第二集 2016年

2016年

1月

01日

あなたは何が欲しいの? パート1

 皆さんは、何が欲しいのですか? 学者の皆さんも、政治家の皆さんも、教育者の皆さんも、一般人の皆さんも、何が欲しいのですか? お金ですか? 物ですか? 地位や名誉や権力ですか?

 それは、幸せではありませんか?

 お金や地位や名誉や権力があれば幸せが得られると思うから、そういうものを必死になって追い求めるのではありませんか。でも、よく考えてみてください。幸せはお金や物で得られますか?・・・地位や名誉や権力で得られますか?・・・得られるなら、大王様はみな幸せになっているはずです。でも、いつの時代の大王も、「虚しい!、空しい!、むなしい!」といってこの世を去ります。これまで幸せをあの世に持ち帰った、大金持ちも、権力者も、大王もいないのです。なぜなら幸せは、お金や物や地位や名誉や権力で得られるものではないからです。幸せは、意識状態なのです。では本当にそうなのか、実験してみましょう。

 ここに、お金や財や地位や名誉があれば幸せが得られると主張する若者(A)と、心が得る手段であると主張する若者(B)がおりました。二人は幸せについて論争しましたが、いくら論争しても結論が得られません。そこで、どちらの主張が正しいか試すために、Aには使い切れないほどのお金と権力を与え、Bには日々生きられるだけのお金と、真理を与えました。二人はそれぞれ、自分の信条に基づいた人生を歩みはじめます。この二人が、五十年後再会しました。その時の二人は、80才くらいになっているはずです。

 さて、生き生きとした顔で現れたのは、Aでしょうか? Bでしょうか? そしてこの二人の口から出てくる言葉は、どのような言葉でしょうか? 想像してみてください。

2016年1月1日更新

 

思いついた時が、最良の時です。

思いついた時にやりましょう!

腰軽になりましょう!

 

明るく明るく朗らかに・・

何ごとも良く受け取り・・

神を想い・・光を想い・・

日々生活しましょう!

 

悩むことなどありません。

どっちに転んだって、この世は夢幻なのですから・・・。

 

 

 

2016年

1月

15日

自分は変わらない!

 私たちは、自分のことを肉体だと思っています。その肉体を自分だと思っている自分は、小さな肉体を自分の住処として生きているのです。その自分の意識が成長し、地球を体として持つようになったら、地球を自分だと思って生きるようになるのです。更に意識が成長し、太陽系を自分の身体として持つようになったら、太陽系を自分だと思って生きるようになるのです。更に意識が成長し、銀河系を自分の体として持つようになったら、銀河系を自分だと思って生きるようになるのです。しかし、どんなに体が大きくなっても、自分は何も変わらないのです。

 私たちは神の意識核を集め、鉱物・植物・動物・人間へと成長してきましたが、自我を持つようになった人間以降の自分は、単に大きな体を纏うようになっただけで、自分は何も変わっていないのです。違う点といえば、意識核が大きく成長した分、理解力が増し創造能力が大きくなった点です。だから、“自覚の境界線を超えたら自分が無くなるのではないか?”といった心配はしないでください。

 今人類は、肉体人間を自分として生きていますが、やがて地球を体に持ち、太陽系を体に持ち、銀河系宇宙を体に持ち、大宇宙を体に持つところまで進化して行くことでしょう。しかし、どんなに大きな体を持つようになっても、自分は何も変わらないのです。つまり私たちは、今の意識状態を保ちながら自分を感じているのです。

2016年1月15日更新

 

 

 

2016年

2月

01日

業を掴んではならない!

 今、痛み苦しんでいる人たちに進言したいと思います。その痛みや苦しみは(事故・災難・病気など)、自分が過去に放った悪想念の結果であると・・・。でも、そう悲観することはありません。なぜなら、その痛みや苦しみは業の消えている状態だからです。業は、放って置いたら消えてゆくのです。業が消えてゆくのは、業自体は生きてはいないからです。業を作り、業を生かしているのは、人の想念なのです。その想念を絶てば、業は力を失い、消えてゆくしかないのです。業の消滅を次のように考えたら、そう悩むこともないでしょう。

 たとえば今、自分の倉庫(心)に100個の在庫品(業)を抱えていたとしましょう。今日10の痛み苦しみがやってきたら、10個の在庫品(業)がはけたと思えばいいのです。たとえ一度に50個の痛み苦しみがやってきたとしても、50個分の在庫品(業)がはけたのですからそれは良いことなのです。注意点は、新たな在庫品(業)を抱えないようにすることです。多くの人が痛み苦しみから抜け出せないのは、業の上塗りをするからです。

 たしかに痛み苦しみがくれば、どうしても業の上塗りをしてしまうものです。でも、それに打ち勝たねば、いつまでも業の輪廻から抜け出せないのです。では打ち勝つためには、どうすればいいのでしょうか?・・・

 それは、「この痛みや苦しみは業の消えている状態だから有り難いことだ!」と思うことです。つまり、痛みや苦しみがやってくる度に、「一つ業が消えて行った! ああまた一つ業が消えて行った! 有難うございます! 有難うございます!」と思うことです。そのように思えば、痛みや苦しみは半減します。

 事故・災難・病気などの不幸は、過ちを気づかせる警告ですから、気づいて生き方を正したら業は消えてゆくのです。業の上塗りさえしなければ・・・。この業の上塗りさえしなければ、ということがとても大切なことなのです。

 業の上塗りをしないためには、今の今を正しく生きることです。今の今を正しく生きるとは、良いことを想い続けることです。その良い想いの一番が、神を想うことなのです。

2016年2月1日更新

 

 

 

2016年

2月

15日

宇宙数学

○認識者が存在しない場合は、被認識者も存在しないから、宇宙は存在しない。

 すなわち、

(被認識者)×(認識者)=(宇宙・・神)

( 0 )×( 0 ) =( 0 )

 です。

 ただし、これでは宇宙は「無」になってしまうので、この状態はあり得ません。

 

○認識者が存在する場合は、被認識者も存在することになるから、宇宙は存在する。

 すなわち、

(被認識者)×(認識者)=(宇宙・・神)

( 1 )×( 1 )=( 1 )

 です。

 認識者と被認識者は一対で存在するので、認識者1が存在する限り、被認識者0ということはあり得ないのです。

 被認識者の1は、仮数(分数・幻数・陰・相対)であり、認識者の1は、実数(元数・真数・陽・絶対)です。

 宇宙の1は、中数の1であり、中性・中庸の宇宙という意味です。

 したがって、この中数の1は、実数の1よりはるかに進化した、偉大な1となっているのです。生ぬるい湯に浸かっていた時の神の子と、荒野に出て鍛えあげられた神の子の、どちらが強い神の子になっているかは、言わずもがなでしょう。

