分と同じ能力を持たせ、かつ記憶を奪い、さらに客観視できる立場にして、表現宇宙に送り出したのです。その時点で、神と分身は同等の立場になったのであります。

 人がなぜ神なのか? それは、神と同じ能力を持つ認識者だからです。

神(原因者)・・認識する者→→ →→ 人(結果者) ・・認識される者

認識する

神(結果者・被認識者)・・認識される者←←←←人(原因者)・・認識者

認識し返す

 人が存在しなくては神が存在できない、神が存在しなくては人が存在できない、この相身互いの関係にあるのが神と人なのです。だから私は、「人と神は対等である!」というのです。これが、絶対真理を支える絶対真理の必要な理由であります。

 

 

 

2016年

6月

05日

● 原子核が増えた証し

 神は見えない。でも見えない神が信じられてこそ、はじめて真の信仰者といえるのです。病に犯されていた娘が、こんなことをいっていました。「病気を治してくれたら、私は神様を信じます」と・・・。これでは神を試していることになり、真の信仰者とはいえないのです。とはいえ、やはり何か目に見える形で信じたいのが人間でしょう。毎日瞑想していても、何の変化も起きないようでは、「本当に原子核が増えているのか?」と疑いたくなるのも無理ないからです。悲しいことですが、私たちは目に見える変化がなくては、なかなか信じられないのです。でも、社会体験をし、瞑想をし、思索をしていれば、間違いなく原子核は増えているのです。

  • 家族仲良くなったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • 憎しみや恨みの感情が薄れたのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • 現象に囚われなくなったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • 以前より衣・食・住にこだわらなくなったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • あまり心配したり悩まなくなったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • 以前よりも、お金や物や地位や名誉に執着しなくなったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • 環境が良くなったのは、原子核が増えた証しではないでしようか?
  • 波動が敏感に感じられるようになったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • 嫌なことをやるのが苦にならなくなったり、以前より行動的になったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?
  • 友人・隣人など、自我人間との付き合いが減ったのは、原子核が増えた証しではないでしょうか?

 このように真理を実践している人は、実際に目に見える形で変化が起きているのです。もし、「最近あなた変ったわね」と人にいわれたら、原子核が増えた証しですから大いに喜んでほしいと思います。どうか、何の変化が起きなくても日々原子核を増やしてください。あなたは、間違いなく未来に向けて布石を打っているのですから・・・。

 

 

 

2016年

6月

12日

● 変化の体験

 本当の自分を、つまり、神の自分を自覚すれば変性変容が起きることはこれまで何度も述べてきたところですが、この変性変容の程度は自覚の深さによって違ってくるのです。浅い自覚には小さな変化が・・・、深い自覚には大きな変化が・・・神の自覚には際限がないので、変化も際限なく起き、際限なく続くのです。その意味では、学んでいる皆さんにも間違いなく変化が起きているはずですが、変化の程度が少ないためなかなか実感できないのです。でも、原子核を増やす三つの方法を実践していれば、間違いなく変化は起きているのです。その証拠に、最近学びの友の中に「自分の身で」変化を体験した人が出てきています。これは、私の言っていることの正しさを示す貴重な体験と言えましょう。「自分の身で」という表現をしたのは、我々の身体(環境)は神の表現媒体として創られたものだから、自分が神の分身だと気付けば、そく環境(身体)に変化が現れるようになっているからです。

 自分が神であると気付くことの大切さ、これは実際に我が身で体験した者でないと分からないでしょう。正に目からウロコの驚きの体験です。その実体験したメールを学びの友から頂いたので、そのままご披露することにしましょう。きっと、他の学びの友の励みになると思います。

 

=メールを頂いた「Aさん」の体験談=(本人の了解済み)

 [日々の生活において、「社会体験」「瞑想」「思索」を続けていますが、ずっと、親指の腱鞘炎と右腕の痛みが取れずにおりました。仕事が縫製業で指・腕を酷使する作業が延々と続く為、職業病と半ば諦めていた所もあり、これを「病気」だと思わずにいたのです。それに加え、1週間前から鉄線で体をぐるぐるに巻かれ締め付けられるようなひどい痛みとしびれが起こり、激痛でおかしくなりそうな状態になりました。こんなにも神に意識を向けているのに、なぜこんな痛みが起こるのだろうと思索をした所、「真剣に瞑想しなさい!」という答えが返ってきたので、「吾神なり!」のマントラを唱え(想い)ながら真剣に8時間ほど瞑想した所、痛みが少し和らぐと伴に、自分の足りなかった部分にも気づくことが出来ました。

 瞑想をして痛みが減るということは、この痛みは元々無い物だと改めて気づき、かとうさんの書かれた「病で苦しんでいる人の為の小冊子・最新のオーディオブック版」を何回も聴きました。寝ている時もずっと流していました。特に、第三章が心に響きました。おかげで、病気に対して間違った認識をしていたことに気づきました。たとえば、神が作られたこの身体は、使えば使うほど強靱・健全になる、使えば使うほどに進化・成長していく、肉体細胞を支配している生命に全託しておけば自然と蘇生・修復してくれる等々・・・本当に目から鱗が落ちる思いでした。私の場合、毎日の仕事で指や腕を使っているから痛くなっても仕方ないと諦めていたこと自体が間違いだったのですね。また、痛みがあるので、ストレッチをしたり運動をしたり、痛みを無くそうと自我の自分が躍起になっていたのも間違いだったのですね。この肉体細胞一つ一つが神の意識核で作られているのだと、ストンと腑に落ちた瞬間、「私のこの意識も神の意識であり、この肉体も神の意識で作られている。あーー私は全て神から出来ているんだーー!!」という想いが込み上げ、感動・感動・感動の波が押し寄せてきたのでした。そして   「なーんだ。私って神以外の何者でもないんだ!」と可笑しくなって一人でクスクス笑ってしまったのですが、次の瞬間ボロボロと涙がこぼれて止まらなくなってしまいました。「私は神だった!」「私は神の意志と意識で出来ている!」この想いが胸の中を熱く・優しく包み込んで涙が止まらないのです。仕事中でしたので、涙を拭うのが大変でした。

 今日、この身体を神に全託し、迷いや不安を全て捨て、神の力を心から信じるように

切り替えたら、あんなに痛みがあったのにピタッと治まってしまいました。もう、指も腕も痛くないのです。時々電気が走るような感覚もありますが、「幻が騒いでいるねー」と受け流していたらそれもすぐに無くなりました。今は本当に楽なのです。

 自分が問題を提起し、自分の想念が痛みを作って自分の過ちに気付かせ解決した、貴重な体験をさせてもらいました。全て自己完結型の宇宙なのですね。今回の体験で、魂が大きく成長出来たと実感しております。日々の原子核を増やす小さな努力は、必ず変性変容をもたらすということも実感できました。かとうさんの教えの通りでした!

 これからもこつこつと努力を続けていきます。これから先仕事で体を酷使しても、もう怖いことはありません。使えば使う程に私の身体は進化・成長して強靱になっていくのですから・・・完全なる神が作った完全な身体ですから100%全託します。]

 

 このAさんの体験は、「自分が神である!」と気付くことによって身に変化の起きた貴重な実例です。気付きと、自覚とは、紙一重なのです。これは当人の心の微妙な味わいなので、自覚と気付きの違いを判断することは出来ませんが、一つの節目を超えたことだけは確かでしょう。「自分が神である!」と自覚した深さの程度は、本人にも分らないのです。でもAさんが体験した身の変化は、普通の意識状態で起きる変化でないことだけは確かです。このように、日々原子核を増やしていれば、間違いなく変化が起きてくるのです。

 神は完全です。偉大な力を持っているのです。私たちは、その神によって創られた分身ですから、病気になるわけがないのです。私たちの身体は、ものすごい許容量と潜在能力を持っているのです。だから使えば使うほど頑健になるし、使えば使うほど働くようになるのです。こう思ってください。

 「完全な神によって運営されている身体は、完全な働きしかできないのだと・・・だから自分の肉体は、健全・健康・完全なのだと・・・」

 

 

 

2016年

6月

19日

● 見えるモノ(現象)から離れなさい!

