● 人の涙と神の涙

 人の涙は、情から生まれた汚れた涙です。神の涙は、愛から生まれた清い涙です。同じ涙ですが、込められいるモノが全く違うのです。では、その違いは一体何でしょうか?

 人の涙には、何らかの成算が入っています。たとえば、自分を哀れんで流す自己憐憫の涙、人の目を気にして流す自己顕示の涙、感情を掻き立てて流す作り涙、人の気を引くお芝居の涙など、不純な涙が多いのです。この宇宙には、悲しみの涙とか、苦しみの涙とか、怒りの涙とか、悔しみの涙とか言った汚れた涙など無いのです。あるのは、独りでに出てくる魂の喜びの涙だけです。その涙の中には、何一つ不純な思いが入っていないのです。だから、清いのです。美しいのです。その涙に触れた途端、どんな汚れも流れ落ちる清純な涙です。

 私たちは、そんな涙を流したいものです。

 

 

 

Google自動翻訳