第四章 真実はひとつ

 世の中には、非真実を知ろうとしている人は沢山おりますが、真実を知ろうとしている人は僅かしかおりません。殆どの人が真実を知らぬまま人生を終えているのです。これでは何のために生まれてきたのか分りません。さあ、折角の人生を無駄にしないためにも、たったひとつの真実を知ろうではありませんか?。それは誰のためでもない、自分のためなのですから・・・。

Google自動翻訳