 私たちが、真に望んでいるモノは何でしょうか? それは究極の幸せではないでしょうか? その究極の幸せを得るためには、形から、見えるモノから、現象から、離れなくてはならないのです。なぜなら、見えるモノ、聞こえるもの、感じるモノ、つまり現象はみな幻だからです。幻を追いかけ、どうして幸せが得られましょうか? しかし私たちは、気の遠くなる年月、見える世界で生きてきたために、現象に興味を持っていると、どうしても見える幸せを追いかけてしまうからです。

 この宇宙に、どうして見えるモノと見えないモノがあるのでしょうか? それは、価値あるモノが何かを知るためなのです。例えばこの社会の人々は、お金や宝石や美術品などが価値あるモノだと思っています。そう思うのは、それらのモノがあれば幸せになれると思っているからです。でも、本当にそれらのモノが幸せにしてくれるでしょうか? いいや、それらのモノは、幸せの媒体であって、実際に幸せにしてくれるのは心なのです。幸せ感というのは、心が受け取って得られるからです。では、お金や宝石や美術品に価値があったのでしょうか? 心に価値があったのでしょうか? 心に価値があったのです。お金や宝石や美術品は見えますが、心は見えないのです。ということは、本当に価値のあるモノは見えないモノであるということになるでしょう。では私たちは、何を大切にすべきでしょうか? 見えるモノでしょうか? 見えないモノでしょうか? 見えないモノですね。すなわち、「意識・魂・心・想念」なのです。世の人々は、見えるモノ(現象)に目が狂わされ、このことを忘れているのです。

 さて私たちは、価値あるモノは見えないモノであることを知リました。では、その見えないモノは、この宇宙に幾つ有るのでしょうか? 見えないモノは、一つしか無いのです。でも、言葉にしてみたら沢山の見えないモノがあるのです。例えば、キリストも、ブッタも、見えない、生命も、無限も、永遠も、愛も、エネルギーも、意識も、魂も、心も、想念も、見えない、その見えない総代表を、私は神と呼んでいるのです。だから、言葉が違うからといって、見えないモノを違うモノだと思ってはならないのです。宗教戦争してはならない理由は、見えないモノは同じ一つの神だからです。

 幸せは見えないのです。神は見えないのです。物質は見えるのです。これで、この宇宙に、どうして見えるモノと見えないモノがあるのか、また私がどうして現象を嫌うのかも分かったでしょう。本当の幸せは、遠くにある見えるモノの中にあるのではなく、手よりも足よりも近くにある見えない心の中にあるのです。

注・・・

 確かに見えないモノは幸せの大元ですが、その見えないモノは見えるモノと一対になって存在しているのです。つまり、見えるすべてのモノは、一つの見えないモノによって、つまり神によって存在させられているのです。ということは、すべてのモノの中に幸せがあるということになるでしょう。それは、表を見るか(物質・現象界・幽界・を見るか)、裏を見るか(意識・魂・心を観るか)で、幸せにも不幸せにもなるという意味なのです。

 

 

 

2016年

6月

26日

● 想念を正しく使って欲しい!

 「想念は実現の母である!」という言葉を、もう一度噛みしめて欲しいと思います。

 何度も言いますように、想念は何でも生み出すのです。何でも実現させるのです。その想念を私たちは持たされているのですから、私たちはすでに救われているのです。こんな凄い宝物を持たされているというのに、人類はその宝物を正しく使っていないのです。想念を正しく使ったら、戦争も、事件も、事故も、病気も、災害も、一切無くなってしまうのです。もう、防災費も、軍事費も、保険をかける必要も、医療費を払う必要も、規則も、法律も、警察も、検事も、弁護士も、裁判官も、刑務所も、何も要らなくなるのです。しかし悲しいことに、今の人類にはそれが解らないのです。「ならば教えればいいじゃないか!」と言うかも知れませんが、こればかりは教えて解るものではないのです。なぜなら、どんなに良い事を教えても、受け皿がなければ受け取ることができないからです。だから私は、受け皿の備わった人達に向けて言っているのです。この更新集を見ている人は、その受け皿の備わった人達なのです。

 どうか、想念の凄さを再認識してください。そして、あなた達だけでも良いから、想念を正しく使うようにしてください。それが人類に、地球に、宇宙に、貢献することになるのですから・・・。勿論、正しい想念を使っていれば、自分も、家族も、幸せになれるのは当然です。

 

 注・・・

  近年、台風・豪雨など、水の被害が多くなっていますが、なぜ多くなっているのでしょうか? 

 「物質」の象徴的存在として「水」があります。その水の被害が多くなっているということは、人類が物質に偏っているためである、と受け取れないでしょうか? そうなのです。自然界は「あなた達は物質に偏り過ぎていますよ!」と警告しているのです。  

 

 

 

2016年

7月

03日

● すべては同じ一本の糸

 ここに一本の糸があったとしましょう。その糸は、本源の宇宙(真実の宇宙・絶対宇宙)においては見えないため、存在しているように思えないのです。でも見えなくても、思えなくても、その糸は間違いなく存在しているのです。なぜなら、見えないのが真実の証だからです。真実は見えないのです。でもそれでは存在意味が無いので、神は波動を下げて見える無数の糸にし、表現宇宙に放出したのです。だから、この表現宇宙には、波動の違う無数の糸が存在しているのです。例えば、クオークも、中性子も、陽子も、電子も、分子も、細胞も、名前は違うが同じ一本の糸です。今後新しい素粒子が発見され色々な名前がつけられるでしょうが、どんな名前がつけられようと、みな同じ一本の糸の現れに過ぎないことを忘れてはなりません。

 神も、仏も、生命も、エネルギーも、光も、同じ一本の糸の現れです。キリストも、ブッタも、アラーも、みな同じ一本の糸の現れです。土も、細菌も、ソマチットも、花も、犬も、人間も、みな同じ一本の糸の現れです。当然、白人も、黒人も、黄人も、赤人も、緑人も、同じ一本の糸の現れです。だから、形や名前や性質が違うからといって、差別したり敵対したりしてはならないのです。わざわざ探査機を飛ばして宇宙の塵を拾ってくる必要がないのも、地球の塵も、宇宙の塵も、みな同じ一本の糸の現れに過ぎないからです。真理について論議してならないのも、どんな論議の対象物も、みな同じ一本の糸の現れに過ぎないからです。

 人類は名前に囚われ、何が大切なのか見失っているのです。大切なのは名前を知ることではなく、真実の中身を知ることです。その真実は、一つしか無いのです。すなわち、一本の糸しか無いのです。神しか無いのです。だから私は、沢山のモノを知る必要はない、たった一つの神を知れば良いと言うのです。

 

 

 

2016年

7月

10日

● 「今」を正しく生きることの大切さ

 私たちは、「今」を感じています。この「今」が有る事実は、誰も否定できないでしょう。「今」が大切です! と私が言うのは、「今」しか無いからです。つまり、「今」が原因点だからです。ということは、「今」は永遠に有り続けるということです。

これは、 

 

 この数式が証明してくれているのです。この数式が成り立つのは、原因と結果の法則が、この宇宙を支配しているからです。こういうことです。

 「今」が有るのは、過去にも「今」が有ったからです。過去の「今」の原因なしに、「今」の結果は有り得ないわけですから、因果の法則が支配している宇宙においてこれは当然でしょう。ということは、次の未来にも、次の次の未来にも、いや、永遠の未来に「今」が有ることになります。これは、過去・現在・未来が一つだから言えることなのです。これを、因果の法則における三位一体といいます。しかし、三位一体ではありますが、「今」がすべてなのです。なぜなら、今しか実在しないからです。つまり、今が原因点だからです。ではこの「今」を、「あなた」に置き換えてみましょう。

 今「あなた」がいるということは、過去に「あなた」がいたからです。ということは、次の未来にも、次の次の未来にも、いや、永遠の未来に「あなた」がいることになります。これは、今「あなた」が存在している事実が有る限り当然なのです。このように「あなた」は、永遠に有り続けるのです。永遠に有り続けるがゆえに、今正しく生きなければならないのです。なぜなら、今正しく生きなければ過去を悲惨な過去にし、未来も悲惨な未来にしてしまうからです。

 過去は変えられないと思っていますが、今正しく生きることで変えられるのです。なぜなら、今正しく生きられるのは、過去で学んだ成果ですから、その過去は良い過去に変わってしまうからです。しかし、あなたが今正しく生きなければ、過去で学ばなかったわけですから、その過去は悲惨な過去で終わってしまうのです。ということは、未来も悲惨な未来が待っているということです。今正しく生きることがいかに大切か、これで分かっていただけたと思います。

 何でもそうですが、今何かが有る、今何かが起きている、ということは、過去でその原因を作っていたからです。これは、良いことでも悪いことでも同じです。その今は、未来を作っているわけですから、今正しく生きることが大切になってくるのです。今正しく生きれば、あなたは間違いなく幸せになれるのです。今正しく生きればという意味は、今正しい想念を持って生きれば、という意味なのです。これは、因果の法則が保証してくれるのですから間違いないのです。さあ法則を信じ、今正しい想念を持って生きましょう。

 

※どんな良いことも悪く受け取れば、悪くなるのです。

どんな悪いことも良く受け取れば、良くなるのです。

それは、実際に有る真実のみが有るからそう言えるのです。

真実の中に悪は無いのです。

ならば、どちらに生きた方が賢いでしょうか?