 では、被認識者が複数存在する場合、宇宙はどうなるのでしょうか。被認識者の数だけ宇宙は存在するのでしょうか?。

 いいえ、どんなに被認識者が沢山存在していても、一つしか宇宙は存在しません。なぜなら、被認識者は認識者1から生まれた分身だからです。

 すなわち、

(被認識者)×(認識者)=(宇宙・・神)

( 2 )×( 1 )=( 1 )

 であり、

(被認識者)×(認識者)=(宇宙・・神)

( 100 )×( 1 )=( 1 )

 なのです。

 2100も分数で、実数1の分身です。

 客観的に見たら、被認識者の数だけ宇宙が存在するように思われますが、被認識者と認識者は一対で存在するので、宇宙は一つしか存在しないのです。客観視できるのは、被認識者と認識者が独立して存在する場合ですが、そんな見せかけは永遠にはあり得ないので、宇宙は一つしか存在しないのです。

 この宇宙には、一様の認識者しか存在しません。しかし、それでは認識者の存在はあり得ないので被認識者を創り、その被認識者を通して認知してもらうことで、認識者の存在を確かなものにしているのです。

 仮数は実数から生まれた幻で、実在している数字ではありません。ということは、認識者しか存在しないことになり、それは1であるということになります。だから、人間は神であり、神は人間なのです。

2016年2月15日更新

 

 

 

2016年

3月

01日

運命を良くするには?

 運命とは「命」を「運」ぶと書きます。「運命は変えられない!」という人がおりますが、私たちは命の当人ですから、自分で運命をどうにでも変えることができるのです。ただし、この世に生を受けると、どうしても迷いの糸を絡ませてしまうため、自分で運命を変えられない状態にしてしまいます。それも、一生や二生の糸の絡みあいではないので、元の状態に戻すには相当の時間と手間がかかります。ですから、「運命は変えられない!」という誤解を招いてしまうわけです。では、絡みあった糸を解きほぐすには、どうすれば良いのでしょうか? それは、法則に違わない生き方をすることです。法則とは良心のことですから、良心に沿った生き方をしていれば、糸の絡みは解きほぐされ、良い方向に運命が展開して行くのです。運命が良くなった状態とは、糸の絡みが少なくなった状態を言うのです。それは誰かがするのではありません。自分の力でするのです。私たちは生命ですから、それができるのです。具体的には、家庭を中心に社会体験をすることです。瞑想をすることです。思索をすることです。

 「仏」という字は、解ける(ほどける)という意味ですが、これは絡みあっていた迷いの糸が解ける(ほどける)という意味です。迷いの糸が解ければ、知恵が増します。判断力が増します。理解力が高まります。気づきが起きます。環境が良くなるので、より自由になります。だから、運命は間違いなく良くなります。今運命が良くないと悩んでいる人は、ぜひ原子核を増やしてください。原子核を増やせば迷いの糸が解けるため、間違いなく運命は好転してゆきます。

2016年3月1日更新 

 

 

 

2016年

3月

15日

必然性の凄さ

 私が神に頭を垂れる一番の理由は、神が創られた必然性の完璧さです。しかもこの必然性は、すべて自分の成長に結びついた必然なのです。この宇宙で展開されているできごとを、良く観察してみてください。すべて進化のための必然であることが分かります。親和力によって塵が集合し新星が誕生するのも必然、月食や日食が起きるのも必然、木星や土星が枯れた星になるのも必然、人類が経済活動をして地球資源を食い潰すのも成長のための必然です。宇宙の出来事で、成長に結びつかない必然は一つもないのです。ですから、あなたにもし何かが起きたら、これは自分の成長のために必要な必然だと考えてください。

  この宇宙に偶然と言うのは、一つもないのです。雪が降ったのも必然です。車がスリップ事故を起こしたのも必然です。電話が話し中なのも必然です。あなたが腹を立てたのも必然です。今そう思えないのも必然です。そう思えたのも必然です。人に騙されたのも必然、騙したのも必然です。欲に誘われ、やってはならないことをやったのも必然です。でもその必然は、みな良いことだったのです。なぜなら、どんな必然も自己成長に結びついていた必然だからです。それは誰かが与えたのではありません。与えたのも自分、体験したのも自分、その体験によって成長したのも自分、全部自分が与えたのです。すなわち、自分の成長に必要な必然を自分が与え、その必然によって自分が目覚め自分を成長させてゆくという、自己完結型宇宙における必然なのです。これは、この宇宙に一つのモノしか無いから、つまり自分しかいないから、自己完結型の学びにならざるを得ないわけです。でも、それも必然なのです。もしあなたが、自己完結型の必然性を心の底で理解できたら、もうあなたに一抹の不安も無いでしょう。

2016年3月15日更新

 

 

 

2016年

4月

01日

あなたは何が欲しいの? パート2

 あくせく働いているあなた、一体何が欲しくてあくせく働いているのですか?・・・

、お金が欲しくて?・・・、物が欲しくて?・・・、地位や名誉が欲しくて?・・・

、そうじゃないでしょう。幸せが欲しいからではありませんか?

 世の人々は、お金で幸せが買えると思っております。だから、朝早くから夜遅くまで躍起になって働いてお金を稼いでいるのです。でも、未だかってお金で幸せを買った人は一人もいないのです。もし、お金で幸せが買えるなら、大王や大金持ちはみな幸せになっているはずです。でも大王も大金持ちも、みな「虚しい! 虚しい! 虚しい!」と言ってこの世を去ります。

 幸せは肉体が感じるのではなく、意識が感じるのです。幸せとは、意識状態なのです。だから私たちは、形(肉体)に囚われる必要はないのです。形を持たなくても、幸せは得られるのです。どうでしょう。肉体を持っていると不自由ですよね。煩わしいことも沢山ありますよね。移動するには、乗り物に乗せねばならないし、臭くなるから、風呂にも入れねばならないし、お腹がすくから、食べ物も食べさせなくてはならないし、第一、肉体はか弱いから病気になるし怪我もします。でも本当の私たちは、そんな不自由でか弱い肉体ではないのです。本当の私たちは、自由奔放な生命意識なのです。生命意識ですから、お金も物も地位も名誉も必要ないのです。必要なのは、「本当の自分は生命意識である!」と思えることだけです。どうか肉体から出て、意識で幸せを満喫してください。

2016年4月1日更新

 

 

 

