理想社会を考える会(かとう塾)

人類はみな同じ家族

■ 今週の真言

2018年

8月

19日

○ 人類の理解力が創っている宇宙(人生)

 この表現宇宙に、「元々このような姿の宇宙がある!」、と言った宇宙が存在するわけではないのです。人類の理解力に比例して生み出された宇宙があるだけです。もしこの表現宇宙に、元々このような姿の宇宙があったなら、結果が先にあったことになり、宇宙は無茶苦茶になってしまいます。 あったから創られたのではなく、創ったからあったのです

 この表現宇宙には、人類の理解力に比例して美しく(高度になって行く)なって行く宇宙があるだけです。人類の理解力は、時々刻々と進化成長して行くわけですから表現宇宙も、時々刻々と進化成長して美しくなって行くのです。人類の理解力の成長に限りがありませんから、表現宇宙も限りなく美しくなって行けるわけです。

 この地球に、元々醜いモノや美しいモノがあったわけではないのです。人類の理解力が、醜いモノや美しいモノを作っただけです。確かに今の 地球人類は、美しいモノより醜いモノを多く作っています。でもどんなに醜いモノを多く作ろうと、それは間違ではないのです。ただ地球人類は、今の理解力によって精いっぱいのモノを作っているだけです。

 この地球に、間違いも失敗も悪もありません。理解力の乏しい幼い魂が、存在するだけです。それは、間違いでも、失敗でも、悪でも、ないのです。魂が成長して行けば、自然と美しい地球を創るようになるのです。どんな優秀な画家も、未熟な時代には醜い絵を描くものです。でも勉強して技を身につければ、美しい絵を描くようになるのです。地球人類も同じです。途中の醜い絵を見て、間違いだ! 失敗だ! 悪だ! と、言わないでください。なぜクドクド言うのかと言いますと、元々何かがあったのではなく、人類の理解力が何かを創っていることを知って欲しいからです。

 

※ あなたの人生も同じです。元々、苦しい人生があったわけではないのです。理解力の幼さが、想念を苦しいことに使い、苦しい人生を作っただけです。学んで理解力を高かめれば、良い人生を作ることができるのです。

 

※ 良い宇宙を創るのも、良い人生を作るのも、すべて私たちの理解力です。

 

  ※宇宙が無限なのは、人類の理解力が無限だからです。

 

 

■ 更新集 最新版

2018年

8月

15日

○ 意識はアナログ

 私たちは、意識を持っています。その意識は、前後のつながりを持っているアナログ的な意識です。アナログ的意識だから、自分が何なのか分かるのです。もしデジタル的(ぶつ切りの)意識だったら、前後のつながりがないので、自分の存在も、妻子の存在も、表現宇宙の存在も分かりません。それでは、表現宇宙に何も物語が生まれないのです。意識がアナログ的であると言うことが、自分の存在と宇宙の存在を確かなものにし、究極の幸せを生み出してくれているのです。

 安心してください。自分の意識は、絶対無くなりません。こんな幸せなことがありましょうか? いや、こんな苦しいことがありましょうか? と言うべきでしょうか? なぜなら、意識があるから苦しむからです。でも意識がなかったら、苦しみも体験できないけれど幸せも体験できないのです。

 あなたは、幸せが欲しくないのですか? 「苦しまないで済むなら幸せなどいらない! 意識などいらない!」と言うのですか? でも、どんなにいらないと言ったところで、自分の意識は絶対なくならないのです。それは、意識がアナログ的だからです。

 永遠の意識を持つことが苦しいと思えば、苦しいのです。永遠の意識を持つことが楽しいと思えば、楽しいのです。それは、意識の使い方次第なのです。どうせ無くせない意識なら、楽しいことに意識を使ったらどうでしょうか?

