● 人は本来、誰でも幸せに生きられるように創られている

 人は本来、誰でも幸せに生きられるように創られているのです。あるモノさえ正しく使っていたら・・・。 あるモノとは、想念のことです。神は私たちに、「想念」という素晴らしい宝物を与えてくれました。この想念を正しく使えば、誰もが幸せに生きられるのです。でも今の地球人類は、そのことを知らないのです。「無知こそ最大の罪」と言われるのは、知らなければ正しく使うことができないからです。

 想念は誰でも自由に使えるのです。何処に行く必要もありません。誰にも邪魔されません。国の違い・人種の違い・大人子供・男女・貧富の差、一切関係ありません。ただ、どう使うかだけです。

「想念を正しく使いましょう!」

「想念を正しく使いましょう!」

「想念を正しく使いましょう!」

 これは、何度言っても言い過ぎると言うことはありません。なぜかと言いますと、私たちは、すぐにサタンにやられてしまうからです。サタンにやられると、良い想念が持てなくなるのです。

 さあ、良い想念を持ちましょう。良い想念を持てば、私たちに苦しみは無いのです。

 良い想念の一番は、神の想いです。

「吾神なり!」

「吾神なり!」

「吾神なり!」

 これ以上の良い想念はありません。

 

 ※ 地球人類はみな自殺している

 今日、日本国内だけでも3万人近い自殺者を出していますが、本当は死人全員が自殺しているのです。なぜなら、想念を悪用し死を招いているからです。病気の死も、事件や事故の死も、災害の死も、戦争の死も、みな悪想念によって招いているのです。だから私は、地球人類はみな自殺しているというのです。

 

 

 

Google自動翻訳