悪の本質を知れば、悪は見えなくなる!

 よく世の悪を見て、嘆いたり、怒ったり、嫌ったり、する人がおりますが、その人は自分の中に悪があるから、世の悪が見えて仕方がないのです。自分の中に悪がなければ、世の悪は見えないのです。その証に赤ちゃんは、泥棒を見ても笑っているでしょう。それは、赤ちゃんの中に悪がないからです。私たちは、悪を見せられることで、自分の中にある悪に気付かされるのです。その意味では、世の悪は反面教師の役割を果たしているといえるでしょう。

 この宇宙は、「真・善・美」によって整然と運ばれています。整然と運ばれているがゆえに、宇宙は延々と存続してこられたのです。もし、この法則がなかったら、とっくに宇宙は消滅していたことでしょう。「真・善・美」とは、法則のことです。法則ゆえに、「真・善・美」から離れれば痛みや苦しみがやってくるのです。私たちが、偽りや不善や醜いものを見せられると嫌な気分になるのは、「真・善・美」から離れれば、痛みや苦しみがやってくることを、本能的に知っているからです。では、どうしたら悪を見ずにすむのでしょうか? それは、悪の本質を心の底で知ることです。

 この宇宙に、本質的な悪などありません。完全なる神が悪を創るわけがないからです。悪は悪ではなく善なのです。悪の本質を知れば、悪は善に変わってしまうのです。覚者は悪の本質を知っているため、悪を見なくなるのです。悪というのは、善の裏返しなのです。神の目を持ったら悪を見なくなるといわれるのは、どんな悪も善たらしめる悪として見られるからです。善たらしめる悪は善なのです。このことを心の底で知れば、悪は見えなくなるのです。ですから、悪の体験がないから悪が見えない赤ちゃんと、悪の本質を知って悪が見えない覚者とは、根本的に違うのです。

 世の人々は、苦しみを悪と見ます。でもそれは、成長のために必要な悪ですから善なのです。苦しみがなかったら、自分の中にある悪に気づかないので成長できないのです。私が苦しんでいる人を見て平気でいられるのは、苦しみの背後に成長があることを知っているからです。このようにいうと、苦しんでいる人は怒るかもしれませんが、それは苦しみの本質を知らないからです。

  • 苦しみの本質は進化なのです。
  • 苦しみの本質は成長なのです。

 苦しみの中に成長の種があるのです。苦しみは、人を大きく成長させてくれるのです。また、苦しみは、業(原因)を解消している姿でもあるわけですから、これは良いことなのです。私が殺すより殺される方が良いというのは、殺される(結果)ことで業(原因)の解消がなされるからです。もし、私が戦場に兵士として駆り出されたら、空鉄砲を持って一番先に殺されに行きます。殺す方より殺される方が、罪作りをしないですむからです。考えても見てください。罪の上塗りをするのと、罪を解消するのと、どちらが賢い生き方だと思いますか・・・。

 世の中には、一生懸命「業」を無くそうとする人がおりますが、「業」は罪の上塗りさえしなければ、原因と結果の法則が自動的に消してくれるのですから、無くす必要がないのです。すべきことは、今の今良い原因を作ることです。良い原因を作るとは、「身・口・意」の実践です。すなわち、良い想いを持ち、良い言葉を口にし、良い行いをすることです。良い想いの筆頭は、神を想う瞑想です。さらに、ポジティブな想いを持つことです。

 悪(苦しみ)は、善たらしめるための悪ですから、嫌わないでください。そのような見方ができれば、人を責めず、世を責めず、運命を責めず、神を責めず、また、自分を責めないですみます。どうか世の悪(苦しみ)を嘆かないでください。また、自分の中にある悪を嘆かないでください。

 嘆く時間があるなら、身・口・意の実践をすることです。瞑想をすることです。

2015年3月15日更新

 

「どうしたら、悪を見ずにすむのでしょうか? 」

この質問は、

  • どうしたら、不完全を見ずにすむのでしょうか?
  • どうしたら、コップを見ずにすむのでしょうか?
  • どうしたら、分数を見ずにすむのでしょうか?
  • どうしたら、物質を見ずにすむのでしょうか?
  • どうしたら、闇を見ずにすむのでしょうか?
  • どうしたら、相対を見ずにすむのでしょうか?
  • どうしたら、人間を見ずにすむのでしょうか?

と同じ質問なのです。

  • 悪の本質を知れば、悪は見えなくなるのです。
  • 不完全の本質を知れば、不完全は見えなくなるのです。
  • コップの本質を知れば、コップは見えなくなるのです。
  • 分数の本質を知れば、分数は見えなくなるのです。
  • 物質の本質を知れば、物質は見えなくなるのです。
  • 闇の本質を知れば、闇は見えなくなるのです。
  • 相対の本質を知れば、相対は見えなくなるのです。
  • 人間の本質を知れば、人間は見えなくなるのです。

 本質は善であり、完全であり、ガラスであり、元数であり、エネルギーであり、光であり、絶対であり、神でありますから、心の底で本質を知れば、悪も、不完全も、コップも、分数も、物質も、闇も、相対も、人間も、見えなくなるのは当然なのです。悪が見えなくなるということは、一しか見えなくなるということですから、一である神の自覚に結びつくのです。

 

 

Google自動翻訳