あなたは肯定人ですか? それとも否定人ですか?・・・

 

 

 

2016年

7月

17日

● 瞑想の二文字から瞑想の意味を探る

 なぜ聖者(覚者)は瞑想をするのでしょうか? その理由を瞑想という文字から探ってみましょう。「瞑想」の「瞑」とは、左辺に「目」右辺に「冥」と書きますが、左辺の「目」は見るという意味で、右辺の「冥」とは見えないという意味です。だから「瞑」とは、見えないモノを観るという意味になります。ここで「観る」という字を使ったのは、見えないモノを見るには、想いで観るしかないからです。

 瞑想の「想」の上辺の「相」とは、真相(実相)のことを意味し、下辺の「心」は言うまでもなく人の心を意味しています。だから「想」とは、「真相」は「心」の中にあるという意味になります。したがって「瞑想」の二文字を通して解釈すれば、「心の中にある真相」を「想いで観る」という意味になります。このように、心の中にある真相を想いで観るのが瞑想なのです。

 心の中にある「真相」とは、「神・生命・宇宙」のことでですが、その真相を知るには、想いで実感するしかないので、大昔より瞑想が行われてきたのです。

 瞑想の極意は、想いでなぞることです。いつも言うことですが、今だけが実在です。その実在の今を「わ・れ・か・み・な・り」の想いでなぞれば、想いは創造の力ですから、神を現すことができるのです。つまり想いで原因を作れば、必ず結果が現れるということです。この瞑想は地球だけでなく、無限の波動圏の中で(宇宙のいたるところで)行われているのです。

 瞑想している時は生きており、この世の事を思っている時は死んでいると言われるのは、「神・生命・宇宙」を想っている時は、本当に有るモノに生きているが、それ以外の時は、本当に無いモノに生きているからです。この言葉には、深い、重い、意味が込められているのです。

 

※この宇宙には、実際に有るモノ(真実)のみが有るのです。

この意味の深さを知って欲しいと思います。

知れば、夢から目覚められるでしょう。

 

 

 

2016年

7月

24日

● 真に賢い者とは?

  • 真に賢い者とは、私(本当の自分)の前で正直に振る舞えるようになった人のことです。
  • 真に賢い者とは、私(本当の自分)の前で素直に振る舞えるようになった人のことです。
  • 真に賢い者とは、自分の幼さ、愚かさを知った人のことです。
  • 真に賢い者とは、自分の無能さを知り、謙虚になった人のことです。

 この宇宙は無限ゆえに、無限に知るべきことがあるのです。その無限のほんの一部を知って得意になっている人は、何も知らない人です。覚者が謙虚なのは、永遠に知り得ない宇宙の無限性を知ったからです。

 どうか増長しないでください。あなたの得た知識なんか、ゴミにも当たらない小さなモノなのですから・・・、それも体験の伴わない知識を得ただけのことなのですから・・・。

 

※偶然が有るなら、神も偶然に存在していることになるでしょう。そうなれば、我々も偶然に存在していることになるし、何もかも偶然に存在していることになります。そんな無秩序な宇宙に何の意味があるでしょうか?

 

 

 

2016年

7月

31日

● 純粋さが大切

 やってあげたいから、やってあげるのです。してあげたいから、してあげるのです。そこに微塵の成算も入ってはなりません。純粋に、純粋に、清く、清く、「ただ世のため人のため!」と思いやってあげることです。その純度が高ければ高いほど、あなたは神人としての素晴らしい働きができるでしょう。

 私たちは、間違いなく神人なのです。神の代弁代行者なのです。それは、私たちの本性(意識)が神だからです。どうか、神人として神の代弁代行役を果たしてください。では私たちは、どのような代弁代行役を果たせるのでしょうか?

 (一)

 何をやるにも、神が思い、神が話し、神が行っていると思いやることです。そう思いながらやれば、その思い、その言葉、その行為は、神の表現になります。つまり、その思いは素晴らしい発明・発見を生み出し、その言葉は多くの人の心を揺さぶり、その行いは人の手本となるのです。

 (二)

 神を想い瞑想することです。

 神を想う瞑想は、身体を浄化し、地球を浄化し、宇宙を浄化します。神を想う瞑想は、雑念を一点に集約させ心を穏やかにします。神を想う瞑想は、あなたの欠点を無くします。神を想う瞑想は、原子核を増やします。

 

 このように、純粋に、清く、神の代弁代行役に徹すれば、素晴らしい神の表現ができるのです。さあ、純粋に、清く、神を想い、話し、行動してください。それは、どこへ行く必要もないしお金もかかりません。あなたの今の環境の中で、できるのです。その貢献度は、ボランティアーの比ではないのです。

 

 

 

2016年

8月

07日

● 私の独り言

 私は姿形の無い意識だけの存在です。だから私は、私を知らないまま今日まで生きてきました。一体意識の私って、何だろう?  一体意識の私は、何処から来たのだろうか? 一体、いつ生まれたのだろうか?

 いや、私は生まれた覚えがない。だから死んだ覚えもない。気がついたら、私は存在していたのです。いやその言い方は、正しい言い方ではありません。「気がついたら」という言い方は、「生まれた時は」と言うことになるからです。私は、私の存在を永遠の昔から知っていたのですから、生まれたという言い方は正しくないでしょう。永遠の昔から私を知っていたということは、永遠の昔より私はいたということですから、いつもいたということです。そう、私のいない時はなかったのです。私には、初めはなかったのです。だから終わりもないのです。私は、ずっと生き通してきたのです。そんな私が、私のことを知らないで今日まで生きてきたのですから、不思議と言えば不思議な話す。 

 では、もう一度問いかけてみましょう。一体意識の私は、何者なのでしょうか? 一体何処から来たのでしょうか? しかし、どんなに問いかけても答えは返ってきません。いくら考えても、いくら思索しても、分からないのです。多分、永遠に意識の私のことは分からないでしょう。でも、意識の私のことは分からなくても、これだけは分かっています。私が唯一欲しいのは、幸せであることを・・・。それも、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、究極の幸せが欲しいことを・・・。それで良いのです。なぜなら、幸せ以外、私は何もいらないからです。

 

※私が知りたいのは、私の意識を生み出したのは「何か」? ということです。どうか皆さんも、私の意識を生み出した「何か」を探してください。

 

 

 

2016年

8月

14日

● エネルギー均衡の法則が魂を成長させてくれる。

 この宇宙は、均衡を保とうとするエネルギーが支配していますので、均衡が崩れれば必ず穴埋めさせられます。例えば、やれば必ずやりかえされます。奪えば必ず奪い返されます。与えれば必ず与え返されます。この宇宙に、一方通行は無いのです。エネルギーは出した分、必ず返ってくるようになっているのです。これは原因と結果の法則が裏支えしているため間違いなく行われるのです。だからこそ、私たちは成長してゆけるわけです。

 良いことをすれば良いことが、悪いことをすれば悪いことが返ってくるのは、因果の法則からして間違いないわけですが、それだけで終わらないのがこの法則の凄いところなのです。つまり行ったことには、必ず悪いリスクと良いリスクが付いてくるのです。例えば、大掃除をすれば家は綺麗になりますが、その代わり着ているものが汚れたり、腹が空いたり、疲れたりします。これは悪いリスクです。遊園地帰りの親子が、電車の中でコックリコックリする風景を良く見ますが、あれも楽しみの後にやってくる悪いリスクの一つです。何かをすれば、必ずリスクを背負うのです。目に見えないリスクもありますが、それは分散されて目に見えないか、先延ばしされているかで、いつか必ずお返しがあるのです。このように考えてください。

 大掃除をすれば家は綺麗になりますから、これは良いことです。でも肉体は疲れますから、これは悪いことです。でも筋肉が強くなりますから、これは良いことです。でも腹が空きますから、これは悪いことです。でも原子核が増えますから、これは良いことです。「良いことが悪いことにつながり、悪いことが良いことにつながり、また良いことが悪いことにつながり、悪いことが良いことにつながる」このエネルギー均衡の法則が、魂を成長させてくれるのです。

 神が一番に望んでいることは、魂の成長です。苦楽を交互に体験しながら成長するのは、進化のプロセスなのです。神は、エネルギー均衡の法則を通して私たちの魂を成長させようとしているのです。

 

※何でもそうですが、馴れてしまうとそのモノの良さが分からなくなるのです。だから増長してしまうわけですが、これは大変もったいないことです。真理もそうです。私のホームページもそうです。最初に味わった感動も、馴れてしまうと薄れてしまい、反発心さえ起こってくるのです。

   ・あなたのあの感動の喜びは、ウソの喜びだったのですか?

 ・あなたが流したあの感動の涙は、ウソの涙だったのですか?

 

 

 

 

 

2016年

8月

21日

● 神は我が子に出来ないことをさせるわけがない!