2016年

4月

15日

見えない生命体を自分の身体として生きよう! パート1

 私たちは紛れもなく生命(神)なのです。でも、どうしてもそう思えない、それは気の遠くなる年月、様々な体の中で生きてきたからです。そのため、私たちは、体を持っていなくては自分だと思えなくなったのです。では、体を持ちましょう。どんな体を? それは生命体という体です。意識体という体です。私たちはこれまで、鉱物・植物・動物など様々な体を纏って生きてきましたが、それらの体はいずれも見える体でした。でも生命体という体は、見えません。意識体という体は、見えません。でも見えなくても、間違いなく自分の体なのです。それは、見えない体という体です。見える体だけが体ではないのです。宇宙では、見えない体こそ本当の身体なのです。神が宇宙を自分の身体として生きているように、私たちも、生命を自分の体として生きることができるのです。なぜなら、意識したものが自分の体になるからです。知花先生が、私たちは意識している通りのもので、それ以上でも以下でもないとおっしゃられたのは、意識が体を生み出すからです。意識は何でも作れるのです。どんな物の中にも入れるのです。長年形の中で生きてきたため、形が無くては自分だと思えなくなっただけです。どうしても、体がなくては自分だと思えないなら、こう思ってください。見えない生命体という体を纏ったのだと・・・。意識が認めれば、見えなくても自分の体になるのです。私たちは鉱物の身体を纏っていたときには、鉱物だと思っていたのです。植物の身体を纏っていたときには、植物だと思っていたのです。動物の身体を纏っていたときには、動物だと思っていたのです。今人間の身体を纏って人間と思っているように・・・。生命体も意識体も見えませんが、それは見えない体を持った生き物なのです。その生き物の中に入ったら、即、自分の身体になるのです。

 私たちは、見えない意識体なのです。見えない生命体なのです。見えない意識体が何かを纏い、見える自分になっただけです。すなわち、花の中に入って花になり、猫の中に入って猫になり、人間の中に入って人間になっただけです。私たちは、人間の中に入り人間だと錯覚している生命なのです。花の中に入り花だと錯覚していたように・・・。猫の中に入り猫だと錯覚していたように・・・。生命体の中に入って、生命だと錯覚したらいいのです。いいえ、生命こそ本当の私たちなのです。

 人間の身体を纏っていれば、様々な厄介なことが起きます。例えば、移動するのに乗物が入用になります。汚れるので風呂にも入れなければなりません。腹がすくので食物も食べさせなくてはなりません。そうなると、排泄しなくてはなりません。また、寒さから身を守るために着物を着せなくてはなりません。家も必要になります。でも意識体なら、そんなことをする必要も、そんに物も必要なくなるのです。さあ、生命体を自分の身体にしましょう。それは、自分の本性に目覚めれば、即、そのようになるのです。

2016年4月15日更新

 

 

 

2016年

5月

01日

自分しか存在しない!?

 この宇宙に一なるモノしか存在しないという真理は、動かしようのない真理です。 ならば、この宇宙に自分しか存在しないことになりませんか? なぜなら、今、私は現に存在しているからです。今、何かが存在しているということは、その何かは一なるモノの現れなのは当然でしょう。何せ、宇宙には、一なるモノしか存在しないのですからね。だから私は堂々と、私しか存在しないと公言するのです。もし、私もあり何かもあるなら、二つのモノがあることになり、一なるモノしか存在しないという真理は崩れてしまうからです。私が、私の他に何もないと公言するのは、自分の他に何かを認めれば、一なるモノしか存在しないという真理を否定すると同時に、自分の存在も否定することになるからです。さらに言えば、この宇宙に一なるモノしか存在しないということは、自分しか存在しないということであり、それはすべてのモノは自分であるということになるのです。なぜなら、すべてのモノは、その一なるモノの現れだからです。

 では、この真理を、神に置き換えて考えてみましょう。

 この宇宙に神しか存在しないという真理は、動かしようのない真理です。ということは、私は神であるということです。なぜなら、今、私は現に存在しているからです。もし、私が神でないならば、この宇宙に神しか存在しないという真理は崩れてしまい、宇宙は消え去ってしまうでしょう。この宇宙に神しか存在しないということは、自分しか存在しないということであり、それはすべてのモノは自分であるということなのです。ならば、細菌は私です。虫は私です。花は私です。鳥は私です。馬は私です。山は私です。川は私です。海は私です。地球は私です。宇宙は私です。すべては私です。これは、一なるモノしか存在しないという宇宙においては、当然のことであって何の不思議もないのです。「私は神ですよ!」と堂々といえるのも、この宇宙に神しか存在しないからです。すなわち、私しか存在しないからです。

2016年5月1日更新

 

 

 

2016年

5月

15日

毎日が父の日であり母の日である。

 六月の第三日曜日が父の日、五月の第二日曜日が母の日と決められているようですが、本当は毎日が父の日であり母の日なのです。なぜなら、お父さんやお母さんには、日々感謝してもしきれない恩があるからです。お父さんとお母さんがいなかったら、今の自分はあり得ないのです。物を送る必要はありません。心の中で「お父さんありがとう! お母さんありがとう! 」と想えばそれで良いのです。どうしても感謝の気持ちを形で表したいなら、白抜きの「愛」の一文字の中に「ありがとう! ありがとう! ありがとう! 」とたくさん書いた色紙を贈ってください。「ありがとう!」の文字を赤や青など数色で書くと絵模様となりますので、どんな高価な絵より価値ある贈り物となるでしょう。その場合、心から「ありがとう! の想いを込めて書いてください。それも、「ありがとう!」の字数が多ければ多いほど良いでしょう。想いは実現の力です。きっとあなたの想いが、お母さんやお父さんに届くでしょう。どうか試みてください。

 この感謝の気持ちは、天の父にも地の母にも表して欲しいと思います。天なる父は母なる大地を創造し、そこに種を撒きました。その種が実り人となったのです。私たちは、天と地が生み出した愛の結晶、愛の子供たちなのです。だから、天の父と地の母に感謝するのは当然でしょう。どうか、天の父と地の母に「ありがとう!」の感謝の想いを届けてください。

2016年5月15日更新

 

 

 

2016年

6月

01日

見えない生命体を自分の身体として生きよう! パート2

 私たちの本性は、見えない生命なのです。でも、どうしてもそう思えないのです。それは気の遠くなる年月、様々な形の中で生きてきたために、形がなくては生きていると思えなくなったからです。

 形の中で生きることだけが、生きることではないのです。いやむしろ、形の無いモノの中で生きることが生きることなのです。覚者が「肉に生きるは死なり、肉に死んでこそ真に生きるモノとなる!」というのは、形を持って生きていると「生・老・病・死」があるし、不自由だからです。でも私たちは、どうしても形が無くては生きていると思えないのです。では、形を持ちましょう。どんな形を? それは見えない形です。こう思ってください。見える形もあるけれど、見えない形もあるのだと・・・。その見えない形をしているのが、生命体なのです。神が見えない宇宙を自分の身体として生きているように、私たちも、見えない生命を自分の身体として生きたら良いのです。それは、「汝の見るもの受け継がん!」と言われるように、思ったモノが自分の身体になるからです。どうか常識を変えてください。見える形もあるけれど見えない形もあると言うことを・・・。その見えない形をしているのが、生命体であり、本当の私たちなのです。

 身体を持っていれば、様々な物が必要になります。例えば、食べ物が要ります。着る物が要ります。家が要ります。でも生命体なら、そんな物は要りません。さあ、融通無碍なる生命体を自分として生きましょう。そうすれば、もう何も要らないのですから・・・自由自在に生きられるのですから・・・。

2016年6月1日更新

 

 

 

