● 瞑想の仕組み

 瞑想の仕組みの根底にあるのは、私たちが持っている想念です。この想念は、神の意識から生まれたモノですから、神と同じ創造力が付与されているのです。「想念は実現の母」と言われるのも、想念したことは何でも実現するからです。その想念の力を利用して成し遂げようというのが、瞑想なのです。

 私たちは、常に何かを思っています。私たちは、何も思えないでいられないようにできているのです。と言うことは、常に瞑想していると言うことです。瞑想とは、想うことなのです。何か想っている時は、瞑想していることになるのです。と言うことは、この世界で瞑想していない人は一人もいないと言うことです。皆さんは、毎秒 毎秒 瞑想しているのです。ただ私たちは、そのことに気付いていないだけです。

 今の今だけが実在です。その今の今を感じられるのは、私たちの意識です。意識が想念を生み出し、その想念が物事を成就させているのですから、私たちはその想念を使って今日まで人生を作ってきたのです。事実 私たちは、学校に入りたいと想って(瞑想して)入ったではありませんか。お金を儲けたいと想って(瞑想して)お金を儲けたではありませんか。自動車が欲しいと想って(瞑想して)自動車を手に入れたではありませんか。伴侶が欲しいと想って(瞑想して)結婚したではありませんか。このように私たちは、瞑想によって何でも得てきたのです。ならば神を想って(瞑想して)、神の自覚を得ることもできるのではないでしょうか? 

 想った事は何でも実現するのが想念の力ですから、その力を利用しないではもったいないです。さあ、瞑想し神の自覚を得ましょう。

 

※ この地球で、真の瞑想をしている人は殆どいません。それは、瞑想の意味を知らないからです。瞑想は、無・空になることではありません。また、気持ち良くなることでもありません。神の想いを深め、神の自覚を得ることです。この「自覚」の意味が理解できないため、真の瞑想ができないのです。

 理解できなくても良いですから、想念の力を信じて神を想い続けてください。きっと「ああそうか!」と解る時がきます。

 

※ 私たちは、何と幸せなのでしょう! なぜなら、瞑想できるからです。鉱物や植物や動物は瞑想できません。でも私たちは、瞑想できます。これは凄いことなのです。どうか、瞑想できるとろまで進化してきた自分を褒めてやってください。

 

 

 

Google自動翻訳