 私が一番感心するのは、神は出来ないことをさせて私達を悟らせようとしていない点です。「今の今、ただ神を想い続けなさい! そうすれば神を自覚できますよ!」と神は言っているのです。全能の神が、私達に出来ないことをさせるわけがないのです。もし難しいことをしなければ悟れないなら、神は全能で無くなってしまいます。全能の神なら、子供でも大人でも、女でも男でも、頭の良い人でも悪い人でも、貧しい国の人でも豊かな国の人でも、悟れる仕組みを用意してくれているはずです。

 そうです。悟るのに難しい理論も、技も、何も要らないのです。今の今、ただ神を想うだけです。ただ、続けるか、続けないか、やるか、やらないか、だけです。でも殆どの人は、忍耐力なく止めてしまいます。それでは、実が実る前に手放してしまうのですから、果実が得られるわけがなのです。「継続は力なり!」です。何も変化が起きないからといって、諦めないでください。

 今の今しか実在しないのです。その今の実在を使って神を想い続ければ、間違いなく神の自覚が得られるのです。神は、こんな簡単な方法を用意してくれているのです。これは、我が子を愛するがゆえの神の計らいです。さあ、今神を想い続けましょう。

 

※「神が我が子に出来ないことをさせるわけがない!」と言うのは、私達の日々の生活においても言えることなのです。神は私達に、難しい生き方をしなさいとは言っていないのです。今あなたが思ったことを素直に実行しなさい!、と言っているだけです。たとえそのことでおかしなことになったとしても、それは成長のためにそうなった必然ですから、決して失敗したとは思わないことです。どんな道も大道につながっているのです。「光のメロディー・・・真理を求めている人へ捧げる曲(人生の道)」を見てください。あなたの選んだ道は、みな正しかったのですから・・・。

 

 

 

2016年

8月

28日

● 心から悔改めたら全ての罪は許される。

 今までどんな凶悪な罪を犯していた者であっても、心から悔い改めたら(良心に生きるようになったら)、全ての罪は許されるのです。”私はもう悪いことを一切やらない! 私は今から良心に生きる!”、と堅く誓った瞬間、今までの自分ではなくなるのです。なぜなら、人間の自分から神の自分に戻ったからです。良心は神の心です。實在する心です。その心に生きるようになった瞬間、自我の自分は存在しなくなるのです。今まで悪いことをしていたのは、実在しない自我(サタン)の自分だったのです。実在しない自我(サタン)の自分に罪があるわけありませから、決して肉体を罰してはならないのです。ということは、この宇宙に罰するモノなど一つも無いということです。

 真我人間とは、良心に生きるようになった人間のことです。良心には一点の汚れも無いのです。よく心が汚れているといいますが、汚れた心など一つもありません。ただ心の周りに、ゴミが付着しているだけです。ですから改心しゴミを落とせば、そく真心に戻るのです。ゴミとは、迷いのことなのです。迷いは実在するものではありませんから、迷いを取ればそく真我の自分に戻れるのです。迷いを取る作業が、反省・懺悔なのです。

 私が死刑に反対するのは、改心したその瞬間に罪人はいなくなるからです。いない罪人を殺すなど大きな罪です。迷いが罪人を作っているのです。憎むべき相手は、罪人ではなく迷いなのです。ですから、「迷いを憎んで人を憎まず」です。どうか迷いを取っ払ってください。それは、真理を知ることによって取っ払えるのです。「無知こそ最大の罪である!」と覚者がいうのは、真理を知らなければ、どうしても迷って罪を犯してしまうからです。どうか、罪人のいないことを知ってください。

 

※ 昨日まで体の調子が良かったのに、今日急に調子が悪くなったという人は、間違いなくネガティブな波動にやられています。つまり、サタンにやられているのです。その時は、真理を求める気持ちも弱くなっているはずです。ぜひ、そのことに気付いてください。気付いたら、「サタンよ見破ったぞ! サタンよ退け! サタンよ出てゆけ! 出てゆけ! 出てゆけ! 」と、何度も心の中で叫んでください。もし、どこかに痛みがあったら、「想わない! 想わない! 想わない!」と思ってください。「想わない! 」と思うだけで結構です。きっと痛みが和らぐでしょう。体の調子が良くなったら、瞑想してください。

 

 

 

2016年

9月

04日

● 進化の決め手は幸福度である

 この宇宙には、様々な進化の度合いを持った星が存在しますが、その星がどれだけ進化した星か判定する基準はあるのでしょうか? あります。それは、その星に住む人たちがどれだけ高い理解力を持っているかが判定基準です。では、その理解力の高低は、どのようにして判定するのでしょうか。その判定基準は、幸福度です。低い理解力によって創られた世界の幸福度は低く、高い理解力によって創られた世界の幸福度は高いのです。でも、その幸福度は通常比べることはできません。それは当人だけが知る幸福の高さだからです。でも、現象の世界においてその幸福度は、平和という形では見ることはできるのです。心の幸福度は、必ず形として現れるようになっているからです。幸福度の高い星は、平和なのです。幸福度の低い星は、争い事が多いのです。地球惑星に戦争が絶えないのは、地球人類の幸福度が低いからです。つまり、理解力が低いからです。

 私たちはこれまで、何万転生も輪廻を繰り返してきましたが、その輪廻においてどれほど成長したか知る決め手は、やはり理解力の高さなのです。多く輪廻を繰り返した人の理解力は高く、少ない輪廻を繰り返した人の理解力は低いのです。当然、理解力の高い人の幸福度は高く、理解力の低い人の幸福度は低いでしょう。このように進化の決め手は、理解力であり幸福度なのです。

 もし、あなたが自分の進化度を知りたかったら、幸福度の高低で推測してください。それは、あなただけが知る幸福度です。誰とも比べることはできません。でも、それで良いのです。

 このように幸福の平等性はどこまでも貫かれており、これが主観宇宙の素晴らしいところであり、神の愛の素晴らしいところなのです。幼い魂も、熟した魂も、神の目から見たら同じなのです。でも宇宙は、たしかに進化してゆくのです。それは意識に飽きがあるからです。飽きる意識を持っている宇宙は、進化し続けるしか無いのです。幸福を得て得ても飽きがくる意識は、その上の幸福を求めてゆかなくては満足できないからです。この満足できない幸福の欲求が、私たちの魂を進化させてゆくのです。

 

※ 神とは幸せのこと・・生命とは幸せのこと・・

 チルチルミチルは、幸せの青い鳥を探しに旅に出かけました。でも、いくら探しても幸せの青い鳥は見つかりませんでした。がっかりして家に帰ってきたチルチルミチルは、ふとしたことから幸せの青い鳥を自分の中に見付けます。つまりチルチルミチルは、幸せは外の世界にあるのではなく、自分の心の中にあったことを知ったのです。

 幸せは、心の平安がもたらすのです。その心の平安は、自分が「神であり生命である!」、と心の底で思えた時に訪れるのです。人間を自分だと思っている限り、真の平安はやってきません。自分が永遠に傷つかない、永遠に死なない、永遠に無くならない、神である、生命である、と思えた時に、不動の平安が得られるのです。

 神とは、幸せのことだったのです。生命とは、幸せのことだったのです。本当の自分とは、幸せのことだったのです。「人生の目的は、本当の自分を知ることである!」という意味は、「人生の目的は、真の幸せの中に入ることである!」という意味だったのです。

 

 

 

2016年

9月

11日

● 失敗は無い!

 あなたは、真理を学んでいるのに何も成長していないと思っているかもしれませんが、あなたは間違いなく成長しているのです。なぜなら、今あなたがここに来て、この真理を学んでいること自体、成長している証だからです。

 永い転生において、あなたはこの真理に出会うまで、どれほど苦難の人生を歩んできたと思いますか? それはそれは、大変な苦難の人生を歩んできたのですよ。そして、ついにこの真理に出会えたのです。そして、今その真理を自分のものにしようとしているのです。もし今学んでいる真理がマガイモノなら、あなたの過去の人生は失敗の人生になるのです。失敗の人生にしたくなかったら、今の真理を学び続けてください。

あなたは、ここまで導いてくれたあなたの守護霊を信じないのですか? この真理を選んだあなたの眼力を信じないのですか? 自分の守護霊を信じないで、自分の眼力を信じないで、何を信じるというのですか? どうしても信じられないなら、次の数式だけは信じてください。

 

 ・・・という数式です。

 

 この数式は、神に失敗はないという数式です。

 神が創られた宇宙に失敗は無いのです。この数式は、あなたに失敗が無いことを保証してくれている数式なのです。たとえ失敗のように見えても、それは成功のための失敗ですから成功なのです。

さあ、自分を導いてくれた守護霊を信じ、そして、この真理を選んだ自分の眼力を信じ、自覚の境界線を超えてください。

 

※ 真理を求めることの難しさ!