2016年

6月

15日

すべて自分を成長させるための必然である

 神が創られた必然性の働きの目的は、すべて私たちの成長のために用意したものです。その必然性の働きは、必然性の働きによるのです。そしてその必然性の働きも、また必然性の働きによるのです。どこまでも、必然性の働きによるのです。それは、すべての必然が完璧で無くてはならないからです。

 この宇宙で起きている出来ごとを、良く観察して見てください。すべて私たちを成長させるために起きている必然であることが分かります。その働きに、一つの無駄も、齟齬も、間違いもないのです。だからもしあなたに何か起きたら、その出来ごとが何を含み持った必然なのか考えて見てください。すべて、自分を成長させるために起きた必然であることに気付かされるでしょう。

 

 一例・・・

「あなたが風邪を引いたのも必然、その風邪が隣の同僚に感染ったのも必然、その同僚が一週間会社を休んだのも必然、そために自分が毎日深夜まで残業させられたのも必然、そのために自分が重い病気になったのも必然、その病気によって人生の思索をさせられたのも必然、そのお陰で真理に目覚めたのも必然です。」

 

 私の人生を振り返ってみても、すべて必然によって運ばれてきたことが分かります。

 

 二例・・・

「北海道の片田舎に日本男子として生まれたのも必然、その片田舎で子供時代天真爛漫に過ごしたのも必然、隣町の高校に入学したのも必然、その町の役所に就職したのも必然、その職場で有給休暇が沢山取れたのも必然、その沢山の休暇を利用し大阪に遊びに行ったのも必然、そのお陰で大阪の人と結婚したのも必然、また大阪に引っ越したのも必然、そこで人生の荒波にもまれたのも必然、それによって妻子を亡くしたのも必然、そんな苦悩の中から真理に目覚めたのも必然です。」

 

 三例・・・

「昨晩、同僚と飲みに行ったのも必然、そのために妻に頼まれていた買い物を忘れたのも必然、翌朝雪が降ったのも必然、忘れていた買い物を車で買いに出掛けたのも必然、帰り道に犬を避けるために急ブレーキーをかけスリップ事故を起こしたのも必然、そのために大怪我をして入院したのも必然、その入院中に人生を省みられたのも必然、そのお陰で真理に目覚めたのも必然です。」

 

 紹介した三つの例えは解りやすいですが、例えば、電話の話し中も必然、メールのやり取りで諍いを起こしたのも必然、投資話に乗って人に騙されたのも必然、犬に吠えられ肝を冷やしたのも必然、石に躓いて転んだのも必然、電車でスリに財布をすられたのも必然・・これらの必然は真理に関係ないように見えますが、突き詰めてゆけば間違いなく自分を成長させるために起きた必然なのです。

 この宇宙に偶然と言うのは、一つもないのです。「神は完全であると」私が断言するのは、どんな出来ごともすべて魂を成長させるために起きた必然だからです。だから私は、必然の完璧さに頭を垂れるのです。どんな苦しい出来ごとも、悲しい出来ごとも、すべて自分を成長させるために起きた必然なのです。それは、全部自分がしているのです。すなわち、自分で自分に苦しい人生を与え、その苦しさによって自分が目覚め、真理を探求して自分を成長させて行くという、自己完結型宇宙がそうしているのです。自分しかいない宇宙だから、自分を成長させるためには、自分が自分に課題を与え、その課題を自分が克服して自分が成長してゆく、自己完結型にならざるを得ないわけです。勿論、それも必然です。あなたの人生が、必然によって運ばれていることを知り、それがみな自分の成長に結びついていると解ったら、どんな課題に出会っても不安を抱くことはないでしょう。なぜなら、その課題が克服出来るか出来ないか知っている自分が、自分に与えた課題だからです。「不動心になった人」とは、この理解のいった人のことなのです。

2016年6月15日更新

 

 

 

2016年

7月

01日

真実と現実を見分ける目を持とう!

 見える、聞こえる、触れる、味わえる、臭える、すなわち五感にかかるものはすべて幻です。なぜなら、五感そのものが幻だからです。幻の五感で幻を見聞きしても、それは幻に過ぎないのです。もし五感が永遠になくならないなら、私は五感にかかるものを真実だと認めましょう。でも五感は一時存在しているだけで、いつか必ず無くなってしまうのです。無くなってしまうのものが、真実であろうはずがありません。

 真実とは何でしょうか? 現実とは何でしょうか? 真実とは永遠に無くならないモノ、現実とは必ず無くなってしまうモノです。何千億年・何兆億年存在しようと、無くなるモノは真実ではないのです。宇宙は無限時間の中にあるのです。無限時間の中での一兆億年など、一瞬なのです。ましてや私たちの住んでいる地球は、どんなに長く存在しても何百億年程度です。その地球の中における人類の文明も、せいぜい数万年維持できれば良い方です。更に人の命は、どんなに維持できても百数十年程度です。その百数十年程度の命を守ろうとして、競い、闘い、奪い、戦争までしているのが人類なのです。それは、真実と現実の見分けができないからです。

 この表現宇宙は幻です。地球も幻です。幽界も幻です。夢も幻です。幻覚も幻です。詐欺師の言葉も幻です。柳を幽霊と見間違ったのも幻です。木の切り株を熊と見間違ったのも幻です。蜃気楼も幻です。カゲロウも幻です。UFOも幻です。物質化現象も幻です。この世の現象は、すべて幻なのです。幻の世界で起きていることは、すべて幻なのです。私たちは生まれて死ぬまで、ずっと幻の中で生きているのです。いいえ、死んだ後も幻の中で生きているのです。そしてまた幻の中に生まれ、幻の中で生き、幻の世界に帰って行くのです。あなたは、こんな幻の輪廻をいつまで繰り返すつもりですか? 

 幻の中で味わう幸せは一時です。必ず色褪せ失ってしまいます。あなたは、そんな一時の幸せで満足できますか? 永遠の私たちは、永遠の幸せでなくては満足できないのです。その幸せは、真実を知れば得られるのです。どうか真実を知ってください。そうすれば、幻の輪廻から抜け出し、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、幸せの中に入ることができるのですから・・・。

 私たちは、永遠に無くならない「神・生命」なのです。すなわち、永遠に無くならない「意識」なのです。その意識は、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、幸せを欲しているのです。どうか、真実と現実を見分ける目を持ってください。

2016年7月1日更新

 

 

 

2016年

7月

15日

寂しい人に

 私たちが寂しいと思うのは、分離観念を持っているからです。自分と他のモノとの間に溝を作り、一人になっているから寂しいと感じるのです。でも、どんなに一人だと思っても、私たちは一つのモノと一緒にいるのです。一つは、私たちを含めた沢山のモノの集まりなのです。つまり、一つは無限のモノの集まりなのです。一つは無限なのです。無限は一つなのです。

