外側の世界を変える必要はない

 外側の世界を変えようなど、傲慢というものです。なぜなら、外側の世界は結果次元だからです。結果をいじくりまわしても、絶対変えることはできないのです。では、どうすれば良いか、それは原因を変えることです。つまり、自分の宇宙を変えることです。  

 外側の世界は、内側の宇宙の反映です。原因宇宙の反映が結果の世界なのです。一人一人が自分の宇宙を変えることで、その反映である外側の世界は変わるのです。外側の世界は川下なのです。内側の宇宙は川上なのです。川上を綺麗にすれば、黙っていても川下は綺麗になるのです。どうか原因を良くしてください。あなたがどんなに外側の世界を良くしようともがいても、自分の宇宙が良くならない限り、外側の世界を良くすることはできないのですから・・・。

 今、地球人類は、皆で自分の心を見ているようなものなのです。つまり、自分の心の写し絵を見ているようなものなのです。自分の宇宙がゴチャゴチャだから、地球もゴチャゴチャなのです。あなたの宇宙のゴチャゴチャを変えれば、ゴチャゴチャな地球も変わるのです。だから相手を変えたければ、自分を変えればいいと私はいうのです。

 よく人の欠点を指摘する人がおりますが、相手の欠点が気になるのは、自分の中に同じ欠点があるからです。でも、そのことに気付かない内は、どうしても人を責めるのです。人を責めれば相手からも責められますから、そこではじめて自分の中に同じ欠点があることを気づくのです。ということは、相手は自分の欠点を気付かせてくれた恩人だということです。

 いつもいうように、この世に偶然というものはないのです。あなたの前に嫌な人が現れたのは、意味合って現れたのです。その嫌な人は嫌な人でなく、あなたの中にある嫌な部分を気付かせるために現れた恩人なのです。その人との出会は、自分の欠点を発見する絶好の機会なのです。嫌な人を嫌な人で終わらせては、自分に成長はありません。この宇宙は完全です。完全宇宙に偶然は無いのです。人と人との出会いは、すべて意味合ってなされているのです。その意味を自分の成長に結びつけることです。

 人の欠点を見せられるには、見せられる理由がちゃんとあるのです。それは、人の欠点を見て自分の中にある同じ欠点に気付きなさい、という理由です。気付いて直せば、もうその欠点は見せられなくなります。私も相手の欠点を見せられることがありますが、私はあまり気にならないのです。気にならないのは、私にとってあまり重要でないからです。つまり、この世界が幻だと知れば、この世のことに拘ることがなくなるため、あまりこの世のことを重要視しなくなるのです。重要視したり、拘ったりするのは、まだこの世のことが本当にあると思っているからです。

 たしかに、私も人にこうして欲しいと願うことはあります。でも、その願いは希望であり、ぜひそうして欲しいという強いものではないのです。なぜなら、そうしてもらっても、そうしてもらわなくても、どちらでも良いことだからです。この世は幻ですから、「ねばならない!」ということは一つもないのです。そんな幻のことに、目くじらを立てるほど愚かなことはありませんから、私は拘らないのです。そのような考えに立てば、人の欠点が見えなくなるのです。たとえ見えても、気にならなくなるのです。気になるのは、まだ自分の中に同じ欠点(課題)があるからです。あなたにその欠点が無くなれば、相手にその欠点を見なくなります。ぜひ、人の振り見て我が振り直してください。人の欠点を捕まえていては、自分の宇宙を汚してしまいます。これは自分の宇宙にとって大損です。

 外側の世界(相手)を変えようとする暇があるなら、どうか自分の欠点を直してください。そうすれば、あえて外側の世界(相手)を変える必要はなくなります。

2015年6月1日更新

 

 

みなさんは、とても大事なことをやっているつもりですが、この世の事はみなお遊びなのですよ!。そんなお遊び事に、目くじらを立て、悩み、苦しむなど愚かです。よく考えてみてください。この世の何を成しても、残しても、みな消えてしまう幻なのですよ! この世は、本当の自分を知るためにあるのです。この世のどんな事も、自分を知るための方便(手段)です。その方便に目くじらを立て、争っているのが人類なのです。そんな方便のために自分の宇宙を汚すくらいなら、そんな方便は捨てたら良いのです。方便は目的ではないのですから、無くなったって、失ったって、痛くも痒くもないのですから・・・。この世に真に問題になる問題など、一つもないのです。肉体が無くなったって、地球が無くなったって、それはみな幻なのですから・・・。でも、心は永遠に無くなりません。永遠に無くならない心を問題にしましょう。どうか感情的にならないでください。そして、方便が大切か?、目的が大切か?、良く考えてみてください・・・。

 遊びましょう!。この世の事はみな幻なのですから・・・。悩み苦しむ価値の無い世界なのですから・・・。本気にならないでください。お遊びだと思ってください。何が無くなろうと、何が起ころうと、どうせ消えてしまう幻なのですから・・・。そう思えれば、気楽に生きられます。もう目くじらを立てる必要はなくなります。

 

 

 

Google自動翻訳