 私は新しく来た学びの友に良くこう言います。「勉強会に来なくてもいいから、原子核を増やす三つの方法を実践してください!」と・・・。勉強会に来て私の話を聴いている時は、波動が高いのでやる気になりますが、波動が落ちると、どうしてもやる気を削がれてしまうものです。何せ、外にも内にも真理を阻むサタンがいるのですからね・・・。

 私たちの中には、二人の自分がいるのです。一人は自我の自分、つまりサタンの自分です。もう一人は真我の自分、つまり神なる自分です。本当は真我の自分しかいないのですが、周りの悪的波動にやられるとサタンが頭をもたげ邪魔をしてくるのです。それも、光が強くなればなるほど闇も強くなるため、よりサタンが活発化するのです。知花先生は、良くこうおっしゃっておられました。「サタンにやられなかったら、悟るのは案外と簡単なのですよ!」と・・・。それほど、サタンは大敵なのです。何せ、自我の思いを真我の思いにさせられてしまうのですから・・・。それも気づかない巧妙な思いにして・・・。それほど真理を得ることは難しいのです。

 もし簡単に真理が得られるなら、とっくに地球は理想の世になっていたでしょう。簡単に得られないから、今もって喘ぎ苦しんでいる人達が絶えないのです。でも、いつまでもそんな地球にしておいてはなりません。一日も早く、サタンに脅えることのない地球にしたいものです。

 

 

 

2016年

9月

18日

● 真心を持ってやる

 何事も真心を持ってやれば、必ず相手に伝わります。あなたの心は、全ての人の心とつながっているのです。形を見れば別々ですが、本源においては一つなのです。ですから、真心を持ってやれば、必ず相手に伝わるのです。

 この宇宙には、一つの寛大な心しか無いのです。一つの寛大な魂しか無いのです。つまり、一つの意識しか無いのです。あなたの心は、宇宙の心と一つなのです。ですから思ったことは、一瞬にして宇宙に伝わるのです。

 いくらやってあげても相手に伝わらないという人は、真心を尽くしてやっていないからです。「いいえ私は、真心を尽くしてやっています!」と、言うかも知れません。でも、どんなに形上一生懸命やっても、少しでも不純な思いがあれば、相手に伝わらないのです。これは真理も同じなのです。

 不純な動機で、しかも生半可な気持ちで真理を求めても、神に通じないのです。私の恩師である知花先生は、「心を尽くし、魂を尽くし、精神を尽くし、神を求めなさい!」とおっしゃっておられましたが、神は純なお方ですから、真心を持って真理を求めなくては神に伝わらないのです。

どうか、真心を持って事に当たってください。必ず、相手に、神に、伝わります。

 

※ これだけは言っておきます!「真剣に真理を求めている人の前に、神は絶対石や岩は置かない!」と言うことを・・・。

 

 

 

2016年

9月

25日

● 余計なことを考えないようにしよう!

 余計なことを考えないようにしよう! という意味は、余計な情報を発信しないようにしよう!、という意味です。この宇宙は、考えたこと(想ったこと)が実現する仕組みになっています。皆さんも体験あると思いますが、余計なことを考えれば、余計な情報を発信するようになります。余計な情報を発信すれば、余計な情報を受け取るようになりますから、ますます余計なことを考えるようになります。こうなると、平安な心は維持できません。私達は、情報を多く受け取れば受け取るほど雑念が膨らむようになっているのです。

 余計なことを考えなかったら、余計な情報を発信しませんから、余計な情報が入ってこなくなります。つまり、余計な原因を作らなければ、余計な結果はやってこないということです。

 世の人々は、余計な情報を発信します。余計な情報を発信すれば、余計な原因を作るわけですから、それに見合った余計な結果がやって来ます。良い情報を発信するのでしたら良いでしょうが、殆どが悪い情報ばかりです。だから悪い結果がやってきて、自分が苦しめられるのです。家族間の諍い・企業間の諍い・国家間の諍いなど、この世のすべての諍いは、余計なことを考えるから起きるのです。できるだけ余計なことを考えないようにすることです。そうすれば、余計な情報を受け取らなくなりますから、心穏やかになるのです。

 みなさんは、何が欲しいのですか? 平安が欲しいのではありませんか? 心穏やかでありたいのではありませんか? 心穏やかでありたいなら、外側の情報をシャットアウトすることです。そして、内側に意識を持ってゆくことです。つまり、神を想うことです。

 

※ 意識の不思議な習性

 意識は実に不思議な習性を持っています。どんな習性かといいますと、動いたモノに向かうという習性です。例えば、何かが動いたら意識は動いたものに移動するのです。この宇宙がなぜ創造されたかといいますと、神の想念が動いたからです。神の想念が動いた時点で、意識がその動いたものに向かって移動したのです。意識はエネルギー(素材)そのものですから、動いた想念にエネルギーが移動して、想念通りのモノを創造したわけです。

 この意識の習性(原理)を利用したのが瞑想です。瞑想は想念を動かして行います。例えば「吾神なり!」と想念すれば、その想念に向かってエネルギーが移動し、想ったモノ(神)を創造するわけです。神は創られませんが、エネルギーが原子核(生命核・魂)を増やすのです。前述したように意識はエネルギー(素材)そのものですから、そのエネルギーが想念したモノを創るわけです。 

 

 

 

2016年

10月

02日

● 孤独ではない!

 「真理をやり始めたら孤独になった!」という学びの友がおります。

 確かに、自分の理解力の中においては孤独に感じます。なぜなら、解って貰える人がいないからです。でも、それは仕方のないことなのです。また、それで良いのです。

 理解力だけは共有できないのです。自分の理解力は自分だけのものです。人と付合せすることができないのが、理解力なのです。だから、誰も自分の理解した世界に入れることはできないのです。それは当然です。自分しかいないからです。

 自分しかいない処に孤独は無いのです。いやむしろ、安心なのです。心が穏やかなのです。満ち足りております。それは、何もかにもが自分だからです。すべてが自分だからです。

 

※ 私はこれだけのことを知ったから偉いと思っている人は、何も知らない人です。この宇宙には、知るべきことが無限にあるのです。覚者が偉ぶることがないのは、宇宙の深さを知ったからです。「知っても、知っても、知り尽くせないことがある!」と解った覚者は、謙虚にならざるを得ないのです。皆さんも、どうか謙虚になってください。

 

 

 

2016年

10月

09日

● 自分のための人生である

 この宇宙は一つです。一つは全体であり、全体は一つなのです。その一つが自分なのです。だから、誰のための人生でもありません、すべて自分のための人生です。ですから、他人の成長を考える必要はありません。自分が成長したらそれで良いのです。自分が成長したら他人も成長するからです。

 今起きている出来事は、すべて自分の成長のために起きているのです。ゆえに、苦しいからといって人のせいにしてはならないのです。すべて自分が連れてきたのです。それは、自分が成長したいからです。

 自分のことは、自分が良く知っているのです。自分にどんな欠点があり、どんな課題を克服しなければならないかは、自分が良く知っているのです。だから自分の成長に必要な、人を、物を、環境を、自分が用意して連れてきたのです。

 この宇宙は、自分が成長するために自分が用意した学びの舞台です。

 自分が用意した舞台ですから、その舞台に登場する、人も、物も、環境も、全部自分が用意したのです。

 人のための人生ではなく、すべて自分のための人生であることを知ってください。

 

※ 私たちは間違いなく日々成長しております。さあ、眠る前にこう思ってください。

「私は今日も成長した! 私は今日も成長した! 私は今日も成長した! 」と・・・。

翌朝起きたら、こう思ってください。

「私は今日も成長する! 私は今日も成長する! 私は今日も成長する! 」と・・・。

思ったことは必ず実現します。それは、時間の中に居るからです。時間の中に居る限り、私たちは間違いなく成長するのです。 

 

 

 

2016年

10月

16日

● 単純な処(モノの中)に深みが隠されている。

 この宇宙は単純に出来ています。それは、神が「簡素・完結・単純」な思考の持ち主だからです。食べ物でも、栄養価が高く一番美味しいのは、表面の皮の部分です。真理も同じで、表面の浅みに美味しい味が(謎)あるのです。科学者が複雑に考えるのは、奥深いところに宇宙の謎があると誤解しているからです。

 チルチルミチルは、幸せの青い鳥を探しに旅に出ましたが、探しても探しても見つかりませんでした。疲れ果てて家に帰ってきたチルチルミチルは、フトしたことから自分の中に幸せの青い鳥を発見します。このチルチルミチルのお話は、「真理は一番身近な処にあるのですよ!」ということを教えてくれているのです。ですから、真理を探る(思索する)場合、単純に考えることです。もし難しい真理なら、神は無能な神になってしまいます。なぜなら、難しく創るのは無能だからです。全能の神は、日時計を創るのです。無能な人間は、機械時計を作るのです。無能者は難しい作り方をし、全能者は簡単な創り方をするのです。それが、神と人間の大きな違いです。

 どうか、単純に考えてください。つまり、単純に神を「探して、求めて、叩いて」ください。その単純な作業が瞑想なのです。瞑想には、何の理論も、何の技術も、何の修行も、要りません。ただ単純に、神を想い続けることです。やれば、間違いなく扉は開かれます。難しいことがあるとすれば、続けることだけでしょう。

 

※ この宇宙は私の海です。「私! 私! 私!」だけ居る大海原です。その大海原に生み出された無数の波頭は、個性化された私です。個性化された私だから、自分を見失ってしまうのです。でも、どんなに個性化されても、私に違いはないのです。

 

 

 

