● 想念を正しく使って欲しい!

 「想念は実現の母である!」という言葉を、もう一度噛みしめて欲しいと思います。

 何度も言いますように、想念は何でも生み出すのです。何でも実現させるのです。その想念を私たちは持たされているのですから、私たちはすでに救われているのです。こんな凄い宝物を持たされているというのに、人類はその宝物を正しく使っていないのです。想念を正しく使ったら、戦争も、事件も、事故も、病気も、災害も、一切無くなってしまうのです。もう、防災費も、軍事費も、保険をかける必要も、医療費を払う必要も、規則も、法律も、警察も、検事も、弁護士も、裁判官も、刑務所も、何も要らなくなるのです。しかし悲しいことに、今の人類にはそれが解らないのです。「ならば教えればいいじゃないか!」と言うかも知れませんが、こればかりは教えて解るものではないのです。なぜなら、どんなに良い事を教えても、受け皿がなければ受け取ることができないからです。だから私は、受け皿の備わった人達に向けて言っているのです。この更新集を見ている人は、その受け皿の備わった人達なのです。

 どうか、想念の凄さを再認識してください。そして、あなた達だけでも良いから、想念を正しく使うようにしてください。それが人類に、地球に、宇宙に、貢献することになるのですから・・・。勿論、正しい想念を使っていれば、自分も、家族も、幸せになれるのは当然です。

 

 注・・・

  近年、台風・豪雨など、水の被害が多くなっていますが、なぜ多くなっているのでしょうか? 

 「物質」の象徴的存在として「水」があります。その水の被害が多くなっているということは、人類が物質に偏っているためである、と受け取れないでしょうか? そうなのです。自然界は「あなた達は物質に偏り過ぎていますよ!」と警告しているのです。  

 

 

 

Google自動翻訳