宇宙の中心は自分

 宇宙の中心は自分。ドラマの主人公は自分。原因の発芽は自分。全ては自分中心であります。お釈迦様が言われた「天上天下唯我独存(尊)」の本当の意味は、天上天下(宇宙)において、唯一自分が「」い存在者であるという意味ではなく、天上天下(宇宙)において、唯一自分しか「」在しないという意味なのです。今の仏教は、誤った文字を使い、誤った解釈をしているのです。どうか、誤解のないようにしてください。

 有限宇宙においては、中心点は一つしかありません。でも無限宇宙においては、中心点は無限に存在します。ですから私たちは、誰でも宇宙の中心点に立てるのです。ゆえに、自分は宇宙の中心なのであります。

 

 

 

Google自動翻訳