2016年

10月

23日

● 何事も思いが先に立つ

 想念は実現の母です。これは、何度言っても言い過ぎることはありません。思えば必ず実現します。それも、強く思えば強く実現し、弱く思えば弱く実現するのです。

 世の中には、心にドロドロしたものを持ちながら、世の成功者と言われる人たちがおりますが、彼らは欲念が強いからこの世の物を引き寄せることができたのです。つまり、世の成功者と言われる人たちは、ただお金や地位や権力を引き寄せる念力が強いと言うだけで、人格とは関係ないのです。だから、世の成功者を人格者と呼ぶのは、正しくないのです。生命核(魂)を大きくした人が、人格者なのです。ですから、正しくは「命格者」と呼ぶべきでしょう。 

 「身・口・意」という言葉がありますが、「身・口・意」の真の意味は、何事も思いが先立って実現されるという意味です。思って、言葉になって、行為になるのです。この世は波動が荒いため、思ってもすぐに実現しませんから、思いが言葉や行為に結びついていると思えませんが、意識界(幽界)は波動が精妙なため思ったらすぐ実現するのです。しかし波動の粗いこの世でも、何度も思えば間違いなく実現します。事実、病気・事件・事故・テロ・戦争・自然災害などは、思いの産物ではありませんか? だからイエス様は、思いに対しても「汝姦淫するなかれ!」と戒められたのです。「私は何度も思ったが実現しなかった!」という人がおりますが、それは未だ結果が降りていないだけで、いずれ必ず実現するのです。例え今生実現しなくても、来生以降何らかの形で実現するのです。

 「私は思いと裏腹な言葉が話せます」と言う人がおりますが、そんな芸当は絶対できません。裏腹な思いを持っていても、話す瞬間正常な思いを持ち正常な言葉を語っているのです。また「私は言葉は汚いが、心はきれいだ」という人がおりますが、そんなことも絶対ありません。悪い想いを持っているから、悪い言葉が出てくるのです。例え褒め言葉を語ったとしても、腹の底に悪意を持っていれば、おべんちゃらに聞こえるのです。だから、褒められても嫌な気分になるのです。

 この世では、思いの伴わない行為があります。反射運動がそうです。思わなくても体が勝手に動く現象です。何度も何度も身体に覚えさすことによって生まれる条件反射的行為ですが、それは肉体細胞自体に意識があるためで、アスリートはこの条件反射をうまく運動に利用しているわけです。しかしこれも、身体に何度も覚えさす段階で思いが関わっているわけですから、やはり思いがしているのです。

 このように、すべて思いが先立っての話なのです。

 

※ 身口意

身口意という言葉があます。この身口意の「身」とは行為のこと、「口とは言葉のこと、「意」とは想いのことです。「身」も「言葉」も五感で捉えられます。でも、「意」は五感で捉えられません。だから、どうしても「意」を軽視してしまうのです。でも、この三つのうちで一番大切なのは、「意」です。なぜなら、身を動かすのも、言葉を話すのも、想いがやっているからです。原因(想い)あっての結果(言葉や行為)です。「想」いは原因次元なのです。「言葉や行為」は結果次元なのです。結果は原因なしに生まれないのです。でも、人間は「意」を軽視し、平気で悪い想いを持っています。それは想念の恐ろしさを知らないからです。私が「想念が全てですよ!」と口うるさく言うのは、「意」だけが真実だからです。言葉も行為も現象で、真実では無いのです。何が最も大切か、この際もう一度考えてみてください。

 

 

 

2016年

10月

30日

● 霊性の進化を遂げて行く私たち

 この宇宙には、全く波の無い霊から波動の粗い物質的霊まで、様々な種類の霊が存在します。本当は、全く波の無い霊しか存在しないのですが、それでは表現ができないので、神は波動を下げ物質的霊を創造されたわけです。私たちは、その全く波動の無い霊(神)から出てきた霊(神)の子供たちです。ですから私たちは、霊性の進化を遂げ波の無い霊(神)の世界に帰って行かなければなりません。

 世の中には、沢山の物を集めている人たちや、部屋に鉱物を置いたり、植物を置いたり、猫や犬を飼っている人たちがおりますが、私たちはそんな波動の粗い物から、一日も早く抜け出さなくてはならないのです。なのに懐かしいからと言って、波動の粗い鉱物や植物や動物を身近に置いていて良いでしょうか? 部屋の飾り物として置くなら良いでしょう。でも観賞用として、或いはペットとして置くのはいかがなものでしょうか? 

 物質は波動が低いのです。霊は波動が高いのです。どうか波動の高い霊(神)を意識して生きてください。私たちは、霊性の進化を遂げるために生まれてきたのですから・・・。

 

※「霊」とは、巷間で言われている「祟の霊」とか、「迷いの霊」とか、「動物霊」とか、そんな幽霊(幽界の霊)ではないのです。「霊」とは、神です。創造主です。生命です。意識です。光です。エネルギーです。

「霊性の進化」とは、神の子である人間が、元の「神の霊」に帰る進化のことなのです。どうか「霊」を誤解しないでください。

 

 

 

2016年

11月

06日

● 全部自分が創っている

 皆さん、よく考えて見てください。どうして自分がいるのですか? どうして相手がいるのですか? 自分がいるからではありませんか? 勿論、自分がいなかったら自分もいないし、相手がいないのも当然です。一体、自分なしに何があるのですか? 一体、自分なしに何が始まるのです? 自分抜きでは、何も始まらないのです。ということは、自分がすべてのモノを生み出しているということです。 つまり、自分が自分を創り、相手も創っていると言うことです。 

 “いいえ、自分がいなくても相手はいますよ!”と、あなたは言うかも知れません。でも、自分がいなかったら、相手がいるかいないかどうして分かるのですか? 自分がいなくなった瞬間、相手がいなくなっているかも知れないのですよ。

 そうなのです。自分抜きでは、何もあり得ないのです。親も、子も、友だちも、地球も、宇宙も、全部自分が創っているのです。と言うことは、自分が創造主であると言うことです。お釈迦様が言われた「天上天下唯我独存(尊)」の意味を噛み締めてほしいものです。

 宇宙の存在を証明できるのは、自分しかいないのです。自分抜きでは、何も証明できないのです。だから、自分が存在していた時には宇宙が存在していたし、宇宙が存在していた時には、自分が存在していたのです。自分は、宇宙の存在を認めてやれる唯一の存在者なのです。と言うことは、「自分は神である」ということです。だから、自分と言う字は「神が(自)らを(分)けた」と書くのです。

 勝手に相手がいると思ってはなりません。相手は、自分が創った相手なのです。自分が連れてきた相手なのです。自己完結型宇宙が成り立つのは、自分しかいないからです。1しか無いからです。

 

(この数式が、自分しかいないことを証明している)

 

 1しか無いなら、自分しかいないなら、すべての物は自分で創造するしかないでしょう。つまり、自己完結型宇宙に成らざるを得ないわけです。

 

※ 永遠の昔より宇宙が存在していると言っても、そのことを認める者がいなくては、単なる観念論にしか過ぎません。ですから どうしても、意識を持った認定人(判定人)である人間が必要なのです。

 

 

 

2016年

11月

13日

● 吾真理なり!

 真理とは、不変不動永遠不滅なるモノです。何が起きようが、絶対変わりようのないモノが真理です。その真理は、この宇宙に一つしかありません。では、一つしか無いモノとは何でしょうか? それは意識です。意識は、この宇宙に一つしか無いのです。意識は、絶対無くならない不変不動永遠不滅なる真理なのです。その意識のことを、神とか、仏とか、生命とか、キリストとか、ブッタとか呼んでいるだけです。

 対して非真理とは、必ず無くなるモノです。どんなに見えても、触れても、必ず無くなるモノが非真理です。それは、本当に無いからです。ということは、この世も、幽界も、必ず消えてなくなりますから非真理(幻)と言うことになります。今私たちは、非真理の世界にいるのです。幻の世界にいるのです。

 このように真理とは、永遠に無くならない意識です。ということは、私たちは、真理ということになります。なぜなら、私たちは、意識を持っているからです。私たちは、意識そのものなのです。

「吾真理なり!」

「吾真理なり!」

「吾真理なり!」です。

 

 

※私たちは、真理を得るために生まれてきたのです。学校に行くのも、仕事をするのも、家庭を持つのも、すべて真理を得るための方便です。お金も、財産も、地位も、名誉も、真理を得るための方便です。方便のために悩み、方便のために苦しまないでください。どうか、本当の自分を知ってください。意識の自分を知ってください。それも頭で知るのではなく、心の底で知ってください。心の底で知ったら、至福感に満たされます。その人は、もうこの世の何も欲しがらないでしょう。

 

 

 ※ どうして消えるの?