 一つのモノしか無いとは、自分を含めた沢山のモノと一緒だという意味です。なぜなら、すべてのモノは無限の現れだからです。すなわち、自分の現れだからです。だから本当は、寂しいわけは無いのです。どうか、すべてのモノは自分だと思ってください。そう思えば、寂しくありません。事実あなたは今、一つのモノと一緒にいるのですから・・・。永遠の昔より一つのモノと一緒だったし、今も一つのモノと一緒だし、未来も一つのモノと一緒にいるのです。あなたは、一つのモノから離れたことがないのです。その一つのモノは、あなた自身です。すなわち、あなたの意識です。言い換えれば、神です。生命です。一つのモノは、あなたの分身なのです。どうか、あなたの着ているモノに話しかけてやってください。あなたの乗っている車に話しかけてやってください。あなたの周りにあるモノに話しかけてやってください。きっと、喜んでくれるでしょう。

 一人で晩酌をしたくなるのも、寂しさを紛らわすためです。赤暖簾を潜りたくなるのも、夜の街を徘徊したくなるのも、寂しさを紛らわせるためです。でも、そんなことをしても、寂しさは無くなりません。それよりも、すべてのモノは自分の分身だという思いを強くすることです。  

 一つは無限なのです。無限の中に二つは無いのです。もし、ここからここまで私で、ここからここまでがあなたで、と二つに分けてしまえば、それは有限になるのです。それでは、宇宙は有限になってしまいます。そんな宇宙はあり得ないのですから、一つはあくまでも無限なのです。ということは、今存在しているあなたは、その一つのモノであり無限ではありませんか。沢山のモノがあるように見えますが、それはすべて同じ一つのモノであり無限なのです。だから、寂しいわけがないのです。

 もし寂しくなったら、

私はすべてのモノである!

すべてのモノは私である!

 と思ってください。

 この宇宙に一様の神しかおられません。だから、神様は寂しいだろうと思うかもしれませんが、一様の神は無限ですから、寂しいことはないのです。あなたも、一であり無限の存在ですから、寂しいはずはないのです。

2016 年7月15日更新

 

 

 

2016年

8月

01日

私たちは、何を信じて生きたらいいのか?

 私たちは一体、何を信じて生きたらいいのでしょうか? お金?、 物?、財産?、地位?、名誉? それとも、天皇?、総理大臣?、科学者?、宗教家?、学校の先生?、会社の社長?、お父さん?、お母さん?、兄弟姉妹?、友達?・・・。いいえ、私たちが信じるべきものは想念です。なぜなら、実在するのは想念のみだからです。この宇宙確かなことは、想念のみが実在するという真理です。私たちは、その想念を持っているのです。私たちは、今日までその想念を使って、何から何まで実現させてきたのです。事実、想念を使って友達を得、想念を使って伴侶を得、想念を使って学校に入り、想念を使って会社に入り、想念を使って収入を得、想念を使って自動車や家を得、また想念を使って病気になり、想念を使って事故に遭い、想念を使って災害に遭うなど、人生の全てを想念によって作り上げてきたではありませんか。

 今人類が、政治・経済・宗教・テロ・戦争、環境問題などの苦しみに喘いでいるのも、正にその想念を悪用してのことなのです。それは、想念の働き、想念の性質、想念の力量などを知らないからです。人類は、自分たちの想念で、自分たちを追い詰めていることに気付いていないのです。それは、想念の力を信じていないからです。

 一般人に言っても分かって貰えないでしょうから、せめて学んでいる皆さんだけでも想念の偉大さを信じてください。どうか、想念を良いことに使いましょう。きっと、実りある人生を送れることでしょう。

2016年8月1日更新

 

 

 

2016年

8月

15日

私は神である!

 「あなた」は、神なのです! 意識なのです! あなたの意識が、今あなたを感じていること自体が、神である証だからです。これは、天地がひっくり返っても間違いないことなのです。さあ、「私は神である!」と宣言しましょう。

 ここで「あなたは、」という言葉を使ったのは、「あなたを」、人間として見たからです。でも本当のあなたは、神ですから、「私は」という言葉に置き換えなくてはならないのです。

 この宇宙に「二人称」など無いのです。つまり、「あなた!」なんて無いのです。この宇宙には、「一人称」だけが有るのです。つまり、「私」だけが、「神」だけが、有るのです。

2016年8月15日更新

 

※神である根拠!

 私が神である根拠は、

 この数式が証明しているのです。(1を私に置き換えてください。)

 この宇宙に存在しているのは神のみです。神しか存在しないなら、神は1であるということになります。これは絶対崩せない真理です。

 では、今存在している私は誰なのでしょうか? 神しか存在しない宇宙に今私が存在しているということは、私は神ではありませんか? 何せこの宇宙に存在しているのは、神しか存在しないのですから・・。ということは、私は1であるということになり、その1は神ですから私は、当然神であることになるでしょう。

 

 

 

 

2016年

9月

01日

今1(私)がある限り、1(私)は永遠にあり続ける

 無限とは、「限」りが「無い」という意味です。では、限りの無いモノは、宇宙に幾つあるでしょうか? それは、1つしか無いはずです。もし無限が二つも三つもあるなら、それは無限でなくなってしまうからです。良く考えてみてください。ここからここまでがあなたで、ここからここまでが私だと分けられる宇宙は有限になりませんか? 分けられない宇宙だから無限なのです。それも、永遠に無くならない1つの無限宇宙です。なぜなら、宇宙は無限時間の中に存在するからです。

 つまり

 この1は、永遠に無くならない1なのです。この数式が成り立つのは、今現に1があるからです。今1がある限り、その1は永遠に存在するのです。このことを次の視点から考えてみましょう。

 今1があるのは、前(過去)に1があったからです。なぜなら、今1を作った原因が過去になくては、今の結果の1はあり得ないからです。ではその前の1は、何が生み出したのでしょうか? その前に1があったからではありませんか。そして、その前に1があったのも、その前に1があったからです。つまり、永遠の昔より1があったから、今の1があるということです。ということは、今1があるということは、今後も永遠に1はあり続けるということです。

 これを、私に置き換えてみましょう。

 今私が存在しているのは、過去に私が存在していたからです。では、その前の私は、何が生み出したのでしょうか? その前の私が生み出したのではありませんか? そして、その前の私も、その前の私が生み出したはずです。つまり、永遠の昔より私が存在していたから今の私が存在し、今後も永遠に存在し続けるということです。このように断言できるのは、原因と結果は絶対切り離せないからです。つまり、過去・現在・未来は切り離せないからです。だから私は、今人間がいるということは、永遠の昔より人間がいたし、永遠の未来にも人間がいると断言するのです。それは、1しかいないからです。1しか無いから、原因と結果は一つであり切り離せないのです。1の中には分離はないのです。

 これは、1しか無いなら今しか無いという根拠にもなるのです。1の中には、過去・現在・未来は一つとしてあるのです。それは、過去もその1であり、今もその1であり、未来もその1だからです。今がある限り、過去と未来はアナログ的につながっているわけですから、同じ延長線上の1になるのです。

