私たちは、何を信じて生きたらいいのか?

 私たちは一体、何を信じて生きたらいいのでしょうか? お金?、 物?、財産?、地位?、名誉? それとも、天皇?、総理大臣?、科学者?、宗教家?、学校の先生?、会社の社長?、お父さん?、お母さん?、兄弟姉妹?、友達?・・・。いいえ、私たちが信じるべきものは想念です。なぜなら、実在するのは想念のみだからです。この宇宙確かなことは、想念のみが実在するという真理です。私たちは、その想念を持っているのです。私たちは、今日までその想念を使って、何から何まで実現させてきたのです。事実、想念を使って友達を得、想念を使って伴侶を得、想念を使って学校に入り、想念を使って会社に入り、想念を使って収入を得、想念を使って自動車や家を得、また想念を使って病気になり、想念を使って事故に遭い、想念を使って災害に遭うなど、人生の全てを想念によって作り上げてきたではありませんか。

 今人類が、政治・経済・宗教・テロ・戦争、環境問題などの苦しみに喘いでいるのも、正にその想念を悪用してのことなのです。それは、想念の働き、想念の性質、想念の力量などを知らないからです。人類は、自分たちの想念で、自分たちを追い詰めていることに気付いていないのです。それは、想念の力を信じていないからです。

 一般人に言っても分かって貰えないでしょうから、せめて学んでいる皆さんだけでも想念の偉大さを信じてください。どうか、想念を良いことに使いましょう。きっと、実りある人生を送れることでしょう。

2016年8月1日更新

 

 

 

Google自動翻訳