 あなたの周りから、毎日 沢山の人たちが消えていっています。勿論 あなたも、いつか必ず消えてしまいます。人間だけではありません。花も、木も、犬も、猫も、あなたが住んでいる街も、国も、この地球でさえも、いつか必ず消えてしまいます。どうして消えてしまうのですか? それは、本当に無いからではありませんか? その本当に無いモノのために、どうしてあなたは、命を削ってまで生きようとするのですか? 本当に有るモノのために生きましょう。本当に有るモノとは、意識です。どうか、本当に有るモノと本当に無いモノの識別をしてください。

 

 

 

2016年

11月

20日

● 望ましい日常生活

 私たちは、霊性の進化を遂げてゆかねばならない高貴な霊の子です。その高貴な霊が、グルメに夢中になり、快楽に溺れ、物欲に明け暮れている、実に動物的生き方だと思いませんか? 一般人は仕方ないとしても、真理を学んでいる私たちは、一日も早くそのような生き方から卒業しなければなりません。では、どのような日常生活が望ましいか、考えてみることにしましょう。

○ 人生の目的を見失わないこと。

私たちは、本当の自分を知るために生まれてきました。この大目的を見失っては、何のために生まれてきたのか分かりません。私たちは、「私は神の子である!」と心の底で思えるようになるために生まれてきたのです。

○ 今の今を大切に生きること。

「私は神の子である!」と心の底で思えるようになるためには、瞑想は欠かせません。そのためには、今の今を大切に生きなければなりません。今の今を大切に生きるとは、神を想うこと、生命を想うこと、つまりマントラを想うことです。日常生活の何をやるにも、「神がやっている!」と思いながらやることです。

○ 原因と結果の法則と陰陽の法則を守ること。

原因と結果の法則と陰陽の法則を守るのは、求道者として当然の義務です。真理を学んでいる者なら、この法則を常に胸に秘めて生きなければなりません。

○ 正しい想念を持って生きること。

想念は実現の鍵です。あなたの成長は、想念次第なのです。

想念については、これまでクドいほど述べていますのでここでは触れませんが、今まで学んだことを何度も復習してください。どうか、想念を良いことに使ってください。良いことの一番は、神を想うことです。良い思いを持つことです。すなわち、瞑想をすることです。

○ 家族との生活は、情愛と感情を克服する学びの一環です。つまり、情に流されずかつ情を失わずの情と、厳しからず甘からずの愛を家族を通して学ぶことです。

○ 終わった過去のこと、まだ来ない未来のことをくよくよ考えないことです。先読みしないことです。妄想を抱かないことです。余計なことを考えないことです。

○ 嫌なことから逃げないこと。

与えられた嫌なことから逃げないことです。嫌なことを追いかけなさいと言っているのではありません。やって来たら逃げないでやりなさいと言っているのです。

○ 人事をつくしたら、後は天に委ねること。

 やるだけのことをやったら、くよくよ考えたり、心配したりしないで、待つことです。神は、最善を尽くした者を見捨てるわけはないのです。

 今やらねばならないことを淡々とこなすことです。

○ 中庸の生き方をすること。

この世は、すぐに旅立たねばならない腰掛けの世界です。そんな腰掛けの世界で、命を削ってやることなど一つもないのです。ほどほどに、中庸を守って生きたら良いのです。五十歩百歩の生き方をすることです。

  • 食事もほどほどに
  • セックスもほどほどに
  • 運動もほどほどに
  • 睡眠もほどほどに
  • 楽しみもほどほどに
  • お金もほどほどに
  • 衣食住もほどほどに
  • 清潔感もほどほどに
  • 教育もほどほどに
  • 仕事もほどほどに
  • 慣習・風習・習わし・仏事や神事や祭事もほどほどに
  • 情報のやり取りもほどほどに(余計な情報のやり取りをしないこと)
  • 近所付き合いもほどほどに
  • 友達同士の付き合いもほどほどに

○ 一生懸命やること。

ただし、やるときには一生懸命真心を込めてやることで す。一生懸命やっていれば、周りの人たちも見習い一生懸命やるようになります。一生懸命やっている姿は輝いています。その輝いている姿を、周りの者に見せることです。特に自分の家族の者に見せることです。一生懸命やれば原子核は間違いなく増えます。

○ 腰軽になること。

体を動かせば動かすほど、原子核は大きくなります。つまらないことでも良いですから、体を動かすことです。腰軽は、サタンに勝つ一番の方法なのです。

○ 繰り返すことを嫌がらないこと。

真理というものは、一度や二度で身につくものではありません。何度も何度も繰り返すことで身につくのです。何度も何度も読むことです。何度も何度も聴くことです。何度も何度も見ることです。何度も何度もやってみることです。繰り返すことを嫌ってはなりません。面倒かもしれませんが、手間を掛けることです。手間を掛ければかけるほど成長するのです。

○ この世の物を愛玩しないこと。

私たちは、鉱物 植物 動物と進化を遂げ、やっと自我の持つ人間まで成長してきたのです。それだけ苦しい進化の過程を踏んできたということです。なのに、懐かしがって鉱物や植物や動物などの愛玩物を身近に置いていては、進化の妨げになります。愛玩するのは、懐かしいからです。家の中にそのような愛玩物を置けば波動が落ちるのです。私たちは、一日も早く波動の低い物質から波動の高い霊に上り詰めねばならないのです。

○ その他、日常生活で守らねばならないこと。

  • 買い貯めしないこと。
  • 物を寝かさないで使ってやること。
  • できるだけ歩くこと、できるだけ動くこと。
  • 互いに環境を守り合うこと。
  • 親切心でやってあげ相手の学びを奪わないこと。

やるなら、相手の成長を考えやること。

 

 以上、望ましい日常生活をピックアップしてみました。どうか参考にしてください。

 

 魂が成長すれば、守るべき内容も厳しくなって行くでしょうが、安心してください。成長した魂にとって、その厳しさも、そう厳しいとは思えなくなるのですから・・。

 

 

 

2016年

11月

27日

● 私(自分)しかいない!

 全てが私なのです。この、大宇宙、大自然、鉱物、植物、動物、人間、全てが私なのです。空気、水、土、全てが私なのです。創造物の全てが私なのです。なぜなら、私が全ての創造物を創りその中に居るからです。

 私は全てのすべて有りてあるものです。私に恨み言を言う人も、罵声を浴びせる人も、嫉妬する人も、みな私なのです。

 私の中に私が居るのです。あなたの中に私が居るのです。すべてのモノの中に私が居るのです。そして、私の中に私がおり、私の中にあなたが居るのです。私の中にすべてがあるのです。だから何も、誰も、批判できないのです。すべて私の責任です。

 痛みの中に私が居るのです。苦しみの中に私が居るのです。悲しみの中に私が居るのです。勿論、感動の中にも、喜びの中にも、幸せの中にも、私は居るのです。

 私は自由に何でも創造できるのです。何処にでも行けるのです。

 私には生がないのです。だから死もないのです。私は永遠不滅の存在です。無限の存在です。私には限定が無いのです。だから私は自由です。自由なるがゆえに、完全なのです。

 私には失敗はないのです。たとえ失敗に見えても、それは成功のための失敗ですから成功なのです。ということは、どこまでも完全であるということです。私に不完全はないのです。この宇宙が今日まで存続してこられたことが、それを証明しているのです。

 私のいない時はないのです。私のいない宇宙は無いのです。私抜きの宇宙など無いのです。私抜きのドラマなど無いのです。

 

だから私が私を愛するのです。

だから私が私を慈しむのです。

だから私が私を労るのです。

 

私の中の私です。

私の内の私です。

私しかいないのです。

 

 

 

2016年

12月

04日

● 業の輪廻を断ち切るには?

 私はよく言います。過去世の人の業をあなたが背負うことはない、魂に背負ってもらったらいいと・・・。たしかに、その通りです。でも、実際に今苦しいのです。今痛いのです。放おっておけるでしょうか?

 ではどうすれば、過去世の業の苦しみから逃れられるか、実例を参考に考えてみましょう。

・実例1

 私は神経質な母親の想念の悪影響を受け、幼い時からとても胃腸が弱かったのです。大人になってもその影響は続き、時々下痢などをしていたのです。でもある時、母親の暗示が胃腸を弱くしていたことに気付いたのです。私はそれ以来、下痢が起きてもその下痢を良く受け取るようにしたのです。つまり、「ああ今、業(暗示)が消えている! 消えている! 消えている!」と思って、業の上乗せをしなかったのです。業というものは現象(幻)ですから、放っといたら消えて無くなるのです。でも痛みや苦しがあるため、どうしても新たな業を作ってしまうのです。

 痛くても、苦しくても、これは業の消えている状態だと思って心配しないことです。痛んだら、苦しくなったら、「今業が消えていっている! 嬉しいな! 嬉しいな!」と思うことです。悪く思うことが一番良くないのです。心配や悩みが、一番良くないのです。

 

・実例2

 ある学びの友から、大変嬉しいお便りをいただきました。その学びの友は、自分の息子から暴力を受け悩んでいたのです。その息子さんは、生まれた時から父親になつかなかったらしく、父親の顔を見るとすぐに泣き出したらしいのです。父親も、そんな息子を好きになれるわけがありません。ですから、何かにつけて厳しく当たってきらしいのですが、そのためか、大きくなるにつれ父親に暴力を振るうようになったというのです。私は、彼にこうアドバイスしました。

