理想社会を考える会(かとう塾)

人類はみな同じ家族

■ 今週の真言

2017年

8月

20日

● 光は全能!!

 「光は神なりき!」と言われていますが、なぜ光は神なのでしょうか? それは・・神と同じ能力を持っているからです。

  • 光は、意識そのものです。
  • 光は、意志と意思と意図と理念を持っています。
  • 光は、知恵を持っています。
  • 光は、真実そのものです。実際に有るモノです。
  • 光は、無限です。
  • 光は、永遠です。
  • 光は、不変です。
  • 光は、普遍です。
  • 光は、完全です。
  • 光は、絶対善です。絶対正義です。
  • 光は、美意識を持っています。
  • 光は、創造の力を持っています。
  • 光は、維持する力、修復の力、癒しの力を持っています。
  • 光は、エネルギーそのものです。力そのものです。
  • 光は、素材そのものです。本質そのものです。すべての大元です。
  • 光は、愛そのもの、バランスそのもの、大調和そのものです。
  • 光は、人の心を和ませます。
  • 光は、人の心を穏やかにします。
  • 光は、人の心を落ち着けます。
  • 光は、人の心を明るくします。
  • 光は、人の心を豊かにします。
  • 光は、人に希望を抱かせます。
  • 光は、人に夢を抱かせます。
  • 光は、保存力や記憶力を持っています。
  • 光は、想像力を持っています。
  • 光は、能動的な働きをします。
  • 光は、発展的・建設的な働きをします。
  • 光は、肯定的です。どんな悪的なモノも良きモノに変える力を持っています。
  • 光は、自由です。滞りがありません。偏りがありません。循環しています。
  • 光は、何でもこなすのです。何でも良い方向へ運ぶのです。光はオールマイティーなのです。

 このように光は、神と同じ能力を持っているのです。だから“光は神なりき!”と言われるのです。光は神の別名なのです。

 

※ 光はオールマイティーですから、光が強くなれば間違いなく人生は好転します。

  • 病気が良くなります。
  • 経済的にも楽になります。
  • 家族は円満になります。
  • 仕事も順調に行きます。
  • 成績も良くなります。
  • すべてにおいて良い方向へ運ばれてゆきます。
  • 何よりも原子核が増えます。

 では、光を強くするにはどうしたら良いでしょうか?

 簡単なことです。想念を良く使うことです。つまり、どんなことも良く受け取り、悪想念を抱かないことです。悪想念を抱かないようにするためには、時間の許す限り神を想うことです。たったこれだけで、人生は好転するのです。

 

 

 

■ 更新集 最新版

2017年

8月

15日

幸せの要素

 私たちは、どうして幸せな気分になるのでしょうか? 幸せの気分になる要素は、一体 何なのでしょうか?

  • 目を喜ばした時?
  • 耳を喜ばした時?
  • 舌を喜ばした時?
  • 鼻を喜ばした時?
  • 肌を喜ばした時?
  • 気持ちの良さ?
  • 爽快感?
  • 満足感?
  • 充実感?
  • 達成感?
  • 楽しさ?
  • 喜ばしさ?
  • 嬉しさ?
  • 自由感?
  • 無限感?
  • 永遠感?
  • あこがれ?
  • 希望?
  • 夢?
  • 滞りのなさ(循環)?
  • 囚われのなさ?
  • 拘りのなさ?
  • 平安感?
  • 平和感?
  • 安堵感?
  • 無限の可能性と発展性と創造性?
  • 掴め得ないモノを永遠に追い求める喜び?

 まだあるかもしれませんが、このような要素が幸福感を生み出しているのではないでしょうか? それは、これらの要素が心に光を呼び込むからです。私たちの心は、光に満たされれば、幸福を感じるようにできているのです。その意味では、幸せの要素はそのまま光の要素でもあるわけです。その光は、神ご自身ですから神そのものが、幸せの要素でもあるわけです。だから私たちは、神を想っている時、幸福感に満たされるのです。

2017年8月15日更新

 

※ 五官で感じるモノは、みな現象であり幻です。なぜなら、必ず消えて無くなるからです。意識で感じるモノは、永遠に無くなりません。それは真実だからです。ですから目で見る光は、消えて無くなる幻の光です。意識で観る光は、永遠に無くならない真実の光です。 

