多は一の表現・一は多の本源

 多は一の表現であり、一は多の本源です。形は意識の表現であり、意識は形の本源です。影は光の表現であり、光は影の本源です。人間は神の表現であり、神は人間の本源です。

 ゆえにすべてのモノは、多なるものでありながら一なるものであり、一なるものでありながら多なるものであり、形あるものでありながら意識なるものであり、意識なるものでありながら形あるものであり、影なるものでありながら光なるものであり、光あるものでありながら影なるものであり、人間なるものでありながら神なるものであり、神なるものでありながら人間なるものなのであります。

 

 

 

Google自動翻訳