あなたは何が欲しいの? パート2

 あくせく働いているあなた、一体何が欲しくてあくせく働いているのですか?・・・

、お金が欲しくて?・・・、物が欲しくて?・・・、地位や名誉が欲しくて?・・・

、そうじゃないでしょう。幸せが欲しいからではありませんか?

 世の人々は、お金で幸せが買えると思っております。だから、朝早くから夜遅くまで躍起になって働いてお金を稼いでいるのです。でも、未だかってお金で幸せを買った人は一人もいないのです。もし、お金で幸せが買えるなら、大王や大金持ちはみな幸せになっているはずです。でも大王も大金持ちも、みな「虚しい! 虚しい! 虚しい!」と言ってこの世を去ります。

 幸せは肉体が感じるのではなく、意識が感じるのです。幸せとは、意識状態なのです。だから私たちは、形(肉体)に囚われる必要はないのです。形を持たなくても、幸せは得られるのです。どうでしょう。肉体を持っていると不自由ですよね。煩わしいことも沢山ありますよね。移動するには、乗り物に乗せねばならないし、臭くなるから、風呂にも入れねばならないし、お腹がすくから、食べ物も食べさせなくてはならないし、第一、肉体はか弱いから病気になるし怪我もします。でも本当の私たちは、そんな不自由でか弱い肉体ではないのです。本当の私たちは、自由奔放な生命意識なのです。生命意識ですから、お金も物も地位も名誉も必要ないのです。必要なのは、「本当の自分は生命意識である!」と思えることだけです。どうか肉体から出て、意識で幸せを満喫してください。

2016年4月1日更新

 

 

 

Google自動翻訳