 今があるのは、過去があったからです。過去があれば、必ず今があるのです。今があれば、必ず未来もあるのです。つまり、今という結果があるのは、過去に原因があったからです。その過去の原因は、必ず未来の結果を生むのです。その未来の結果は、さらに未来の原因となりさらに未来の結果を生むのです。これを因果の法則における三位一体といい、この宇宙に貫かれている崩しようのない真理です。しかもこの三位一体は、永遠に途切れることはないのです。なぜなら、宇宙は無限であり永遠だからです。

 

復習しましょう。

 

今がある限り、今は永遠にあり続ける

今1がある限り、1は永遠にあり続ける

今私がある限り、私は永遠にあり続ける

 

今があるのは、過去に今があったからです。

今1があるのは、過去に1があったからです。

今私があるのは、過去に私があったからです。

ということは、未来にも今があり、1があり、私があるということです。

 

この宇宙が無限であり永遠なのは、今のみがあるからです。

この宇宙が無限であり永遠なのは、1のみがあるからです。

この宇宙が無限であり永遠なのは、私のみがあるからです。

 

 私たちが知るべきことは、1しか無いということです。1しか無いということは、私しか無いということであり、その私は永遠にあり続けるということです。なぜなら、今私は現に存在しているからです。今私が現に存在している限り、私は、過去・現在・未来に亘って存在し続けるということです。ならば私は、何でしょうか? 宇宙であり神ではありませんか? 

2016年9月1日更新

 

 

 

2016年

9月

15日

私を知ることは永遠にできない! パート1

 一体私は何なの? 誰なの? どこから来たの? どこへ行くの? 私は、私を知りたい・・・。 私が何者なのかを知りたい・・・。

 でも、どんなに探っても私を知ることができない? なぜ知ることができないのだろうか? それは、私がいつ誕生したか分からないからです。私は生まれた覚えがないのです。だから死んだ覚えもないのです。気がついたら、私はいたのです。だから私は、誕生日を知らないのです。

 私は永遠の昔からいたのです。そして永遠の未来にもいるのです。私に生死が無いから、生い立ちが分からないのです。生い立ちが分からないから、素性も分からないのです。生い立ちも素性も分からない私を、どうして知ることができるでしょうか? 

 では私は、私を永久に知ることができないのでしょうか? そうです。私は私を永久に知ることができないのです。でも、それで良いのです。なぜなら、私を知ったその途端、私は無くなってしまうからです。知ったということは、そこまでという意味です。終わったということです。終わりは、終結・完結・有限を意味します。有限という意味は、個であるという意味です。個は必ず無くなるのです。私は、そんな無くなる存在になりたくありません。だから私は、私を知らなくて良いのです。知らなければ、無限の存在でいられるからです。無限の存在者であれば、無限の幸せが体験できるのですから・・・。

 ここで言っている私とは、肉体の私ではありません。魂の私です。生命の私です。神の私です。誤解なきように・・・。

2016年9月15日更新

 

 

 

2016年

10月

01日

時間とは?

 時間の「時」とは、意識のこと、エネルギーのことです。また意識は神しか持っていませんから、「時」は神でもあるのです。すなわち、絶対宇宙そのものが「時」なのです。一方、時間の「間」とは、空間のこと、物質のことです。物質は表現宇宙のことですから、私たちが住んでいるこの相対宇宙が「間」なのです。

 さて、この「時」と「間」は、切り離しては存在できません。二つが一つに合わさって、はじめて「時間」は存在できるのです。だから時間は、表現宇宙だけにある特殊なモノなのです。私たちは肉体(間)を持ち、意識(時)を持っていますので、私たちは「時間」そのものであるということです。ゆえに私たちは、「小宇宙」と呼ばれるのです。この時間の中にいる限り、私たちは何をしなくても熟成することができるのです。よく「何事も時間が解決する」と言われますが、時間は何でも熟成させる力を持っているのです。私たちが、この表現宇宙に肉体を持って出てくるのは、時間の中で魂を熟成(進化成長)させることができるからです。

 時間は読むことができません。読んだ瞬間過ぎ去ってしまうからです。空間がある限り、今・今・今・今・・・・の時を刻々と生み出しています。時は尽きることがないのです。だから時は無限なのです。無限ということは、時は永遠に続くということです。

 次の式を見てください。

 この数式は、「今」しかないことを示す基本中の宇宙真理です。「今」しかないということは、1しか無いということです。なぜなら、無限が二つに分けられるなら、有限になってしまうからです。無限は分けられないのです。分けられないから、1なのです。

 今、私たちは、「今」という時を感じています。この「今」がある事実は、誰も覆すことはできないでしょう。でも、この「時」は、見えないし触れないから感じることも掴むこともできません。辛うじて「時」を感じられるのは、「時」をなぞれる意識だけです。意識がなくては「時」もないのです。私が「時」は意識であるというのは、意識だけが「時」を感じる(なぞる)ことができるからです。言い換えれば、時は意識がなぞることによって生まれてくると言ってもいいでしょう。そして人間が「時間」であると言うのも、「時」が意識であり「間」が肉体であるからです。だから「時間」を持つ人間だけが、瞑想できるのです。人間そのものが時間そのものだから、瞑想が有効なのです。

 瞑想が有効なのは、意識(想念)は創造の力であり、その意識によって時をなぞることができるからでなのです。時はアナログなのです。デジタルでは時を捕まえることはできないのです。なぜなら、「今」と思った瞬間、もう過去になっているからです。過去と今と未来をなぞれる意識のみが、アナログの時を捕まえることができるのです。物語が生まれるのは、アナログの時の中で意識がなぞれるからです。ということは、意識は、過去・現在・未来の橋渡し役をしていることになるでしょう。つまり今という「時」は、「間」がある限り、永遠にあり続けるということです。時間とはそういう性質のものなのです。

2016年10月1日更新

 

※ 命の時間は平等です。セミの命は短いと思うかもしれませんが、それは外側(形)を見ているからです。命の時間は、みな平等なのです。なぜなら、その生き物の時間の濃さは、どんな命の中でも同じだからです。

 人間が感じている時間単位は、人間の意識が作り出した時間単位で、すべての生き物に共通した時間単位ではないのです。意識は、一瞬の時の中で無限の体験が出来るのです。だから、時の短さや長さは、命にとって関係がないのです。

 セミがひと夏の短い命の中で体験する時の濃さは、人間が100年かけて体験する時の濃さと同じなのです。その命が体験している中身は、時の短さや長さで測れるものではないからです。だから、カゲロウの数日の短い一生も、セミのひと夏の短い一生も、人間の100年の一生も、命にとっては同じなのです。カゲロウもセミも短い時の中で人間と同じ濃さの体験をしているのです。カゲロウやセミだけではありません。一瞬に消え去る素粒子も、短い時の中で人間と同じ濃さの体験をしているです。つまり、すべての生き物たちは、平等な時の濃さを体験し、魂を熟成させているということです。

  勿論、熟した魂は高度な内容の体験をするし、未熟な魂は低度な内容の体験をします。でも、その命にとって時の濃度(量)はみな同じなのです。

 

 

 

2016年

10月

15日

一つしか無い!