 学びの最終目標が意識(想念)のコントロールであると言われるのは、使い方次第で幸せな宇宙にも不幸せな宇宙にもできるからです。

2018年8月15日更新

 

※ 意識は絶対実在です。意識がなかったら何も生まれないのですから、意識が絶対実在であることは間違いありません。では、意識って何でしょうか? 意識は何処から来るのでしょうか? 意識の源は何んでしょうか? 意識を生み出しているのは何でしょうか? どうして意識が有るのでしょうか?

 意識を意識している意識、その意識を意識している意識、そのまた意識を意識している意識、どんなに意識を探って行っても意識の源は分かりません。一体意識の正体は、何なのでしょうか? 

 意識が意識して意識を生み出している。意識の生みの親は意識なのです。意識が原因者であると言う意味です。でも、意識された意識は結果です。その意識が意識した意識も結果です。その結果は、原因者が生み出しているはずですが、その原因者である意識も結果です。と言うことは、依然として意識の正体は解らないのです。

 どんなに探っても解らないのが意識なのです。解らない意識を探るほど愚かなことはありません。でも、意識とはそう言うモノである、と言うことだけは知っておいてください。

 

 

 

■ お知らせ

 

   修善寺塾の会場が変更になりました。

   詳細は、勉強会のスケジュール を確認してください。

 

    2017年2月15日に、本部住所が移転しました。

   詳しくは、Profile をご覧ください。

 

 出版本のご案内!

人類の夜明1 (理想社会への誘い)
 かとうはかる 著 / 近代文藝社  
 1995年  7月出版  全326ページ

人類の夜明2 (真実を探し求めている人へのメッセージ)
 かとうはかる 著 / たま出版
 2013年11月出版  全421ページ

人類の夜明3 (真実はひとつ)
 かとうはかる 著 / たま出版
 2013年12月出版  全675ページ

 

なお、「人類の夜明2」「人類の夜明3」については発行部数が少ないため、主要都市の有名書店にしか並びません。

地方に在住の方は「Amazon」や「楽天ブックス」等からお取り寄せ下さい。

(株)たま出版(℡ 03-5369-3051)から直接取り寄せることもできます。

 

 

 

 かとう塾勉強会のご案内!

 かとう塾の役割は、埋もれているダイヤモンドの原石を発掘し、その原石に磨きをかけるお手伝いをすることです。つまり、可能性のある魂を発見し、自覚の境界線を超えるお手伝いをすることです。

入塾の条件は、

人類の夜明2・・真実を探し求めている人へのメッセージ」と

人類の夜明3・・真実はひとつ

を最初から最後まですべて読まれ、理解し納得された方はクリアーしております。

 

  • 開塾している地域 

東京塾・・・月に2日、勉強会を開催しております。

大阪塾・・・月に2日、勉強会を開催しております。

博多塾・・・月に1日、勉強会を開催しております。

修善寺塾・・月に2日、勉強会を開催しております。

 

  • 入塾料は無料です。
  • 受講料は無料です。
  • 会場費を開催場所ごとに頂いています。

 

必要なのは、真理を探究する意欲だけです。

真剣に真理を探究したいと思う方は、住所・氏名・年齢・電話番号・メールアドレスを入力し、メールフォーム にてお申し込み下さい。

 

 

2013 年 4 月 1 日

かとう塾代表 かとう はかる

 

 

 

 ボランティア募集!

今、小説や童話などを通して真理の普及に協力して頂ける方を探しています。

ボランティアで小説を書いて頂ける方、あるいは童話を書いて頂ける方は、こちらの メールフォーム にてお知らせください。

 

 

 

■ お問い合わせ

お問い合わせについては、こちらの メールフォーム へ

 

 

 

  【お知らせ】

 光の画集

富士の上で眠る雲の天使」がアップされました!!

 

 

ムゲンの学び」続編

  ムゲンの人生

  リニューアル!

 

光の写真集

 夏の天体が

増えました!!

 

 トークタイム!!

   を設けました。 

 

 

 

 

 

 

Google自動翻訳