● 自我の思い通りに生きたら良い!

 世の中には、お金や物や地位や名誉や権力などを追い求めている人と、精神的なモノを追い求めている人の二通りの人種がおります。なぜそのような人種が生まれるかと言いますと、物質の世界が本当に有ると信じている人が、物質的なモノを追い求めるのも当たり前ですし、また意識の世界が本当に有ると信じている人が、精神的なモノを追い求めるのも当たり前だからです。つまり、信じられるモノを追い求めるのも当たり前、信じられないモノを追い求めないのも当たり前だからです。確信の持てないモノを、「追い求めなさい!」と言う方がおかしいのです。

 一般人も、真理を求めている人も、誰もが、今の原子核の量の自我の思い通りに生きているのです。それは、必然の生き方しかできないからです。必然の生き方しかできないのは、今の原子核の量の思いしか持てないからです。思えないことをやれるわけがないのです。だから、自我の思い通りに生きたら良いのです。例えその思いによって痛い目にあったとしても、その痛い目が魂を成長させてくれるのですから、それは良いことなのです。完全な神が、無駄なことを思わせるわけがないし、やらせるわけもないのです。すべて意味あって思わせ、意味あってやらせているのです。どうかそのことを信じ、今の原子核の量の自我の思い通りに生きてください。ただし、次の二つのことだけはやってください。

 一つは、今やるべきことを真心を込めてやること・・。

 もう一つは、真心を込めて瞑想することです。

 この二つをやっていれば、必ず原子核が増えます。増えた分、自我の思いが真我の思いに近づきますから、良い思いが持てるようになり、良い行いができるようになります。これが、神が考えられた最良の進化の方法なのです。

 

※「外側の何も変わらなくても、自分の意識が変われば良い!」

この短い言葉の中には、掴んでも掴みきれない無限の意味が込められているのです。どれほど深い意味が込められているかは、原子核が大きくなり理解力が増せば、増した分の深みを、自分から教わるでしょう。その時あなたは、驚愕するはずです。

 

※ 真理を学び続けている人は、心の深みで確信を得たからです。途中で学びを止めてしまった人は、心の深みで確信を得ていなかったからです。私が、神キチガイと言われるまでに神を求めるのは、そこまで原子核の量が増え確信を深めたからです。私と同じように原子核が増えれば、誰だって神キチガイになるのです。これはあたり前のことであって、何も不思議なことではないのです。いずれ、地球人類の誰もが神キチガイになる時代が来るでしょう。

 

 

 

Google自動翻訳