 この「一つしか無い!」という意味が心の底で解ったら、すべての謎が解き明かされるのです。つまり、この宇宙の仕組、神の仕組み、本当の私(自分)の正体が解るのです。

 一つとは、「他は無い!」「多は無い!」「それしか無い!」「又・亦・復複・は無い!」「分けられ無い!」すなわち、「絶対」であると言う意味です。

 そこから導き出される答えは、「今 私たちが見ているすべてのモノは、その一つのモノである」と言う答えになるでしょう。一つのモノしか無いなら、どんなに形が違っていてもその一つのモノであるはずです。と言うことは、私はその一つのモノであると言うことになります。なぜなら、今 私は現に存在しているからです。と言うことは、私の目に見えているものすべてが、私であると言うことになります。何せ、一つのモノしか無いのですから・・・。

 この宇宙には、様々な名前の付いているモノがありますが、一つのモノしか無いなら、名前が違っていても一つのモノであるはずです。と言うことは、「神」も一つの名前で表されて良いでしょう。そうです。神は「1」なのです。「1」は神なのです。神は「1」の別名です。神は「1」で表されるのです。

 だから、すべてのモノは神なのです。ならば、人間も神ではありませんか? だから、「私もあなたも神なのは」当然なのです。人類同士争ってならないのは、みな同じ神だからです。だから「神の名」で争わないでください。「神の取り合い」をしないでください。何もかもが神なのですから・・・。どうか神の名に惑わされないでください。すべては神なのですから・・・。

 この宇宙は、一つの宇宙なのです。一つの宇宙の中に、たった一つの宇宙が有るのです。一つの中に全てが有ると言う意味です。

  • 真実も、幻も、一つです。
  • 小さいモノも、大きいモノも、一つです。
  • 重いモノも、軽いモノも、一つです。
  • 上下左右も、一つです。
  • 右巻きも、左巻きも、一つです。
  • あちらも、こちらも、そちらも、どちらも、一つです。
  • 見えるモノも、見えないモノも、一つです。
  • 白も、黒も、赤も、青も、一つです。
  • 甘いモノも、辛いモノも、一つです。
  • 悪い臭も、良い臭いも、一つです。
  • 悪い感触も、良い感触も、一つです。
  • 善も、悪も、一つです。
  • 美も、醜も、一つです。
  • 過去、現在、未来も、一つです。

 すべては一つだから、何一つ違うものは無いのです。

 このことが心の底で解ったら、死も、生も、一つであることが解るので、あなたは心穏やかに生きられるでしょう。それは、この宇宙に「一つの意識しか無い」からです。

2016年10月15日更新

 

※ 繰り返すことの大切さ!

学びの友にこれだけは言っておきたい、繰り返すことを嫌ってはならいないと!・・・。

真理の学びは、一度や二度で定着するものではないのです。何度も何度も繰り返すことによって定着して行くのです。ですから、何度も何度も読むことです。何度も何度も聴くことです。何度も何度も探ることです。何度も何度も想うことです。

 

 

 

 

2016年

11月

01日

真剣度に比例して得られる真理

 真理というものは、求める人の真剣度によって得られるモノが違うのです。あなたは、どれほど真剣に真理を求めていますか? 

 経済的に豊かになりたいから?・・。病気を治したいから?・・。家族の幸せを願って?・・。そんなご利益主義で真理を求めても、得られるモノは少ないのです。ましてや、真理を駆け込み寺として使ったり、あるいは慰め道具として使ったりしていては、自分を変えることなどできないのです。趣味としてやるならそれで良いかもしれません。でも、本当に自分を変えたいなら、真剣にやって欲しいものです。神は親身になって、私たちを幸せの世界へ導こうとしているのですから、私たちも真剣に求めなくてはならないのです。

 よく、「邪魔が入って真理が求められない!」という人がおりますが、真剣に真理を求めている者の前に、どうして神は障害物を置くでしょうか? 気紛れな求め方をしているから、神(真我の自分)は障害物を置くのです。真剣に神を求めれば、必ず環境が変わります。変わらないのは、真剣度が足りないからです。「自分は本当に真剣に真理を求めているのか?」一度 自分に問いかけてみてください。

 と言っても、苦しい求め方をしてはなりません。神は苦しんでまで真理を求めなさいとは言っていないのです。今の環境の中で精一杯の求め方をしたら良いのです。魂の熟成度がみな違うのですから、求め方も違って良いのです。ただその中にあって、どれ程の真剣さが込められているか? それを問うているのです。人生の目的を見据えられた人なら、自ずと真剣度が違ってくると思います。

 理解力はそう簡単に増すものではありません。真理を求め続け、原子核が大きくなれば、自然と理解力が増します。そうすれば、私の言っていることの意味が解るようになります。どうか、焦らないでください。一歩一歩前進してください。

2016年11月1日更新

 

 神が望んでいること・・・それは、今やらなければならないことを真心を込めてやること、そして、余った時間を有効に使って瞑想することです。神は、それ以上のことを望んでいません。

 

※ 一生懸命やる

 私はよく「真心を込めてやってあげなさい!」と言います。この「真心を込めてやってあげなさい!」の意味は、「一生懸命やりなさい!」という意味なのです。一生懸命やっているときは、不純な思いは一切入っていません。この純粋な思いでやってあげることが、「真心を込めてやる!」の意味なのです。社会においても、家庭においても、一生懸命やることです。これは、瞑想にも当てはまることなのです。つまり、神を想う中に不純なものが一切入っていない状態が、真心を込めて瞑想している状態なのです。「経済的に豊かになりたい!   病気を治したい! 家族を幸せにしたい! 自覚の境界線を超えたい!  」そんな不純な思いでやっていては、真心が篭もらないのです。なぜなら、不純な思いそのものが雑念だからです。雑念は波動が低いのです。そんな低い雑念で瞑想していては、思いが神に届かないのです。一生懸命やっている状態は、光が支配している状態なのです。一生懸命やっている人の姿を見ると感動するのは、光を見せられるからです。一生懸命やっているときの瞑想は、光が支配している素晴らしい瞑想になっています。何かが欲しいから瞑想するのではありません。瞑想したくて、瞑想をするのです。

 何事も続けなければ成就しません。何も変化が現れなくても続けることです。一生かけてやり続けることです。短期間で結果を求めてはなりません。欲望的雑念は大敵です。雑念を無くすには、連続的祈り(重ねる瞑想)が効果的です。どうか純粋な気持で瞑想してください。

 

注意・・

真理を学び疑心暗鬼になっている人は、サタンにやられていることに気付いてください。

 

 

 

 