 「あなたは過去世において、その子と敵対関係にあったため、お互いに好きになれない業を持ち合っているのです。その業を解消するには、子供さんから何をされても言われても、甘んじて受けることです。ここが一番肝心なところです。たとえ息子さんからどんな仕打ちを受けても、”ああ! 今業が消えている。嬉しいことだ! 良いことだ!”と思うことです。決して、腹を立てない、憎まない、恨まないことです。これが、業の上乗せをしないコツです。業の上乗せをしなければ、つまり悪い原因を作らなければ、悪い結果はやってこないのです。反対に腹を立てれば業の上塗りをするわけですから、いつまでも業の輪廻から抜け出すことが出来ないのです。これは、大変努力のいることかもしれませんが、強い意志を持ってやれば間違いなく息子さんは変わります」と、私はアドバイスしたのです。

 彼は私のアドバイスを聞き入れ実行したわけですが、半年ほどすると息子さんの態度が少しずつ変わってきたといいます。そして一年たった今は、息子さんと和やかに話せるほどになったというのです。

 私たちの想念は、一度に二つのことは思えないように出来ています。良いことも思い悪いことも思えないのです。この想念の性質を、カルマの解消に利用することです。つまり、常に神を想うことです。神を想っている時は、悪いことは思えないわけですから、カルマは消えてゆくのです。

 

 この表現宇宙は、白板のようなものなのです。白板に書かれた文字は、時間が経てば消えてゆくように出来ているのです。新たな文字さえ書かなければ・・・。業も同じなのです。新たな業を作らなければ、時間が来れば自然と消えてゆくのです。でも苦しいと、どうしても業の上塗りをしてしまうのです。

 病気の苦しみも、息子の乱暴な態度も、みな現象です。現象は実際には無いのです。その実際に無い現象に惑わされ悪想念を抱くから、苦しい結果がやってくるのです。想念は何でも生み出すのです。想念ほど恐ろしく、また頼もしいものはないのです。

 どうか、悪い原因を作らないようにしてください。そうすれば、間違いなく今の苦境を乗り越えることができます。「原因と結果の法則は間違いない! 」ということを強調しておきたいと思います。

 

※ なぜ業は放っといたら消えるのか? その謎をはっきりさせたいと思います。

業というものは現象であって、実在しているものではありません。人の悪想念が作った現象(幻)です。幻ですから、放おっておいたら消えて無くなるのは当然なのです。でも何も残さず消えていったのでは、悪想念が苦しみの原因であることに気付いてもらうことができません。そこで神は、業が消える時に痛みや苦しみを合図として残してゆくよう仕組まれたのです。でも人間は、その合図の意味が解らないため、再び、心配したり、恐怖したり、悩んだりして、業の輪廻を生み出しているわけです。この業の輪廻から抜け出すには、痛み苦しみは業が消える時に残す合図だと思うことです。

痛み苦しみを悪く受け取れば、エネルギーを落としてしまうのです。つまり、否定(悪いと思えば)の思いはエネルギーを落とすのです。肯定(良いと思えば)の思いはエネルギーを高めるのです。痛み苦しみは業が消える合図ですから、良い事として肯定しなくてはならないのです。

 悪い業を消そうと思っても、なかなか消せるものではありません。放っといたら消えるのですから、消す必要はないのです。悪い原因を新たに作らなかったらいいのです。どうか、「この痛みや苦しみは業の消えてゆく合図だから、良い事だ! 嬉しい事だ! 嬉しい! 嬉しい! 嬉しい!」と思ってください。そうすればエネルギーが高まりますから、痛みや苦しみは消えて行くのです。神は業を消すこんな簡単な方法を用意してくれているのですから、それを利用することです。

 

 

 

2016年

12月

11日

● 人は本来、誰でも幸せに生きられるように創られている

 人は本来、誰でも幸せに生きられるように創られているのです。あるモノさえ正しく使っていたら・・・。 あるモノとは、想念のことです。神は私たちに、「想念」という素晴らしい宝物を与えてくれました。この想念を正しく使えば、誰もが幸せに生きられるのです。でも今の地球人類は、そのことを知らないのです。「無知こそ最大の罪」と言われるのは、知らなければ正しく使うことができないからです。

 想念は誰でも自由に使えるのです。何処に行く必要もありません。誰にも邪魔されません。国の違い・人種の違い・大人子供・男女・貧富の差、一切関係ありません。ただ、どう使うかだけです。

「想念を正しく使いましょう!」

「想念を正しく使いましょう!」

「想念を正しく使いましょう!」

 これは、何度言っても言い過ぎると言うことはありません。なぜかと言いますと、私たちは、すぐにサタンにやられてしまうからです。サタンにやられると、良い想念が持てなくなるのです。

 さあ、良い想念を持ちましょう。良い想念を持てば、私たちに苦しみは無いのです。

 良い想念の一番は、神の想いです。

「吾神なり!」

「吾神なり!」

「吾神なり!」

 これ以上の良い想念はありません。

 

 ※ 地球人類はみな自殺している

 今日、日本国内だけでも3万人近い自殺者を出していますが、本当は死人全員が自殺しているのです。なぜなら、想念を悪用し死を招いているからです。病気の死も、事件や事故の死も、災害の死も、戦争の死も、みな悪想念によって招いているのです。だから私は、地球人類はみな自殺しているというのです。

 

 

 

2016年

12月

18日

● 単純な学び!

 “何だ! ただ神を想い続けていればいいだけじゃない!”とあなたが気付いたら、もう学びは終わりです。

 実に単純な学びです。神は私たちに、こんな単純な学びをさせているのです。私たちが今日まで何万転生もしてきたこの世の学びは、この単純な学びを修業することだったのです。何万転生してきた学びが、この想念のコントロールであったと解った途端、笑ってしまいます。唖然としてしまいます。正に目からウロコが落ちる思いです。

 肉体は影ですから、何の力もありません。病気や事故災難を作っているのはすべて想念です。だから、良い想念を使っている限り不幸はないのです。つまり、神を想い続けている限り悪業は作らないわけですから、不幸はないということです。勿論、自分の欠点も無くなります。原子核が増えますから、自覚の境界線も超えられます。神を想い続ければ良いこと尽くめなのです。だから、私の恩師である知花敏彦氏は、“私たちの最後の学びは、想念のコントロールなのですよ! ”と言われたわけです。どうか、想念の学びの重要さを知ってください。

 何も難しいことを考える必要はないのです。また余計なことを考える必要もないのです。ただ、神を想い続けていれば、人生の学びは終わるのです。  

 さあ! 子供心で、単純に! 単純に! 単純に!  素直に!  素直に! 素直に!神を想い続けてください。神を想ったら、良いこと尽くめなのですから・・・。

 

神を想い続けていれば、病気にもなりません。家族関係も良くなります。心配も恐怖もなくなります。勿論、サタンにもやられません。神を想ったら、良いこと尽くめなのです。さあ、子供のように素直な気持で、神を想い続けましょう!

 

 

 

2016年

12月

25日

● 最後の学び

 神が苦しみを与えているのではありません。私たちが、自分の想念を悪く使って自分に苦しみを与えているのです。想念を悪く使うのは、長い転生で付けた悪癖なのです。克服しなければならない最大の課題です。でも神は、自我を持たせた段階で、すでに悪癖を無くす方法を授けてくれていたのです。それは、「想念を良く使うこと! 」と言う簡単な方法です。ですから本当は、反省さえ必要ないのです。私が反省を勧めるのは、耐え難い苦しみを消す即効性があるからです。でも、自己完結型宇宙の仕組みを知ったら、反省の必要は無くなるのです。反省対象の相手は、実際にはいないからです。痛みや苦しみが来た状態は、すでに業の消える工程に入っているのですから、業の上乗せをしない限り、黙っていても業は消えてゆくのです。上乗せするから、また同じ痛みや苦しみがやってくるのです。

 宇宙の仕組みは実に単純です。「悪想念を使って苦しみを生み出したなら、良い想念を使って苦しみを消しなさい!」という単純な仕組みです。この仕組みを利用したら、私たちに苦しみは無いのです。それどころか、人類に、地球に、宇宙に、貢献できるのです。お金もかかりません。何処に行く必要もありません。ただ、悪想念を使わないようにするだけです。とはいっても私たちは、どうしてもチラッチラッと悪いことを思ってしまいます。これが厄介な点なわけですが、でもその時は神を想えば良いのです。神を想えば「業を作らない、自分の欠点は無くなる、原子核も増える」正に良いこと尽くめです。さあ、神を想い続けましょう。

 

※人類は、未だに想念の偉大さを知らないで生きているのです。だから悪想念を使い、自ら苦しみを招いているのです。想念は何でも生み出し、何でも実現させ、何でも成就させるのです。でも地球人類はそのことを知らないため、悪想念を使っては苦しんでいるのです。

 あなたの苦しみは、あなたの想念が作ったのですよ!

 あなたの人生は、あなたの想念が作ったのですよ! 

もうそろそろ気付いて良い頃ではありませんか?

 

 

 

Google自動翻訳