虚々実々

 「虚」とは見えるモノ(物質)を意味し、「実」とは見えないモノ(意識)を意味します。「虚」の世界は、客観的見方をした時に現れる非真実で、「実」の世界は、主観的観方をした時に現れる真実です。客観的見方をすると外側に沢山のモノが存在することになりますので、客観的見方をしている人は、外側のモノが自分に害を与える錯覚に陥るでしょう。今 地球人類は、その錯覚に陥り戦争までしているわけです。でも虚は実際に無いモノですから、本来「虚」が「虚」に害を与えることなどできないのです。つまり、「虚の他人」が「虚の自分(肉体)」に害を与えることなどできないのです。錯覚した実(思い)が虚を動かし、虚を害しているだけです。

 本来この宇宙には、一つの「実」しかありません。つまり、一つの真実しかありません。それは、宇宙に意識は一つしかないからです。一つの意識しか無いから、すべてが自分になるのです。他人がいないので、敵対することも害し合うこともありません。

 「虚」は光に映し出された影です。「実」は映し出している光です。影は光なしに生まれないし、影なしに光の存在はありません。だから光と影は、同等の価値があるのです。でも、実際に有るのは光の方です。つまり、実(光)は永遠に存在する真実です。虚(影)は映されている時だけある非真実(幻)です。でも虚の体験無しに実が解らないので、私たちは虚の世界に出てきて実を解ろうとしているのです。それほど虚と実は、切っても切れない関係にあるのです。だから、物質を軽んじてもならないし、意識を軽んじてもならないのです。

 

2017年6月15日更新

 

 ※ あなたの残りの人生で、真理を求めること以外、何かやるべきことがありますか ないはずです。それは、何がホンモノで何がニセモノか解ったからです。解っていない人は、真理から離れていっていいのです。でも解った人なら、どうか真理を求め続けてください。もし解っていて真理から目を背けるなら、あなたは心穏やかに生きられないはずです。そんな心穏やかでない人生を、あなたは送りたいのですか

 神は一番必要なモノを身近に置いてくれています。私のホームページもその一つです。さあ、私のホームページから必要なものを受け取ってください。それはお金もかからない、何処へ行く必要もないのですから・・・。

 

 

 

Google自動翻訳