● 自我で生きたら良い!

 よく「自我丸出し!」とか「自我人間だから仕方がないよ!」などと自我を悪く言う人がおりますが、これは自我の意味の知らない人の言う言葉です。自我は決して悪いモノではありません。いやむしろ、必要不可欠なモノです。なぜなら、自我が無くては自分の存在が無いからです。

 自我とは・・・

自分を認めている自分の事です。

相手を認めている自分の事です。

 つまり・・

妻子を認めている自分の事です。

地球を認めている自分の事です。

宇宙を認めている自分の事です。

 相手が認められるのは、自我があるからです。自分を認める自我があればこそ自分が存在でき、相手も存在できるのです。これは当たり前のことであって、何の不思議もありません。

 あなたは今日まで、自我の思いに添って生きてきました。自我の思いに添って生きてきたがゆえに、苦しかったことが沢山あったでしょう。でも、その苦しみがあったればこそ真理につながったのですから、それは良かったのではありませんか? そうです。今日まで自我で選んで来たあなたの人生は、みな良かったのです。

 私たちは、自我の思いに添って生きるしかないし、また自我でしか生きられないのです。なぜなら、猫の前に鰹節を置いたら必ず食べるのです。これは当たり前のことです。私たちの人生も同じです。自我で生きるのは猫が鰹節を食べるようなもので、誰でも食べるのです。これは、神が許している必然なのです。ですから、自我で生きるのは悪いことではないのです。

 どうか安心して、今の自分の思いに添った生き方をしてください。ただし、次の2つのことだけはやってください。

一つは、今やるべきことを真心を込めてやること、

もう一つは、真心を込めて瞑想することです。

 この2つのことをやっていれば原子核が増えるので、自我の思いが真我の思いに近づいてゆきます。そうすれば学びやすい環境が与えられます。当然、これまで以上に原子核が増やせるでしょう。

 神は私たちに、出来ないことをしなさいとは言っていません。出来ることをしなさいと言っているのです。それが、自然な生き方だからです。

 「人生の道」の曲を見て、今日まで歩んできた自分の人生を振り返ってみてください。きっと、勇気がわくはずです。私の歩んできた人生に間違いはなかったと・・。

 

【光のメロディー集/・・・人生の道・・・

 

 

 

Google自動翻訳