 太陽の光は、現象の光です。幽界の太陽の光も、現象の光です。オーラの光も、現象の光です。月の光も、星の光も、オーロラの光も、雷光も、虹の光も、電球の光も、現象の光です。また、まぶたの裏側で見えるギラギラした光も、ピカッとした光も、リング状の光も、現象の光です。だから光が見えたからと言って、喜ばないでください。私たちの目で見える光は、粗い波動の光だから目で見えるのです。

 確かにどんな光も、真実(神)から来ていることは間違いありません。でもその光は、表現宇宙に降りてくると粗い光に変わってしまうのです。真実(神)の光は、そんな粗いものではないのです。何とも言えない穏やかな光です。心を溶かすような心地よい光です。朝日が部屋に差し込んできたような爽やかな光です。それは内的光です。自分自身が光るのです。ですから、真実の光に触れたら気持ちの良い状態になるのです。真実の光は、幸福の要素をすべて持っているため、真実の光に触れたら幸福感に満たされるのです。真実の光は、神の意識ですから神そのもであり幸福そのものなのです。

 その真実の光は、心(意識)の目でしか観えません。観せてくれるのは、理解力です。理解力が増し自覚が高まれば、自分の心(意識)の中に真実の光が観えてくるのです。その真実の光は、永遠に無くなりません。本モノは、決して無くならないのです。ニセモノは、無くなるのです。このように光には、現象の光と真実の光の二種類の光があるのです。どうか、正しい光の見極めをしてください。

 

※ 瞑想をしていて光やビジョンが見えたと言う人がおりますが、これは決して悪いことではないのです。たとえ現象の光やビジョンであっても、ホンモノの光を観るコツを掴むことにつながるからです。ただし、囚われてはなりません。多くの人が現象から抜け出せないのは、見えるモノに囚われてしまうからです。何でも体験することは良いことですが、目的を見失うようなことだけはしないでください。

 

 

 

■ お知らせ

2017年2月15日に、本部住所が移転しました。詳しくは、profileをご覧ください。

 

 

 出版本のご案内!

人類の夜明1 (理想社会への誘い)
 かとうはかる 著 / 近代文藝社  
 1995年  7月出版  全326ページ

人類の夜明2 (真実を探し求めている人へのメッセージ)
 かとうはかる 著 / たま出版
 2013年11月出版  全421ページ

人類の夜明3 (真実はひとつ)
 かとうはかる 著 / たま出版
 2013年12月出版  全675ページ

 

なお、「人類の夜明2」「人類の夜明3」については発行部数が少ないため、主要都市の有名書店にしか並びません。

地方に在住の方は「Amazon」や「楽天ブックス」等からお取り寄せ下さい。

(株)たま出版(℡ 03-5369-3051)から直接取り寄せることもできます。

 

 

 かとう塾勉強会のご案内!

 かとう塾の役割は、埋もれているダイヤモンドの原石を発掘し、その原石に磨きをかけるお手伝いをすることです。つまり、可能性のある魂を発見し、自覚の境界線を超えるお手伝いをすることです。

入塾の条件は、

人類の夜明2・・真実を探し求めている人へのメッセージ」と

人類の夜明3・・真実はひとつ

を最初から最後まですべて読まれ、理解し納得された方はクリアーしております。

 

  • 開塾している地域

東京塾・・・月に2日、勉強会を開催しております。

大阪塾・・・月に2日、勉強会を開催しております。

博多塾・・・月に1日、勉強会を開催しております。

修善寺塾・・・ご希望により、随時開催しております。

 

  • 入塾料は無料です。
  • 受講料は無料です。(※開催場所によっては会場費を負担して頂く場合があります。)

 

必要なのは、真理を探究する意欲だけです。

真剣に真理を探究したいと思う方は、住所・氏名・年齢・電話番号・メールアドレスを入力し、メールフォーム にてお申し込み下さい。

受講内容及び開催日等の詳細につきましては、後日、直接ご本人に御連絡させていただきます。

 

2013 年 4 月 1 日

かとう塾代表 かとう はかる

 

 

 ボランティア募集!

今、小説や童話などを通して真理の普及に協力して頂ける方を探しています。

ボランティアで小説を書いて頂ける方、あるいは童話を書いて頂ける方は、こちらの メールフォーム にてお知らせください。

 

 

■ お問い合わせ

お問い合わせについては、こちらの メールフォーム へ

 

 

 

Google自動翻訳