2016年

11月

15日

自己完結型宇宙パート1

 自己完結型宇宙とは、この宇宙に「1しか存在しない!」「私しかいない!」という数式から導き出される理論です。

 私は、この数式の深みを知って欲しいのです。

 今 1があり私がいるということは、紛れもない事実ですね。ということは、過去にも1があったし、私もいたということです。過去に1が、私が、いなければ、原因を作らないわけですから、今1があることもないし、今私がいることもないからです。ということは、未来にも1があるし私もいるということです。今の1が、今の私が、未来の原因を作っているからです。無限時間の中に1があり私がいるということは、永遠の昔にも永遠の未来にも1があるし、私もいるという証なのです。この数式は、それを示しているのです。このことが心の底で理解できたら、なぜ自己完結型宇宙の理論が成り立つのかも解ってもらえると思います。自分しかいないなら、自分で自分を成長させるしかないのは当然でしょう。つまり、自分が成長するために必要な、人・物・環境は、自分で用意するしかないということです。そうならざるを得ないのは、もともと主観宇宙(唯我独存)の主だからです。

 自分の周りに存在する、人・物・環境は、みな自分が連れてきたのです。その人は、みな自分のために演技してくれている役者さん達です。彼らは、時には嫌なことを言い、時には嫌なことをしますが、それは自分が頼んで演技してもらっているのです。だから、決して役者さん達を罵ったり怒ったりしてはならないのです。また、その役者さん達の成長を望む必要もなければ、責任を感じたりする必要もないのです。なぜなら、役者さん達も同じ自己完結型宇宙を持っているからです。つまり、役者さん達から見たら、私は役者さん達の宇宙に連れてこられた演技者なのです。彼らは、私を通して成長するのです。このように自己完結型宇宙は、自分も、相手も、それぞれの宇宙の中で成長させる仕組みなのです。

 2016年11月15日更新

 

 

 

2016年

12月

01日

形の無いのが幸せ

 形の有る状態は終わりの有ることを意味し、無い状態は終わりの無いことを意味します。形の有るモノは消えるのです。形の無いモノは消えないのです。誕生したモノは必ず消えるのです。誕生しないモノは絶対消えないのです。初めが有るということは、終わりが有ることを意味しますから、それは生と死のある限定された状態です。限定は有限なのです。無限定は無限なのです。つまり形が有ったら、その形が限定してしまうから、それは有限になってしまうのです。形が無いのは何の限定もないから、それは無限になるのです。有限は必ず消えますから、無い状態なのです。無限は消えませんから、有りの状態なのです。だから形の無いのが何でも有りの状態であり、形が有るのは何も無い状態だと言うわけです。

 形の世界が苦界だと言われるのは、限定された不自由な世界だからです。形のない世界が天国だと言われるのは、限定されない自由な世界だからです。限定(有限)は苦しいのです。無限定(無限)は楽しいのです。私たちは形の有るモノが幸せをくれると思っていますが、形の有るモノからは幸せは絶対貰えないのです。なぜなら、前述したように、形の有るモノは必ず消えて無くなってしまうからです。幸せは、永遠に無くならない意識が、永遠に無くならないモノの中で体験する味わいです。だから「形の無いのが幸せ!」というわけです。

 すでに創られた世界は限定された世界ですから、何も生み出せない絶望の世界です。何も創られていない世界は無限定の世界ですから、何でも生み出せる希望の世界です。だから、形の有る世界は不幸せな世界で、形の無い世界は幸せの世界だと言うのです。つまり、形が有るということは無いということですから不幸せで、形が無いということは有るということですから幸せなのです。だから私は、形の世界(物質界・幽界)を嫌い、形の無い意識(神・生命)の世界を好むのです。次のような例えで考えれば、なお解ってもらえるでしょう。

 画家の思いの中に絵の構想があるとします。その思いの中の絵の構想は、無限の可能性と発展性のある生きた状態です。でも描かれてしまえば、可能性も発展性もゼロになってしまいます。そこには、一時の幸せ感はあっても、永遠の幸せ感はありません。つまり、描かれる前の絵の構想は、無限の可能性と発展性を秘めた楽しい状態ですが、描かれた後の絵は、可能性も発展性もゼロになってしまう虚しい状態というわけです。

 真の幸せは、形の無いモノの中から生まれてくることを知ってください。

2016年12月1日更新

 

 

 

2016年

12月

15日

自己完結型宇宙パート2

 世の人々は、

「あの人は私にこんな酷いことをした! こんな意地悪なことをした! こんなことをして私を騙した! 」

「あの国がこんな酷いことをした! こんな問題を押し付けた! こんな危険なことをした! 」

「病気や事件や事故や自然災害によって私は苦しめられている!」

「矛盾多い社会が私を苦しめている!」

「こんな酷い権力者によって私たちは苦しめられている!」

 と泣きごとをいいます。でも、良く考えてみてください。それは、人が、社会が、国が、自然が、しているのではなく、自分がしているのです。

 こう言うことです。

 この宇宙には、主観宇宙である自分の宇宙しか無いのです。自分の宇宙しか無いなら、どうして外側のモノが自分に苦しみを与えましょうか? 全部自分が与えたのです。それは、自分が成長したいからです。

 自分の欠点は、自分が良く知っているのです。だから自分が自分に課題を与え、成長させようとしているのです。あなたは「苦しい! 苦しい!」と言いますが、その苦しいドラマの筋書きは、自分が書いたのです。また、そのドラマを演じる役者も自分が連れて来たのです。そして、演出まで自分がしているのです。そのドラマに出てくる人たちは、あなたが書いた筋書きどおり演じてくれているのです。だから、人を憎んでも恨んでもならないのです。その役者さんは、あなたのために憎まれ役を演じてくれているのですから・・。

 このように、自分が仕組んだドラマの中で、成長してゆくようにできているのが自己完結型宇宙なのです。それは誰が仕組んだのでもない、自分が仕組んだのです。相手が「嫌な」芝居をしてくれなくては、自分の中にある「嫌な」欠点に気付けないからです。人の振り見て我が振り直せるのは、自分の欠点を見せてくれる人がいるからです。

 よく「人に騙された!」といって泣き言を言う人がおりますが、自分の中に人を騙したい思いがあるから騙されるのです。責める人、怒る人、騙す人、憎んだり、恨んだりする人を見て腹が立ったり嫌な気分なるのは、その嫌なモノが自分の中にあるからです。嫌なモノを見せてくれる人は、自分なのです。自分の欠点に気付くために、自分が自分に見せているのです。このように自己完結型宇宙の学びは、全て自分が計画しているのです。

 更に、こういうことも言えます。

 役者さん達も、それぞれ主観宇宙を持っているのです。役者さん達から見たら、私は役者さん達が連れてきた役者なのです。彼らは、私を通して成長するのです。役者さん達が成長すれば私は要らなくなるわけですから、私は役者さん達の前から消えて無くなるのです。また、私が成長すれば役者さん達は要らなくなるわけですから、私の前から役者さん達は消えて無くなるのです。自己完結型宇宙は、そういう仕組みになっているのです。

2016年12月15日更新