【コラム】神と人間の物語

 初め無きはじめ、宇宙にはたった一つの神(生命)が存在していました。そのは、何一つ憂いのない満ち足りた生活を送っておりました。でも、ある時フト思いました。

「私はすべてに満ち足りている。幸せ一杯であるが、そのことは私しか知らないのだ。これで良いのか?。」

 またこうも思いました。

「私は現に存在している。だが、そのことを知っているのは私だけである。私だけが私の存在を知っていて、一体何になるのだ?。」

 そのことに気付いた神は、表現の世界を造り、そこから自分の存在を認知してもらおうと考えたのです。

 神の意識(光子)が四方八方に放射され、宇宙の創造劇が開始されました。神は、真・善・美を最高の目標とし、思いの丈を地のキャンパス一杯に表したのです。空も、海も、山も、川も、湖も、鉱物も、植物も、動物も、それはそれは神々しく輝いていました。気候は穏やかで、草花は一年中咲き乱れ、そこには蜂や蝶が乱舞していました。

 たしかに地上は美しかったが、彼らは創造主の私を認識しようとしません。これでは以前と何も変わらないではないか???。

 神は考えあぐねた末、思い立ちます。

 「そうだ!、私の分身を地に降ろし、その分身に私を認知してもらおう!。」

 こうして人間は、表現の世界に出現することになったのです。

 地上に降り立った人間は、感嘆の声を上げます。「何と素晴らしい世界だ!。神は何と偉大であろう!」と・・・。人間は神の偉大さを、しみじみと噛み締めるのでした。

 「やっと私の存在を認めてもらうことができた。」神は満足しました。

 人間は当初、己が神の分身であることを知っておりましたので、神と変わらぬ自由自在な生き方をしておりました。肉を持ったまま天と地を行き来し、天の利を地に降ろすことができたのです。乗り物に乗ることなくどこへでも行けましたし、意識の交流も自由に行うことができました。人々からは光が放たれていましたので、鉱物も、植物も、動物も、みな輝いていました。ライオンと子羊が戯れる光景は、当たり前だったのです。それは正に、地上天国そのものでした。

 ところが人間は、地上に慣れ親しむうちに物質の虜となり、肉体を自分だと誤認するようになりました。そしていつしか、己が神の分身であることを忘れてしまったのです。

 自他の意識が芽生え、自我が膨らみはじめます。自分だけが、家族だけが、部族だけが、といった排他的精神が蔓延しはじめます。縄張り争い、物の奪い合い、戦争がはじまります。今まで穏やかだった地上界は、こうして争い多い世界へと変わっていったのです。

 自然界にも変化が現れはじめます。

  • 厳寒と酷暑が巡るようになります。
  • 暗雲が空を覆うようになります。
  • 海は騒ぎ、地は唸り、山は火を噴き、嵐が襲いかかるようになります。
  • 不安と絶望、苦しみと悲しみが、人々を襲いはじめます。

 でも神はこうなることを予測し、因果の法の中に自らを留め、人間が目覚めるよう配慮していたのです。人間はやがて気付きはじめます。

 「なぜ苦しいのだろう?」

 「なぜ悲しいのだろう?」

 思索に思索を重ねた末、ついに自分を思い出します。

「そうだ!、私は人間ではなかったのだ!。この肉体が私ではなかったのだ!。私は創造主の分身である神の子だったのだ!」と・・・。

 目覚めた人間は苦笑します。

「自分が神であったことを忘れていた。何と愚かな私であったことか・・・あはははは!」

 自分を思い出した途端、神は人間を通して現れはじめます。

〇誠が返ってきました。

○正義が取り戻されました。

○美が輝きはじめました。

 再び人間の手に神の御業が取り戻されたのです。すなわち人間は、以前のような神の生き方をするようになったのです。こうして地上界は、再び喜び多い天国へと変容するのでした。


 

 これまでこの宇宙で、どれほどのドラマが生まれたことであろうか?。

そして今、どれほどのドラマが進行中であろうか?。

考えただけでも気の遠くなる思いがする。

 悲しいドラマ、楽しいドラマ、退屈なドラマ、感動的なドラマ、どれ一つとっても同じ筋書きの無いドラマを、神は懸命に演じている。

己が神だとも知らないで・・・。


-23-



【光のメロディー集/・・・神と人間の物語・・・