真実と現実を見分ける目を持とう!

 見える、聞こえる、触れる、味わえる、臭える、すなわち五感にかかるものはすべて幻です。なぜなら、五感そのものが幻だからです。幻の五感で幻を見聞きしても、それは幻に過ぎないのです。もし五感が永遠になくならないなら、私は五感にかかるものを真実だと認めましょう。でも五感は一時存在しているだけで、いつか必ず無くなってしまうのです。無くなってしまうのものが、真実であろうはずがありません。

 真実とは何でしょうか? 現実とは何でしょうか? 真実とは永遠に無くならないモノ、現実とは必ず無くなってしまうモノです。何千億年・何兆億年存在しようと、無くなるモノは真実ではないのです。宇宙は無限時間の中にあるのです。無限時間の中での一兆億年など、一瞬なのです。ましてや私たちの住んでいる地球は、どんなに長く存在しても何百億年程度です。その地球の中における人類の文明も、せいぜい数万年維持できれば良い方です。更に人の命は、どんなに維持できても百数十年程度です。その百数十年程度の命を守ろうとして、競い、闘い、奪い、戦争までしているのが人類なのです。それは、真実と現実の見分けができないからです。

 この表現宇宙は幻です。地球も幻です。幽界も幻です。夢も幻です。幻覚も幻です。詐欺師の言葉も幻です。柳を幽霊と見間違ったのも幻です。木の切り株を熊と見間違ったのも幻です。蜃気楼も幻です。カゲロウも幻です。UFOも幻です。物質化現象も幻です。この世の現象は、すべて幻なのです。幻の世界で起きていることは、すべて幻なのです。私たちは生まれて死ぬまで、ずっと幻の中で生きているのです。いいえ、死んだ後も幻の中で生きているのです。そしてまた幻の中に生まれ、幻の中で生き、幻の世界に帰って行くのです。あなたは、こんな幻の輪廻をいつまで繰り返すつもりですか? 

 幻の中で味わう幸せは一時です。必ず色褪せ失ってしまいます。あなたは、そんな一時の幸せで満足できますか? 永遠の私たちは、永遠の幸せでなくては満足できないのです。その幸せは、真実を知れば得られるのです。どうか真実を知ってください。そうすれば、幻の輪廻から抜け出し、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、幸せの中に入ることができるのですから・・・。

 私たちは、永遠に無くならない「神・生命」なのです。すなわち、永遠に無くならない「意識」なのです。その意識は、永遠に尽きない、永遠に色褪せない、幸せを欲しているのです。どうか、真実と現実を見分ける目を持ってください。

2016年7月1日更新

 

 

 

Google自動翻訳