● 妄念を抱くとは・・・

 「妄念」という字を見てください。「妄」の字は、上に「亡」と書き下に「女」と書きますが、下の「女」という字は物質のことを意味し、この世の物質のことを表しているのです。上の「亡」は「死ぬ・消える」ことを意味し、これは幻のことを意味しています。「念」という字は、「今」の「心」と書き、自分の今の心の想いを意味していす。通して解釈すれば、妄念という字は、自分の今の心に「幻の物質を想い描く」という意味になります。想念は実現の母といわれるように、物質の妄念を抱けば波動が落ちるわけですから、苦しい人生になるのは当たり前でしょう。だから覚者は、妄念を抱いてはならないと、口うるさくいうのです。日本の漢字は、実に真理を的確に表現していると思います。

 

注)・・・物質とは、単にこの世の物だけのことを言っているのではなく、表現世界の諸々のことを言っているのです。つまり、人間社会の諸々のことを言っているのです。

 

 

 

Google自動翻訳