あなたは何が欲しいの? パート1

 皆さんは、何が欲しいのですか? 学者の皆さんも、政治家の皆さんも、教育者の皆さんも、一般人の皆さんも、何が欲しいのですか? お金ですか? 物ですか? 地位や名誉や権力ですか?

 それは、幸せではありませんか?

 お金や地位や名誉や権力があれば幸せが得られると思うから、そういうものを必死になって追い求めるのではありませんか。でも、よく考えてみてください。幸せはお金や物で得られますか?・・・地位や名誉や権力で得られますか?・・・得られるなら、大王様はみな幸せになっているはずです。でも、いつの時代の大王も、「虚しい!、空しい!、むなしい!」といってこの世を去ります。これまで幸せをあの世に持ち帰った、大金持ちも、権力者も、大王もいないのです。なぜなら幸せは、お金や物や地位や名誉や権力で得られるものではないからです。幸せは、意識状態なのです。では本当にそうなのか、実験してみましょう。

 ここに、お金や財や地位や名誉があれば幸せが得られると主張する若者(A)と、心が得る手段であると主張する若者(B)がおりました。二人は幸せについて論争しましたが、いくら論争しても結論が得られません。そこで、どちらの主張が正しいか試すために、Aには使い切れないほどのお金と権力を与え、Bには日々生きられるだけのお金と、真理を与えました。二人はそれぞれ、自分の信条に基づいた人生を歩みはじめます。この二人が、五十年後再会しました。その時の二人は、80才くらいになっているはずです。

 さて、生き生きとした顔で現れたのは、Aでしょうか? Bでしょうか? そしてこの二人の口から出てくる言葉は、どのような言葉でしょうか? 想像してみてください。

2016年1月1日更新

 

思いついた時が、最良の時です。

思いついた時にやりましょう!

腰軽になりましょう!

 

明るく明るく朗らかに・・

何ごとも良く受け取り・・

神を想い・・光を想い・・

日々生活しましょう!

 

悩むことなどありません。

どっちに転んだって、この世は夢幻なのですから・・・。

 

 

 

Google自動翻訳